格闘技

2012年12月19日 (水)

競技の違いを生かす

今年2回、佐賀県の基山で行われたブラジリアン柔術(以下、柔術)の大会に参加してきました。
その動画をアップいたします。対戦相手と結果は以下の通りです。

5 月:塚田市太郎選手(一本勝ち:腕挫十字固)
12月:江端講平選手(一本勝ち:腕挫十字固)

※いずれもアダルト黒帯無差別級で行われました

この2試合は関連しているところもあり、まとめて掲載させて頂きました。
まず柔道と柔術の違いを大まかに書いてみます。

  • 投技や「抑え込み」だけでは一本勝ちにならない、絞技か関節技が極まるまで行う
  • 寝姿勢への引き込みが認められている
  • 柔術は試合時間が柔道の倍で10分、「待て」の制限も少ない

これに対して私の長所は「寝際の移行が早い」「極めが強い」という点でしょうか。
極めが強いというよりは、最初からポイント勝ちをする気が無い、もっと言えば
ポイントの失点も気にしていない「勝つなら一本、取れなきゃ負け」というスタイルなので、
当然かもしれません。

逆に、柔道ではあまりない柔術特有の足捌き(ガードワーク)の対処は得意としていません。
柔道では時間がかかれば即「待て」なので、そういった場面が少ないのです。
また時間が長引けば老化に伴う体力の低下と相まって、グダグダになることは必至です。

そしてもう一つ私が心がけていること、それは「柔術の試合で柔道をやる」という点です。
もちろんルールは柔術、でも自分のスタイルは一切崩さないという意味です。

これは柔道の経験によるモノなのですが、外国人選手でも日本的なオーソドックス柔道をする選手がいます。
彼らは目を見張るような素晴らしい一本を取る一方で、日本人選手には軽く一蹴されることがあります。
それは日本的な柔道スタイルは、日本人が一番合っているからだと思います。
逆に、柔道はうまくないけどレスリングやサンボ、チタオバなどの他競技選手が、
いちいちルールも気にせず自分たちのスタイルを貫いてきたときのやりにくさと言ったら
尋常ではありませんでした。
だからこそ私は、柔術の試合では柔道をするように心がけているのです。

そしてこの2試合のポイントは前述の通り「移行の早さ」です。
とかく柔術では「待て」の場面も少なく、時間も十分にあることから
じっくりと時間をかけて体勢を作り、着実にサブミッションを狙います。
柔術家にとってはそれが当たり前だと思います。
だからこそ逆をやりました。セオリーにない動きは反応が難しいですから。

相手の足を超えた瞬間、または投げた瞬間、間髪入れず腕挫十字固を極めました。
若干雑ではありますが、スピードが最重要です。
その点はとっさの判断ではなく、いつも言うように「打ち込み(反復)」の成果です。
打ち込みで練り上げることによって、技は正確性と早さが身につくのだと思います。

下段の動画(江端選手との試合)では、足車のつもりで掛けています。
大外刈のように力強く刈ってしまうと、体勢が崩れてしまうので
下がり際に合わせて足をあてるだけに留めています。
どちらにせよ、現役時代、柔道の試合では一切できなかった技術です。。。

指導者視点でいえば、立技を得意とする選手ほど「投げた後に膝で制する」動作
しっかり行ってほしいという点です。これさえやれば、投げきる動作にも繋がり、
固技へも移行しやすくなります。昔の「浮固」とはこの動作だったそうです。


補足になりますが、この試合は無差別級で行われました。
最近だらしなく太っている私に対し、彼らとは見た目以上に体重差がありました。
またそんな中、非常に高度な技術で翻弄され、私としてはとっさのワンチャンスをモノにしたというような試合でした。
きっと彼らのようなアスリートが、日本の柔術界を背負い、日本の柔術を世界基準に
押し上げていくのだと思います。

最後に、大会開催にあたり運営や審判で奔走して頂いた井手さんはじめ、パラエストラなかがわの皆さん、主催したエジソンさん、生田さんに厚く御礼申し上げます。

これでようやく、のんびり年が越せそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

倒されずに倒す

先日、講道館を辞めることになったブッチー先生の送別会を、仲間内で開催した。

その席上、なぜか運動能力の話しになりヨメロックが私に対し
『○ー○○○なら勝てると思う』 的な発言をした。

心外であるdash
自転車にも乗れないような輩に負けるほど、落ちぶれてはいない。

勝負することになった。
果たし合いである。

結果から先に言わせともらうが、僅差ながら勝利した。

意地でも負けるわけにはいかない。

スコア?

