2007年1月12日 (金)

長野セミナーの感想

長野でのセミナーを終え、感想を頂くことができましたので、掲載します。

中村 貴彦 先生(松川中学)

 今回のセミナーで一番喜び感動したのは、何を隠そうこの私です。
先生のHPを見てから約1年半、12/17私の念願が叶いました。
また実際の指導を受けますます感動しました。

 特にセミナー最後の、釣り手の切り方に関しては、
同じような切り方を私もしていましたし、中学生にも教えていました。
しかしなかなか理解してもらえませんでした。
先生の教え方・伝え方が良く、しっかり理解していました。
私が指導者として感動したのは、あの時でした。

 柔道家としては、習った技のすべてが感動でしたが、
伝えることの難しさを感じたと同時に、
指導者としての目指すところが見えた気がしました。

 また今年保護者から頂いた年賀状の中で、
『先生の人柄・教え方が丁寧で非常の良かった』

とセミナーを承知したことに感謝の言葉がありました。

私が言うのもおこがましいですが、
先生の指導には 人を惹き付ける何かがある気がします。

それが先生の勉強した賜物だと思います。
あの1回の指導で、柔道素人の保護者を惹き付けたのは、
本当に凄いと思います。

 今回のセミナーで、私の柔道観が180°変わりました。
正直、私は寝技で勝利したことが少なく、寝技が大嫌いでした。
しかし大好きになりました!
今までの松川中の練習は、
立ち技8、寝技2の割合でしたが、私の受け持つ練習日は、
完全寝技オンリーの時間にしてしまいました。(一部、要約)

以下は松川中学生の感想です。

分かりやすく教えていただきました。
一人一人をしっかり回って教えてくれるので、
最初の説明で分からなくても、
分かるようになれて良かったです。(宮下未諸)

(講習を)もっと長くして欲しい(小池雄大)

襟の奥を持つとき、なぜ奥を持つのか、
詳しい理由もつけて説明してくれて分かりやすかった。(巻井香樹)

時間の関係で出来なかったかもしれないけど、
違う組み手でもやって欲しかったです。(泉崎聖徳)

分からないとこがあると、すぐに来て教えてもらったので、
今まで上手く出来なかった鉄砲(返し)も上手くなりました。(米山直樹)

今後も、一方的な講習ではなく、
ニーズにあった的確な講習を勉強していきます。

参加希望者、また受講者の皆さんは、是非とも、

コメント欄に書き込みをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)