度々お代わりをしに行くのが面倒らしく、
これが齋藤には標準的な量のようです。
けして虐められているのではありません。。。