ダメダメ!小さなことは気にしない。

判定はダメだよ、KOじゃなきゃrock

勝負は全て、倒すか倒されるかである。
Ssany1282

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

タイでサンボの試合

重大発表します。

実は私、サンボ(ロシアの格技)の国際大会に出ていました。
(KDKに内緒で・・・・sweat02

実は昨年、自費で挑戦したタイの国際大会。
決勝戦で「わざとキ●タマ蹴ったから反則負け」という
アウェー全開の判定で準優勝に終わり、ムシャクシャしていた夜。

僕は晩飯を2回も食べて、お腹パンパンになっていたんですが、
翌日にサンボの大会があると聞き、参加を表明しました。
サンボ道衣もないのに、前夜の挑戦、そんなのが実現するのかと思いきや、
あっさりと了承され、道衣とシューズまでもらっちゃいました。

パンパンにふくれたお腹で計量すると、ジャスト74kg!食べ過ぎです。
階級はそのまんま74kg級でした。

試合とはいえサンボの試合、なんのプレッシャーもありませんが、ルールもよく分かりません。
とりあえず、足関節は狙っていこう!
そんな邪な僕は、今成正和「足関十段」の映像をひたすら思い出していました。
Ssany0402

まず1回戦、地元タイの選手
コムロックや腕挫十字固、最後は巴十字まで出したんですが、極まりません。
いや、参ったしてくれないのかな?手応えは十分あるのですが・・・
仕方がないので足首固めに移行すると、こちらは簡単にタップアウトpaper

参加者が少ないので次が準決勝戦、スリランカの選手、かなりの長身
いきなり巴十字を仕掛けると、あっさりとタップpaper
極まりは浅く、腕は折れていませんでしたが、心が折れていたようでしたcoldsweats01
試合後、彼とは記念撮影をし、笑顔で帰っていきました。

そして決勝戦、こちらは昨日66kg級で優勝しているモンゴルの柔道選手
力が強く、腰が重たい選手でした
僕も少し疲れが出ていたのと、慎重になっていてなかなか展開がありません
終盤、袖釣込腰で崩したところを回して肩固に入ります
本来は袖車絞も併用するところですが、サンボでは絞技が認められていません
結局、ポイント差で優勝することが出来ました

サンボは絞技がないだけであとは一緒、なんて思ったら大間違いでした。
絞技がないのは片腕をもがれたように、僕の動きが制限された気がしました。
本物のサンビストと対戦したら、こうは簡単に勝たせてくれないでしょう。
とりあえず、タイでの苛立ちがちょっとだけ癒されました。
Srimg0035 Ssany0384
ちなみに「JAPAN」のプラカードを持ってくれているこの女性、直後に貧血でぶっ倒れます。
僕ががっちりキャッチしましたがpaper

とりあえず、こちらはshine優勝shineしていたことをご報告します。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

25段練習会

昨年度までは月曜日にお休みを戴いており、
パラエストラ東京の昼柔術に参加しておりました。
ここでは普段できない、高いレベルでの攻防が繰り広げられ、
非常に良い練習が行えていました。

今年度からは研究日が火曜日となりました。
昼柔術は火曜日に設定が無く、代わりに昼グラップリングをしています。
何度か参加したのですが、どうにも裸の攻防は苦手です。
だって袖車絞の袖がありませんから、掛けれません。
本当は、ちょっとだけ素手でも掛けることが出来ます。
変形のチョークスリーパーですね。

そんなこんなで嘆いていたところ、
「それなら一緒に、柔術やりましょう」
プロ格闘家の青木真也から声が掛かりました。

1ヶ月半前から始まった二人っきりの練習会。
お互い、キレのある技を持った同士なので緊張感があり、気が抜けません。
時間は計らず、ひたすら疲れるまで極め合います。

第1回目は3本ぐらい極めたでしょうか。
それでも現役最高レベルのプロ格闘家相手ですから、
その倍くらい極められちゃいます。
最近はあまり「参った」をする機会がないので、
危うくそのタイミングを間違えると、即大怪我に繋がります。
特に首は毎回、よく極められます。

2回目、3回目と、僕の極める回数は減っていきます。
僕のレパートリーは少ないですから。そしてスタミナもないので、
後半は一方的にやられてしまいます。
第4回は1本しか取れませんでした。

