日記・コラム・つぶやき

2015年12月30日 (水)

2015年を振り返る

まもなく2015年も終わろうとしています。
何といっても今年のスタートは「肉離れ」の療養からスタートした
というのが一番大きかったです。約3ヶ月、殆ど動くことができず、
衰え、太り、柔道を始めてから最も「運動をしない期間」を作ってしまいました。
ちなみに瞬間最大体重が81kgを記録してしまいました。

ここから挽回しようと始めたのが「毎月100km・年間1200km走破する」という企画です。
願掛けではないのですが、これ1年やり切ることで何か達成感を得られるのではと考えています。
ただ12月も残り数日ですが、今月はまだ49kmという惨状…さてどうするか?!

また今年も色々な国と地域に指導に行かせてもらいました。
海外ではマカオとポルトガル。
両国の料理は本当に美味しかったですし、手厚く歓迎していただけました。
またここから更に有難い話も頂き、来年も各地に呼んでもらえそうです。
ますます内容の充実、英語力の向上を目指さなければと思っております。

国内では全柔連の少年指導を講道館で、その他、大阪や福岡でセミナーを行いました。
今回も筑波大学の草津合宿に呼んでもらえたので、しっかり寝技を伝え、
学生と山を駆け上ってきました。

定期的なものでは淑徳大学とトライフォース五反田、
それに視覚障害者柔道の合宿に参加しました。
どれも完璧ではありませんが、時間をやりくりしながら、
な るべく多く参加できるようにしてきました。
来年からはもう一ヶ所増えることになりますが、
これについてもしっかり取り組んでいきたいと思います。

試合は高段者大会の2試合でした。内訳は腕挫腕固と大外刈で一本勝ちでした。
内容的には得意の関節技と、練習している足技で投げることができたのは良かっ たです。
特に大外刈は人生初でした。
今後も「小室の意外な投技」を密かに磨いていこうと思います。
ただ年間2試合は柔道を始めてから年間最少です。
私自身 のモチベーションもかなり停滞してしまいました。
程よい緊張感というのはやはり必要かもしれません。
来年はもう少し挑戦していこうと思います。

 

結婚6年目となった我が家族は今年も「ほぼ円満」でした。
巴は少し柔道ぽいことを始め、私と2人きりでも過ごせるようになってきました。
ケガもなく、病気もなく、嫁ロックとともにモリモリ成長しています。

ただ私の親父は体調を崩し、手術をしました。
親父が生きてるうちに一度だけでも、巴に宝寿司を食べさせたい。
最近の身近な夢です。

S__32661506 Image

最後に、小室の今年1年を漢字で表します。今年は

【 穏 】

にしたいと思います。起伏の少ない、ひたすら穏やかな1年だったと思います。
平穏もまた幸せの証拠だと思います。

来年もまた家族を大切に、仕事と柔道に勤しんでいきたいと思います。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

2014年を振り返る

あっという間に冬休みが終わり、総括をする前に年を跨いでしまいました。
昨年後半から突如としてブログを更新するようになりました。
指導者として何かと思いつくことが多くなり、言葉としてまとめ、
伝えていくことも必要だと感じた次第です。

さて、まずは2014年を振り返ってみたいと思います。

六段に昇段する
ここ数年来「六段」を目標に掲げていました。
数年躓いてしまいましたが、やっとのことで無事に段位証を頂くことができました。
Sc143366_049

アジア形で3度目の優勝そして引退

2月と5月に行われた強化合宿において、アジアの代表権は勝ち取ることができたモノの、
世界選手権の選考には外れてしまいました。
それによってアジアを最後に引退することを決意しました。
大会ではまさかの「演技順一番最初」というアンラッキーもありましたが、
なんとか優勝をすることができました。
これをもちまして、私は形競技者としての引退となりました。
2014_3

●乱取り試合
今年は3種の大会に出場しました。
高段者大会(全国・東京)
全日本実業団(3部・つくばユナイテッド)
全国教員大会(先鋒73kg級)

六段デビュー戦は引き分け、完全に組み伏せられてしまいました。
実業団では同級生チームが解散したので、出る予定はなかったのですが
つくばユナイテッド(筑波大学OBチーム)から声が掛かりました。
後輩達と楽しく柔道ができました。
このときの「内股すかし」が私にとっては2014年のベスト一本ですね。


