講道館

2014年11月13日 (木)

アジア柔道形選手権大会

昨年の全日本形選手権で私たちはペア結成以後、初めて負けました。

その後2月に行われた強化合宿、及びアジア形代表選考会では勝利し代表権を得たものの、
最終選考会では敗れ、世界の代表は逃しました。
もう私たちの時代が終わったことを感じました。

アジア大会が開催されるタイでは、治安情勢の影響で開催が延期になっていました。
何度か延期を繰り返し、そして11月になり、ようやく開催にこぎ着けることができました。

今回、直前に東京都からの企画でロシア・トムスクを訪問していたこともあり、
ワガママを言って全日本チームとは別便で(ギリギリまで授業をして)タイに向かいました。

ロシアでは最低で-20℃の世界でした。
日本も冬とはいかないまでも、朝晩は寒さを感じる季節になりました。
そこから真夏のタイに行ったものですから大会当日は一日中頭が痛く、
暑さにやられてしまったようです。

さて抽選の結果、演技は1番最初でした。
おそらくは採点競技として最悪の順番です。
各技を10点満点で採点していきますから、11点、12点という採点はあり得ません。
最初の演技者で高い点を出すと、以降の演技で高止まりしてしまうため、
最初は抑えめに採点するのが採点者の心理です。
そういった意味では、最も不利な順番だったと言えます。
つまりは「運も実力のうち」ということになります。

しかし負けるわけにはいきません。
どんな演技だったかは動画で判断してください。

横四方固めの際、私の右膝が滑ってしまうなど、
若干のミスはありましたが、ほぼベストな演技ができました。
久しぶりの形競技だったので、ずいぶんと緊張し、汗をかきました。
おそらくは暑さのせいだけでは無いと思います。

採点競技の怖いところは、結果が出るまで何が起こるか分からないところ。
自分でベストと思っても、どんな減点をされているか分かりません。
1番最初だったのでひたすら他の演技が終わるのを見続け、
集計を待ち、そしてポンッと画面に結果が表示されました。
2014

お陰様で優勝することができ、やった!
というよりは安堵したという方が大きかったと思います。
結果的に、全日本チームは全種目制覇を達成しました。

2014_3 2014_4

さて最後にご報告いたします。
今回の挑戦で私たちペアは解散します。
私自身は「形競技から引退」します。

形競技に出会って、柔道家としての視野がずいぶんと広がりました。
これまでご指導頂いた先生方、応援して頂いた皆様、共に演じてくれた髙野先輩
ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

寒稽古と鏡開き式

昨年末、講道館から鏡開き式での形演技を依頼されました。
正直な話、やっと来たかという思いでこの依頼を受けさせて貰い、感慨深いモノがありました。
P1020045

講道館職員時代、『鏡開きで演じてこそ一人前』という風潮がありました。
しかしなかなかその機会には恵まれず、それならと一念発起し、岩渕君と投の形で
東京都の選考会に出場
しました。
競技会で日本一となれば、否応なく認められ、演じる機会は与えられるだろうと思ったのです。

しかし結果は惨敗・・・
二度と形競技に出るまいと心に誓いました。

その後については、改めて書き記すこともないと思いますが、昨年も選ばれず、
「まだ駄目なのか?」という思いがありました。

世界を制し、全日本を2度制したことでやっと巡ってきたこのチャンス、
『一人前』と認められるチャンスがやってきたのです。

今回、せっかくの機会なので生徒と共に前泊しました。
前日は全日本男子ジュニアの強化合宿が開催されており、
生徒にはそれを見学させるつもりでした。
ところが私を見つけた全日本のコーチから、即興で寝技の講習会を依頼され、
結局は立ち技の練習予定だった時間ではあったのですが、寝技の講習を行うハメになりました。
当たり前ですが、全日本の強化選手達、飲み込みの速さはずば抜けていました。

さて、本題にもどりまして寒稽古です。
よく形の演技前に乱取り稽古は止めておけ!と言われます。
が、自分は身体を動かしておかないと駄目なタイプなので、
当日の朝も2時間みっちり稽古をして汗を流しました。

稽古後、生徒と共にジョナサンで朝食を摂り、そして鏡開きへ。

おそらく、講道館職員時代であればもの凄く緊張したと思います。
しかし、世界大会や選考会、合宿、普段での稽古を経て、
もうこれくらいの規模といっては誤解を生みそうですが、
緊張感はそれほどでもありませんでした。
むしろそれがイージーミスを生み出しそうで怖くはあったのですが・・・・