第5回目の今日から、もう1人、強者が合流しました。
足関十段こと、今成正和選手です。
足関節はもちろんのこと、柔術もかなりの強豪です。

今日はこの3人で、順番に乱取りを行いました。
緊張感みなぎる強烈な練習会です。

この暑さもあり、3巡めの途中で3人ともギブアップ、
全員が汗まみれになってしまいました。

S30

せっかく有名格闘家との練習会だったので、記念撮影。
青木真也(跳関十段)
今成正和(足関十段)
小室宏二(柔道五段)

二人の十段に囲まれて、shine合計25段shineの練習会でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

2009 Gi関東予選大会

既報の通り、久しぶりに柔術の大会に出て参りました。

動機は嫁さんの
『格闘技をしているところを生で見てみたいheart02でした。

嫁さんと出会ったのは講道館に勤務してから。、
講道館では当然、柔道以外の試合は御法度でした。
(特にそう言う決まりはありませんが、空気読んでましたsweat01

DVDなどで僕の試合は見るモノの、高段者大会以外、
生で観戦したことがないということで、そんなリクエストが出ました。
ちょうど友人から誘われていたこともあり、出てみることにしました。

今回は帯色や体重、年齢など一切の無差別級でした。
しかしながら同時に体重別の試合も開催されており、
僕の出場したカテゴリーはあまり人が集まりませんでした。

12時集合とはいえ、参加者は15時まで募るという粘りよう、
試合開始は17時を過ぎていました。
もし応援や家族がいなかったら、怒って帰っていたかもしれません。
Ssany1797

そして試合!1回戦は白帯の方と対戦。
内股で一閃、投げ終わらぬうちに腕挫十字固を極めました。

しかしその際、レフリーがpaperパロ~~~ン!paperと言います。

5 「はい?」
僕は意味が分からず、また何かしてしまったのかと思いましたsweat01sweat01

あとから関係者に聞くと、いま柔術はポルトガル語で捌くようで、
「はい、終わりね」てことらしいです。
何言ってるのか分からず、ドギマギしてしまいました。
反則負けの常習犯ですから・・・sweat02

2回戦、スパイダーガードに手こずりました。
最近マイブームの腕挫脚固に捕らえたんですが、
実は得意ではない方の腕を捕らえていました。案の定取り逃がす・・・
結局は送襟絞で勝利。柔術的にはクロックチョークでしょうか。
文京一中の生徒には、嫌と言うほど教えてきた技術です。
先生のお手本を見習って欲しいです。

正直な話、最近は全然練習が出来ていません。
生徒はまだ受け身の段階で乱取りが出来ませんし、
仕事の関係でまともな練習は1週間行えませんでした。

そんな訳で、たった2試合だけでも結構疲れちゃいました。
最近、試合では脱力・リラックスを心掛けているのに、久しぶりな為か、
ずいぶんと力んでしまい、疲労しちゃいましたsweat01

決勝戦、ちょっと時間が空きました。
リラックスと集中を心掛け、速攻勝負を心に決めていました。
僕の苦手な、スパイダーガード的な動きをする方だったので、
長い展開は不利と考えたからです。

その作戦が功を奏したのか、サクッと抑え込み、
マウントポジションから一気に袖車絞を極めました。

全試合の詳細はYouTubeをご覧下さい。

嫁さんのお姉さんや、講道館の少年部、足立学園の教え子など
色々と応援に来ていただいたので、不甲斐ない試合だけはしたくありませんでしたが、
一応面目は保てたようです。 元CCBみたいな青木選手も来てくれました。
応援に来てくれた皆さん、ありがとうございました!

Ssany1785 Ssany1811 Ssany1792 Ssany1823
今回、試合進行の手際がとても悪く、時間を無駄にしているところがいくつもありました。
1分、数十秒単位で進行をコントロールしている全日本選手権、嘉納治五郎杯と
比べるのは酷かもしれませんが、もう少し改善の余地はあると思います。
ただ優勝賞品として大好物のアサイーがもらえたのはラッキーでした♪
Asai_2

10月には全国大会に繋がるというこの大会、
動機が不純だったものですから、この先のことは考えておりません。
嫁さんは満足してくれたでしょうか?矢印上下矢印上下
Ssany1832 Ssany1841

【Gi】柔道家・小室宏二が全試合一本勝ちで柔術無差別級を制覇
(配信 GBR 格闘技WEBマガジン

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

寝業研究会との対戦-2001柔術団体戦ー

僕の寝技のルーツが高専柔道だということはご存知の方も多いかと思います。
その高専柔道の恩威が平田鼎というお爺さんで、
そのお爺さんが代表を務めていたのが寝業研究会です。
Spd3509