教員大会では久しぶりに投げられました。
今年から教員仲間になった小倉君と対戦できたことは、今思い出しても感慨深いです。
そして数年ぶりに試合で負け、チームも負けてしまいました。
これで終わりにするつもりでしたが、負けたまま終わりたくないというのが本音です。
いつ声が掛かってもベストな状態で挑めるよう、準備だけはしておこうと思います。

●出張指導

2014年も各所で指導をさせて頂きました。
定期的なもの以外では、名古屋のLIVE柔道、視覚障害者柔道の合宿、
マカオBJJ、ロシア・トムスク、岩手県久慈市、静岡県、
全日本の強化合宿でも指導をさせて頂きました。

指導の中でも気づくことの多かった1年で、指導の進め方も少しずつ変化していきました。
ルールも変わり、選手の技術も変化していく中で、私の指導法が取り残されないよう
日々進化する必要を強く感じた1年でもありました。

●肉離れ
ここで無事に1年を締めくくっていれば良かったのですが、
12/8に右足ふくらはぎの肉離れを発症してしまいました。
そして12/21に再び発症。
皮膚が裂けてしまうのでは?と思うほどぱんぱんに腫れ上がり、
1週間以上、痛み止めを飲むほどの痛みに悩まされました。
現在、受傷後1ヶ月が経ち、松葉杖なしでも歩けるようになりました。
しかし再々受傷はありえないので、しっかり治してから稽古に復帰しようと思います。
10867197_909693525707682_723632771_

さて2014年を総括すると、それほど大きなイベントはありませんでしたが、
一つの契機であったことは間違いありません。

形の競技から離れ、競技柔道から離れ、より指導へとシフトしていきました。
また年末には人生でも最も大きな怪我「肉離れ」を受傷しました。

武芸には「守破離」という思想があります。
師匠の教えを守り
既存の形を破る
そして自分自身の境地を開拓する(離れる)
ちょうど私もそんな「離」の時期に達したのかもしれません。

Image_thumb74

そんなわけで2014年を表す感じは「」とします。
決して「肉離れ」の一点で思いついたわけではありません。
「守破離」の「」ですので誤解無く。

最後に、家庭も「ほぼ円満」で巴もすくすくと成長しております。
仕事も家族も大切に、バランスよく頑張っていこうと思います。

2015年も宜しくお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

技を作るのは打ち込み

ジュニア強化選手時代、合宿では散々打ち込みをした。

コーチ曰く「技を作るのは打ち込み」とのこと。

私自身、投技が苦手だったため試行錯誤しながら必死になって打ち込みをした。
打ち込みは決して、準備運動の一環ではない。

まずは理に適った動きで、早く、力強く
それを身体が覚えるまで繰り返し反復するのだ。
(いい加減な打ち込みをするなら、変な癖がつくのでやらない方が良い)

さらには喧嘩四つ、相四つ、動きながら、複数の技を組み合わせ、
また相手の技に応じて等、バリエーションを豊富にしていく。

それは寝技でも同じことだ。
なぜか寝技の打ち込みは大ざっぱ数回しか行われない。
投技の打ち込み100回くらい誰でも行っているが、
寝技は10回行わない日もあるのではないだろうか?

寝技の打ち込みでも大切なのは立ち技と同じだ。
正確に、早く、力強く、そしてバリエーションを豊富にする。

技術が身についていないウチは乱取りなんて少しで良い。
様々な状況を設定し、バリエーションを豊富にする。是非そこに腐心して欲しい。
必ずしも寝技の打ち込みを寝姿勢から行う必要は無い。
言わずもがな、柔道は立ち姿勢から始まるからだ。

最近私はこう考えている。

  1. 理合いを学ぶのが「形」
  2. 技を練るのが「打ち込み」
  3. 技の乱れを取るのが「乱取り」

嘉納師範が講道館柔道を創設後、普及するにしたがって直接指導する機会が減ったという。
そこで効率的に技の理合いを伝える術として「形」の指導が行われた。
「形」には技の理合いが凝縮されている。
「固の形」をしっかり演じることができれば、それはすでに相当な技量を有していると言っても過言ではない。

形の所作を省略(簡略化)したのが「打ち込み」とも言える。
「形」で理解し、「打ち込み」で身体に染みこませる。

現在の稽古は「乱取り」に偏向しているように思う。
もう一度、打ち込みと形を見直して頂きたい。




余談だが、最近、私が指導のテーマにしているのが「寝技の打ち込み」だ。
特定の「スペシャルな技」ではなく、必要な『体捌きを身につける打ち込み』を
考案している。

なぜそんな動き方をするのだ、なぜそこでこう動けないのだ?
自分にできて、選手にできない動きとは何なのか?
テーマを与えてくれるのは選手や、生徒たちだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