2011_3

なぜか畳がベタ付いており、すり足が非常にやりにくかった点と、
形の演技専用に買った真っ白な道衣、この2点が気にはなりましたが、
点数を付けられることがないない分、ノビノビと演じることが出来たと思います。
大概、多くの演技者は大先生から小言(指導)を言われたりするのですが、
私たちはありませんでした。合格点だったのでしょう。

2011_4

この冬には形合宿や選考会、アジア大会も企画されていると聞きます。
どれも良い成績を取れるよう、今年も頑張っていきます!
P1020074

 

ザ・コムロック World Wide(仮) [DVD]

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

嘉納治五郎の名言

精力善用

自他共栄

柔道家なら誰でも知っている言葉ですが、他にもいくつか遺されているそうです。

そんな言葉をいくつか見ていて、自分の好きな言葉を見つけました。

勝って、勝ちに傲ることなく、
負けて、負けに屈することなく、
安きにありて、油断することなく、
危うきにありて、恐れることもなく、
ただ、ただ、一筋の道を、踏んでゆけ。

1618968062_107

自分は最後の一行が好きです。

『柔』がただ人を倒すための術ではなく、人生の道であり、教育である。
『柔道』の最終的な目的は世を補益することである。
その意図が言葉に表れています。

ある時、小学生時代に同じ道場だった人に再会しました。
当時は講道館の職員だったので、近況を報告すると

「もの凄く真っ直ぐに生きてきたね」
と言われました。

もちろん敷かれたレールでもありませんでしたし、平坦でもありませんでしたが。

ただ、ただ、一筋の道を・・・・

ゆけ!

って言われているんですから、行くしかありません!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

補習科リターンズ!

職員時代はこちらで講道館通信なるものを更新していました。
退職後はもちろん更新できず、好評であった「補習科」の授業も
毎月第一水曜日に6階道場で細々と開催するのみでした。

今年度からは担当が「土曜日の成年部(大道場)」となりました。
大道場でフラフラしていますので、遠慮無く声を掛けてください。
乱取りでも技術指導でも承ります。

またこれを機に「補習科」の授業を再開します。
毎月、第1と第4土曜日、19時から大道場で開催します。

今日は久しぶりに授業を行いました。

次回は7/3ですね。お待ちしております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

講道館規定の改正

全日本選手権の地方予選が各地で開催されていますが、
僕も東京選手権での審判を仰せつかることになりました。(出場するわけではありません)

そんな折、国際柔連の審判委員でいらっしゃる川口孝夫先生のブログに、
講道館規定が改正されるという趣旨の内容が記載されていました。
B017199520090422000512
国際規定に関しては、毎年のように改正が繰り返されていますが、
その反面、講道館規定が改正されることはあまりありません。
久しぶりに思い切った改正になるようで、その動向を注目しています。

やはり寝業師の僕としては、
引き込みに関する罰則が「注意」から「指導」に格下げされる
という内容が興味深いです。

この罰則が「注意」となった経緯は、寝技主体の高専柔道を良しとしない講道館との
軋轢を切り離すことができません。
でもその高専柔道は戦前がピークだったことを考えると、今まで改正しなかったのがむしろ不思議なくらいです。

また「教育的指導」の廃止や、少年規定での両ヒザ着き背負いが「注意」から「指導」
なるなど、自分たちが審判をしたり、試合をする上でも関わってくる変更がいくつかあります。

改正と執行が、4/1ということであれば全日本選手権はもちろんのこと、
全国高段者大会も新規定で行われるということになります。

柔道界の潮流はビゼール政権下の国際柔連だけでなく、
全柔連、講道館もその影響を無視できない状況にあるようです。

僕も選手として、審判、指導者として、取り残されないように頑張ります。
今年は1回、春日ロックで試合を極めて、決まり技がどうジャッジされるのか、
試してみたいと思います。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

「形」強化選手

初めて強化選手になったのは中学3年生の時(1992年)。
全中で3位になったことで選出されました。

以降、外れる時期もありましたが、2004年の講道館杯で初戦敗退するまで
強化選手として選出してもらいました。

そしてこの度、久しぶりに強化選手として選出してもらいました。
今回は『形』強化選手です。カテゴリー別で「固の形」です。
20091025092739_4
他にも各形種目で3組程度、選出されています。
固の形では、現世界チャンピオンでもある中橋&松本組も含まれています。