大学を卒業した翌年の2001年、友人を誘って柔術の団体戦に出場しました。

この映像は、皮肉にも平田鼎に師事した僕と、寝業研究会が対戦したときの映像です。
まだ柔術が日本に広まりきっていない時期で、僕も全然ルールに対応できていません。

応援合戦が白熱していて、聞いているとちょっと笑ってしまいますが、
僕自身はけっこう必死で闘っています。

寝業研究会の野次は、有名なバードさんですね(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

昼柔術

僕が初めてブラジリアン柔術(以下、B柔術)のジムに出稽古したのが
パラエストラ東京の『昼柔術』でした。
昼柔術とはどんなものか、以下に転載します。                                                

■昼柔術(参加費無料) 月水金 13:00-15:00
パラエストラ開設以前の96年9月より中井祐樹が主宰している
参加費無料の合同スパーリング。中井自身が参加することも。
様々なジャンル、様々な団体の選 手がスパーリングを通して
交流を深めています。上級者が中心ですが初心者の参加もOK。
ただしテクニック指導などは一切行っていません。

最初の印象は、道場がビックリするくらい狭かったこと、汗臭かったこと、
そして誰もが足捌きが巧く、寝技のレベルが高かったのが印象的でした。
My6x2881
この時、僕はコムロックを多用していたんですが、まだ名前はありませんでした。
確かその時の参加者が「コムロ・ロック」なんて言っていたのが、
いつの間にか『コムロック』と呼ばれるようになったんだと思います。

学生の頃は、暇を見付けて筑波から通ったりもしていました。
無料でプロ並みの選手と練習できる。
しかも平日の昼下がりという条件なので、僕にはピッタリの環境でした。

特に現職の講道館では、なかなか寝技の稽古相手がいません。
指導しながら稽古をつけるといった感じで、一本取られるようなことがありません。
なので指導力は身に付きますが、新しい技術に出会ったり、
自力が上がるような選手との稽古が不足しています。

寝技の技術も年々進化、変化しています。
そういった技術の移り変わりに取り残されないためにも、
外で稽古することは不可欠だと思っています。

My6x2918

パラエストラ東京は地下にあるということで、夏場の暑さは想像を絶するモノがあります。
あれはもはや、危険な暑さであるといえますspasweat01
暑さに弱い僕は、よく道場から逃避して酸素を補給しています。

昨日なんかは、この寒空ではありましたが、勝ち残り方式だったせいもあり、
汗で足下が滑る、道衣から汗が滴り落ちるほどの追い込みようでしたsweat02
追い込まれば追い込まれるほど、なんだか充実感で満たされるような、
アスリート気質が蘇ってきます。そして翌日、筋肉痛に悩まされますsweat02

そんな昼柔術ですが、僕はある時期、通うのを止めていました。
通っていると、寝技の楽しさが再燃してしまい、試合に出たくなってしまうからです。
今の職場環境からは、他競技に出ることは叶いません。

なので通うのを止めてしまいました。
そして格闘技雑誌を読むことも止めてしまいました。
そうして気持ちを遠ざけていたんです。

ある時、社会人になってからB柔術を始めた同級生にこんなことを言われました。

「コムちゃんと練習したがっている人がいるよ」

そんな些細な一言が、僕を再び昼柔術に参加するきっかけとなりました。
僕と練習したいと言ってくれる人がいるのに、わざわざ避けて通る必要もありません。
My6x2925

それならまた行くか!
半分は同級生に引っ張られるような、そんな気持ちで通い始めました。
今は仕事が休みの月曜日、昼柔術に参加し、その足で淑徳大学に向かっています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

ブドーチャレンジ

足立学園教員時代、アメリカ・ロスで格闘技の試合に出場しました。
(その時のブログ記事は消えちゃいました。。。)

その大会は【ブドーチャレンジ】という名前で、
ヒクソン・グレイシーが主催していました。
(もちろん、本人と話しも出来ましたし、握手もしました♪)

日本代表は僕を含めて、こんな5名の選手が招待されました。
勝村選手(格闘家)
高瀬大樹(格闘家)
小斎武志(柔道・道路公団)
青木真也(柔道・格闘家)

Photo

ロスへの航空券や宿泊費などは、全て出してくれましたnote

この大会は柔術に似ていますが、一本を狙う攻撃に
よりポイントが加算されるようなルールでした。
引き込みは禁止されませんが、マイナス1Pになり、
極まりかけた絞技、関節技には3P入るルールでした。

思い出深かったことをいくつか。

●ビーフボウル
当時、日本では輸入牛肉が規制されていました。
しかし、ロスにある吉野やでは牛丼が売っていまして、
飽きるほど食ってやりました!