手放したチャンス

1999年のこと。
全日本学生体重別、最後のチャンスで優勝した私は、講道館杯で3位入賞した。


その後ハンガリー国際をオール一本勝ちで優勝し、その翌週チェコ国際に挑戦した。
この時、帯同したコーチからこんなことを言われた。

チェコでも優勝したら、2大会連続優勝でA強化になるぞ

オリンピックイヤーの講道館杯、欧州遠征を経て、福岡選抜で代表は決定される。
その大会にA強化で出場する。
つまりそれはオリンピック代表が射程圏内ということを意味する。
それにはチェコ国際でも優勝することが必須条件だった。

階級を変更して1年にも満たない私には勢いがあった。
そして減量もなく、守るものもなく、のびのびと試合をしていた。

チェコ国際でも順調に勝ち進み、準々決勝で
当時、世界的強豪だったレワジシビリ選手と対戦する。

私の競技人生で、ある意味、重要な転機となったこの試合は
開始直後から波乱の展開となる。

いわゆるケンカ四つから片襟片袖の変形組み手で間合いを詰めてきた
レワジシビリ選手に対して、私は片襟だけの体落で投げる。

一本!

主審の宣告に雄叫びを上げた。

そして開始線に戻ろうと顔を上げた瞬間、イヤなものが視界に入った。
椅子に座る副審が水平に腕を上げていた。

(技あり?!)

振り向くと、もう片方の副審が「技あり」のジェスチャーをしていた。

しまった!!!

そう思ったとき、レワジシビリ選手はすでに立ち上がっていた。
そして守るべきもの(技あり)を唐突に保持してしまった私と、
それを追いかけるレワジシビリ選手。
勝敗は時間を1分以上残して決した。

指導の累積4回による「反則負け」である。
なりふり構わない相手の猛烈な組み手に対し、私は応戦できずに組み潰され、
なすすべなく指導を累積してしまった。

疲弊した私は3位決定戦までたどり着くものの、そこでも疲れ果て、
罰則によって敗退、メダルにも届かなかった。

(機関誌「柔道」より抜粋)
0004

指導者になった私が常々言っていることのひとつに
「投げ捨てるな固め技で極めろ」と言うのがある。

投技の評価は審判が主観で行う。
そこは間違えることもあるだろう。
見る角度によって違うこともある。

寝技にはそれがない。
勝ったか負けたかは選手同士で決める。いわゆる「まいった」だ。
唯一「抑え込み」の判断だけは主審に委ねられるが、それほど難しいものでもない。
そして抑え込みの評価は秒数によるものだから判断も簡単だ。

寝業師として、そのことを十分に理解しているはずだったのに。
あのとき、何故私は極めにいかず投げ捨ててしまったのか。
悔やんでも悔やみきれないあの一戦は、私にとって重要な教訓となった。

私が手放したのは相手の襟ではない
私の競技人生に関わる重大なチャンスを手放してしまったのだ

技の評価を決めるのは選手ではない。

投げて一本
固めて一本
二本取り

これを心がけるべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

幼児に試合は必要か?

私が所属する区の大会では「幼児の部」があります。
ただでさえ小さい子は可愛いですから、道衣を着ている姿はもっと可愛らしいです。

しかし、私は試合をさせる必要はない!
と思います。

リンクをした試合の動画は、再生回数も多く、沢山の方がシェアしました。
地元の区大会でも同様の光景が見られます。

しかし礼法、技、受け身、恐らくはルールも分かっていないでしょう。
これが試合という認識もないと思います。
そんな小さな子に試合をさせる意味があるのでしょうか?
可愛いがゆえに、周りの指導者・保護者の自己満足ではありませんか?

そもそも、必要な技術、作法を殆ど身につけていません。
これで競えますか?
もし仮に、もう少し体格差があって、礼とともに猛ダッシュ、突き飛ばされて頭でも打ったら事故になりかねません。
事故を目の当たりにして、子供達は柔道を続けるでしょうか?