次回、第2回になる形世界選手権は5月にハンガリーのブダペストで開催されます。

ハンガリーと言えば、66kg級での国際大会デビュー戦、袖車絞が面白いように極まり、
とんとん拍子で優勝した思い出深い地です。

3/22(月・祝)には講道館において、代表選考会が開催されます。
中橋&松本組はもちろん強豪ですが、胸を借りるつもりで挑んできます。
再びハンガリーに行き、そして世界チャンピオンになれるよう頑張ります!
20091025110100_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

【祝】 全日本柔道形競技大会 【日本一】

既報の通り東京代表として「固の形(かためのかた)」に出場した
全日本柔道『形』競技大会、shine優勝shineして日本一になりました。

Sany2435_2 S2009

僕が寝業師ということもあり、周りの先生からは「小室は固の形だな」
なんて言われていましたが、地味なので嫌いでした。

昨年、ぶっちー先生と出場した東京都予選「投の形」では3組中3位sweat02
僕はどうしても納得できず『形競技からは引退する』ことに決めました。

後日談で、近代柔道の記者さんから
「小室が投の形?投げちゃダメでしょ、極めなきゃ(笑)」と言われました。
実際、盲点でした。
確かに、好きなこととは別で、出来ること、出来ないことってありますよねsweat02

あることがきっかけで、たかの先輩から「固の形で挑戦しよう!」
というお誘いがあったときも、僕は即決することが出来ませんでした。

結局、出場するに至ったのは以下の理由がありました。

1.先輩から必要とされているのはとても光栄なこと
2.「固の形」はいつかマスターしなきゃいけない分野

ある意味、一番難関だと思っていた都の予選会を何とか通過し、
都柔連や講道館の形講習会を経て、僕たちも徐々に力をつけていきました。

Sany2424 Sany2420 Sany2419

たかの先輩には度々、都市大付属の道場までご足労いただき、
また僕も講道館の指導日に合わせて伺うなどし、週2回の練習を
欠かさないようにしていきました。

お互いの技量が上がってくるにつれ、徐々に技の理合いが深まり、
色々な発見をするようになりました。それが結構楽しかったです。
それによって「型にはまった形」だったり「乱取りの形」を意識するようになり、
僕たちなりの「固の形」が練り上げられていきました。

Sany2422 Sany2433 Sany2429

当日はラッキーなことも重なりました。
中国地区代表で今年の世界チャンピオンである中橋&松本組が欠場したこと。
演技順番は、高得点の出やすい「7番目」であったことがそれにあたります。
(順番は非常に重要だということがこの日改めて分かりました)

こうして、過度に緊張することもなく、いつも通りの笑顔と会話で演技に臨み、
練習を通じても自己ベストの演技をすることが出来ました。
これは本当にチームワークの賜ではないかと思います。

それこそヨメロックを始め、応援していただいた周りの方々の方が、
よっぽど緊張して見ていたのではないでしょうか?

 


そんな訳で、ラッキーに恵まれながらもshine日本一shineとなりました。奇跡ですflair
やはり正直な気持ちとしては、凄く嬉しく、気持ちも充実しています。

ただ講道館の練習では、毎回、諸先生方にチェックしていただけたので、
他の選手よりも相当なアドバンテージがあったことは否定できません。
346先生、しょっしー先生をはじめ、多くの先生方に感謝すると共に、
その点があったからこその成績だったと、謙虚な姿勢を忘れないようにしたいと思います。

その証拠に、筑波大学の恩師である小俣幸嗣先生からは

「上手いってだけで魅せる演技をしていない」
「大体お前は、乱取りするようなシワのある道衣で・・・・(辛いので中略)sweat01

というような厳しいお言葉をいただきました。

 Sany2431 「俺はコレ(小指)で会社を辞めたんだheart03」とは言ってませんよ

要するに僕の動きは、寝業師だけに極めが早い。
乱取りの場合は、小さな動きで素早く極めればいい
でも「形」の場合は逆で、大きい動作でゆっくりと技の理合いを表現し、魅せなければならない
僕の「固の形」はまだ見る側を意識した所作ではないと理解しました。

まだまだ勉強と練習が足りません。
そして中橋&松本(中橋先輩は筑波のOB)という大きな壁も立ちはだかっています。

次は鏡開きか世界大会か?
あれあれ?引退は?

最後に、この企画(あえて企画)に誘ってくれたたかの先輩には心から御礼を申し上げます。
あの時に誘われなかったら、きっと僕は形競技が嫌いなまま、遠ざけていたと思います。水曜の祝勝会、もの凄く楽しみにしていますgood

またご指導いただいた先生方、応援してくれたみんな、
ビデオ撮影してくれたヨメロックに改めて感謝の意を表したいと思います。
ありがとうございました!