●タメ?
同部屋だった高瀬大樹。
出会ってから数年、先輩だと思っていたんですが、
ロスで過ごした数日間で、タメ年だったことが判明!
急にため口になる。

小斎先輩
小斎先輩は決勝で相手の手を咬み、反則負けしちゃいました。
帰国後、成田には奥さんとお子さんが向かえに来ていて、
今度、袖車絞を教える約束をしました。
まさかあんなに元気で強かった小斎先輩が急逝するとは思いもしませんでした。合掌。

●英語力の無さ
ルールミーティングで、ヒクソンの話す英語は、半分くらい理解できました。
そんなに難しいことは言っていませんでしたから。
でも完璧には理解しないまま、試合に出てしまいました。
それがタメに、決勝では減点されているとは全く分からず、
リードしていると勘違いし、ポイント負けしてしまいました。

●そしてDVD
その後、このブドーチャレンジという大会は企画倒れになっているようです。
チャンスがあれば、もう一度挑戦したい。そんな大会です。
そんな未練があるもんだから、いつもそのサイトを見ています。
見ていたら、この大会のDVDが売っていました。
日本まで発送してくれるのか、とても不安でしたが、先日届きました。

●コムロック
初戦はベルギーの選手だったと思います。
特に説明は不要ですね。カメラアングルがイマイチですが、
コムロックでサックリ一本勝ちです。
つーか「SHOJI」って。。。sweat02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

コンテンダーズ8 トイカツ戦

前回のヤノタク戦に続いて、今回はトイカツ戦の動画です。

【コンテンダーズ】
宇野薫選手が主催する格闘技イベント。
ルールは
一切の打撃が禁止、
あらゆる投技、関節技、絞技がOK
服装は自由と言うモノです。

試合のことは、以前もコラムに書いていますので、参照してください。
もう5年も前になるんですね。。。
トップページから「Column」→2003年5月のページです)

もともと、左足首は何度か捻挫して緩かったんです。
なので再発防止で、いつもテーピングを巻いて試合、練習を行っています。

その緩い足首が良かったのかも知れません。
(悪くなったのかも知れないけど。。。)

序盤、蟹挟からのヒールホールドは完璧に極まっていました。
参ったする余裕もないほどの早業で。
さらに中盤、今度は逆方向から思いっきり捻られました。
この時はもう、痛みなんか無かったです。麻痺していました。
後々、ギブスによる固定、松葉杖になるほどの怪我になりました。
それでも、膝まで壊さなかったのは、トイカツ選手の極め方なのか、
足首の緩さなのか、計り知れません。

しかし本当に怖いのは、
『もう脚1本、どうなってもいいや。絶対に勝つ!』
と腹を括ってしまう自分です。
脚1本、全部で2本しかないのですから、大切にしなきゃいけません。

僕は【精神は肉体を凌駕する】という言葉が好きなんですが、
それを体現できた試合でもあるかも知れません。

格闘技の試合では、僕のベストバウトだと思います。
実際、メインの1つ前の試合でしたから、会場は盛り上がったんですよ♪
試合後、男性からのファンメールが結構来ました。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

コンテンダーズ7 ヤノタク戦

1/8から寒稽古が始まりました。
僕は朝4:00に起きています。
非常に寒く、そして眠いです。。。zzz

そんな訳で、今回は手抜きの更新。

コンテンダーズ7,ヤノタクこと矢野卓見選手との対戦です。
非常に身体が柔らかく、しかし非力ではない。
いろいろな角度から、様々な技を持ち、そして極めが強い。
ついたあだ名が『東洋の神秘』

実は対戦したくない選手の一人でした。
でも僕が観客だったら、小室という選手との対戦は、
見てみたいな~と率直に思いました。

試合はあっさり極まってしまいます。
でも相手に十字絞をさせたまま、僕が袖車絞を仕掛けています。
相手の絞めも効いていたので、僕は呼吸を止めて、一気に絞め落としました。

そういえばよく「締め上げる」と言いますよね。
柔道では絞技で失神することを「落ちる」と言います。
上げたり下げたり、この語源てなんでしょうか?


| | コメント (11) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