試合をするのはもう少し、技術が身についてからでも充分だと思います。

例えば「投の形」の最初の浮落までやってはどうでしょうか。
まず礼法があり、崩し、そして受け身、これを受取交互に行います。
必要であれば、もう一つくらい得意技を入れてもいいでしょう。

そこまでやったら順位をつけず、参加賞として全員にメダルとか、新品の白帯を贈ってはどうでしょう。

まずはそこがハードルとなり、そこをクリアしてから次年度に試合をしても良いと思います。
いつか初段を受験するときも、この時の経験が「形」への抵抗感を和らげてくれるのではと思います。

柔道において勝ち負けは最重要項目ではありません。
まずは事故や怪我がないこと。
正しい受け身と礼法、それに加えて投技と固技を習得させる。
試合をさせることは簡単で盛り上がります。
これからは運営側、指導者も工夫する必要があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

テッポウ返し

国際ルールにおいて、2014年から正式に「抑え込みが20秒で一本」となった。
30秒から25秒、20秒と短縮されてきた抑え込みは今後も短縮される可能性を否定できない。

あくまで私見だが、現在、固技は寝際を重視したシンプルな技術が流行している。
それほど練られていないと思われるような技術であっても一本に繋がるのは、
逃れる技術もまた練られていないためだろう。

その背景には、下半身への攻撃を一切禁止するといった急なルール改正により、
攻撃の糸口を固技に見いだすしかなかった苦しい懐事情も窺える。

ところで、私は抑込技を指導する際「テッポウ返し」の打ち込みを欠かさない。
受講者は「逃げ方よりも抑え方」を欲するのだが、それには訳がある。

前述の通り、抑え込み時間が短縮され、未熟な抑込技でも一本が取れるようになった。
これは逃れる技術も未熟であることが原因であると考えられる。
だからこそ、鉄砲返し(逃れ方)を学ぶのだ。

抑えては返され、返して抑え込む。

 

なんども繰り返す中で、抑え込む際に不可欠な重心の位置、
返されてしまう方向を身体で覚えるのだ。
結果的に抑込技の安定感は向上するだろう。

ところで「テッポウ返し」の語源とは何だろう?
美味しそうに見えて軽く食いつくと痛い目に遭う「ふぐのテッポウ」が由来という説
返そうとする様がそのまま鉄砲(テッポウ)を握ったような体勢だからという説
それぞれあるが、明快な答えはまだない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

技術の因数分解

私は数学が苦手だが、柔道の技術、体捌きについては
頻繁に【因数分解】をしている。
この因数分解を指導の際に意識するようになったのは
少年指導に携わるようになってからだ。
S11

一つの技を一気に教えても、理解できて使えるのは天才だけだ。

一つの技を3つくらいに分解すると、高校生、大学生は理解できる。

それでも理解できない人には、さらに技術・体捌きを分解する。
できるだけ分解していくと、個々の動作は意外とシンプルだったりする。
個々の動作だけなら「できる!」ことを実感する。

分解する能力と、受講生に応じた個々の与え方は
指導者の力量が問われるところだろう。

これら個々の動作をしっかり身につけ、あとは組み合わせていくだけで、
一流選手と同じような技術になる。
秋本スペシャルも加藤スペシャルも、阿蘇返しも、
細分化していくと基本的な技術に少しのアレンジを加えただけだ。

イメージは以下のようなものだろうか。
基礎➕基礎➕基礎=一流の技術
基礎➕基礎=応用
応用➕アレンジ=得意技

※洗練された一つの動作はそれだけで一流の技術ともいえる

基礎運動として行うような後転やエビ、腕を縛るといった対人動作、
抑える、絞める、極める。
どの技術にも基礎・基本を加減するだけで独自性が生まれる。
だからこそ基本が大事で、個々の動作ひとつを正確に素早く行えなければならないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

カチカチ踵にBaby Foot

ちょっとした悩み
裸足で乾燥した道場を動き回るので踵がガチガチです。
ヤスリで削ったり、クリームを塗ったり色々試しましたが効果はあまりありませんでした。

そこで今回試したのがBabyFoot (ベビーフット) です。
薬液の入ったビニール袋に1時間浸すと、その後1週間程度で皮がベロりと剥けて
ガチガチが解消されます。 本当に綺麗さっぱりとします。 

難点は剥け始めは何かの皮膚病かと思われるほどボロボロ剥ける点です。
この期間、人前では裸足にならない方が良いでしょう。
でも効果のほどは素晴らしかったので、定期的に使っていこうと思います。
Photo 1 2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

金色のダルマ

明けましておめでとうございます。
元日は地元・西新井大師で初詣をしてきました。

宝寿司がやっていた頃、正月になると父親と一緒に商売繁盛のための
ダルマを買いに行くのが恒例でした。
しばらくはダルマを購入することもなかったので、今年は金色の購入してみました。
なぜ金色なのかといえば昨年、教員大会(銅メダル)、形(銀メダル)だったので
優勝(金メダル)できるようにと願をかけて購入しました。