全柔連による公式結果 はコチラで見ることができます

■寝技で一本勝ちしたい人はコチラ■小室宏二 柔道固技上達法 上巻 [DVD]

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

久しぶりの全国大会

久しぶりに「全国」という冠の付く大会に出場します。
 ※全国高段者大会はオープン参加なので除外しますsweat02

明日10/25、講道館において
全日本柔道形競技大会に出場します。

たかの先輩と組み、今回は東京都代表として「固の形」で挑戦です。

一応、週2回、先輩に都市大付属までご足労頂いたり、
講道館で待ち合わせて練習してきました。

目標はもちろん3位です!
頑張ります!

 ※だれか映像撮ってくれませんか?

■予約受付中■小室宏二 柔道固技上達法 上巻 [DVD]

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

今時の中高生

放課後の校内で、暇そうにしている生徒を見るたび
「柔道部入らない?」
などと声をかけています。

また授業で粗相をした生徒にも
「この野郎!柔道部入れるぞ!annoy
などと言って脅かしています。

その甲斐あってか、高校生は6人、中学生は1人、合計で7人になり、
高校の方は「同好会」からshine『部』shineへ昇格が決まりそうです。

そんなわけで、都市大付属柔道部はようやく本格的なスタートを切り始めました。
高校2年生はすでに「寝技の世界一周」は完璧にこなしています。
これから徐々にステップアップして欲しいと願っています。
超大型の新人中学生は、秋以降、講道館でアキオに挑戦させます!
高校生は文京1中の生徒に稽古をつけてもらいましょう。
(中学生に苛められたりして・・・・down

しかしながら、柔道の人気の無さは筋金入りで、
本校では全く「柔道なんて・・・」といった雰囲気です。

文明開化の進む明治時代、柔術を学ぼうとした嘉納師範が
物好きのようにあしらわれたのも、今の本校と同じような風潮だったのかもしれません。

『柔道が強いと女の子にモテるんだぞkissmarkなんていう根拠のないスカウトをしても
「僕は彼女なんて欲しくないですから」という素っ気ない返事をもらいました。
高校生になれば、その価値観もがらっと変わるのでしょうけども、
中学生はまだまだ子供です。

先日、うちの奥さんとの帰り道、講道館に来ている女子中学生とすれ違いました。
するとその子達に「ひゅーひゅー!」って冷やかされました。
奥さんと歩いているのを冷やかしてどうする・・・と思いましたが、
中学生にとって、彼女がいるっていうのは恥ずかしいことみたいですね。
まぁ、とりあえず「ひゅーひゅー」うるさいので蹴っ飛ばしておきましたけど。
本校が男子校で本当の良かったと実感しております。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

固の形で再挑戦

昨年、ブッチー先生と「投の形」で挑戦した形競技、
諸事情により『もう二度と形競技には関わらないspaと決意し、
デビュー戦で引退となりましたsweat02

固技の場合、その評価は客観的に判断することができます。
相手が自発的に「参った」を表現したり、抑え込みは時間表示によって、
誰にでも判断することができます。
その点、審判の主観によって評価される投技とは決定的に違います。

そんなわけで、第三者によって評価される形式、
形競技は、審査員によって評価されるので、僕は好きな分野ではありません。

柔道の形は伝統がありますが、競技としての形は最近始まったばかりです。
体操競技などと違って、評価の手法も統一されていません。

一番問題なのは、教本がアバウトな点を残していることと、
「○○先生はこう言っていた」
「△△先生はこうも言っていた」
「お前は俺の意見にケチを付けるのか?!」
などと、指導者によって形の指導法、価値観に微妙なずれがあることです。

もう1つ言えることは、国際大会で日本選手が試合をした場合、
日本人が審判をすることはまずありません。もちろん、公平を期すためです。
形競技の審査ではこういったことが徹底されていないのが課題だと思います。

ここまで否定しておいて、また形競技会に挑戦してしまいました。
たかの先輩から誘っていただけたこと、
それと「固の形」だったことが決意に至った原因です。
もともと、固の形は指導できるくらい勉強しておかきゃ!と思っていたところでした。

講道館で待ち合わせたり、都市大付属まで来ていただいたり、
それなりに練習はしてきました。まだ修行する余地は充分ありますが、
とりあえず現状はこんな感じです。

出場2組。
どちらかが10/25の全日本に出場できます。
さてどうなることやら・・・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