本来「金色」のダルマは「金運」にご利益があるそうです。
1200円のところをおまけしてもらい1000円で購入していましたが、
帰り道に他のダルマ屋を見たら、同じダルマが【800円】で売っていました。
ご利益ないじゃん・・・

1491162_718733558137014_2073463269_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

2013年を振り返る

2013年が間もなく終わろうとしています。
振り返ってみれば今年もまた重要な365日でした。
そんな2013年を振り返ってみます。

●生活指導主任になる
「生活主任…小室先生!」と言われた時はまさに青天の霹靂、冗談かと思いました。
それでも周りの先生方に支えられ、1年過ごすことができました。

●徳原先生の還暦祝いを企画運営する
2月にこの任務を授かった時は血の気が引く思いでした。
それでも組織委員の仲間たちが個々の能力を発揮し、先輩や後輩たちに支えられ、無事に執り行うことができました。
残念ながら私自身は出張で出席できませんでしたが、後日、徳原先生との打ち上げで「ありがとう」と笑顔で言っていただけた時は苦労が報われた思いでした。

●新車(プリウスα)とマンションを購入
念願だったハイブリッド車を購入、内装も拘ってみました。
マンションは自分が生まれ育った地域で100m2超、それでいて購入可能な価格、という条件をクリアする物件はひとつしかありませんでした。
ここしかない!という物件を思い切って購入、もちろん35年ローン、長生きしなきゃいけません。
920a422c379209b035e6286b37a8a3ac0_2 Photo_2











●六段の試験に合格する(講道館護身術に挑戦)

目標よりも2年遅れで六段に挑戦、いつも寝業稽古をつけてもらっている林俊介さんと組んで護身術を行いました。
固の形に限らず、護身術も奥が深く面白かったです。新年鏡開きをもって六段昇段ということなので、それに備えて購入した絹の紅白帯を購入しました。
ちなみに都市大付属のズッコケ柔道部員(高校3年生)4名も無事に初段取得に成功しました。
彼らがしっかりと投の形を演じきった時は不覚にも落涙してしまいました。

●教員大会に出場、3位になる
もはや私に出番があるとは思いもしませんでしたが、縁があって召集がかかりました。
個人的には3勝1分けという結果でしたが、チームが負けた準決勝戦は、
私が引き分けてしまったことが敗因でした。
来年は是非ともリベンジをしたいと思い、継続して鍛えています。
この時、久々に減量をしましたが、隠れていた腹 筋と久しぶりの再会を果たしました。
543678456284 Photo

 

 





●全日本形に出場するも形競技で初めて負ける
いつかのインターハイ予選、あの日の選抜体重別、
あの時以来、絶対に負けられない勝たなきゃいけない一戦。
今、ここでしょ!という大事な一戦を落としてしまいました。
敗戦後、数ヶ月はずっと続けていた練習も止めてしまいました。
でももう一度頑張ります。
高野先輩と日本一、アジア一、世界一を奪還します!

●出張指導に奔走
この記事は降雪の影響でなかなか出発しない秋田空港で書きました。
今回のように今年もまた多くの場所に行かせてもらいました。
ニュージーランド、スペインといった海外の他、島根県、川崎市、神奈川県、横浜高校、
母校・筑波大学、慶応大学、日本大学、道都大学、そして毎週の淑徳中高大。
今回、視覚障害者柔道の寝技担当コーチとしても招聘されました。
いつ行ってもまた同じ内容かと言われないよう、
日々勉強して効果的な寝技指導ができるよう努力したいと思いますます。

2012年4月から翌3月までの2012年度、私の柔道人生で最もその活動が停滞した1年でした。
それでも時は流れ、生徒や娘は成長し、私は競技から離れました。
そして2013年度、私は遅れを取り戻そうと心(新)機一転、懸命に走り抜けました。
新たな職務、新たな任務、新たな車、新たな家、新たな場所での指導、新たな段位、新たな挑戦、そして新たな命!(はもう少し先です)
今年1年を漢字で表すならば、それはもうthunder「新」thunderしかないでしょう。

達成できたことも、出来なかったこともありました。
それでも全力で頑張った1年であったことは確かです。
2015年、私の人生でやり残した大きな挑戦をすべく2014年は着実に、
そしてまた全力で生きていこうと思います。

みなさま良いお年を!
また来年も宜しくお願い致します。
1387876_686146198062417_713335081_n 1002154_704555892894893_1265734932_ 9381_349532565175434_1564759999_n

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