形について

2014年11月28日 (金)

幼児に試合は必要か?

私が所属する区の大会では「幼児の部」があります。
ただでさえ小さい子は可愛いですから、道衣を着ている姿はもっと可愛らしいです。

しかし、私は試合をさせる必要はない!
と思います。

リンクをした試合の動画は、再生回数も多く、沢山の方がシェアしました。
地元の区大会でも同様の光景が見られます。

しかし礼法、技、受け身、恐らくはルールも分かっていないでしょう。
これが試合という認識もないと思います。
そんな小さな子に試合をさせる意味があるのでしょうか?
可愛いがゆえに、周りの指導者・保護者の自己満足ではありませんか?

そもそも、必要な技術、作法を殆ど身につけていません。
これで競えますか?
もし仮に、もう少し体格差があって、礼とともに猛ダッシュ、突き飛ばされて頭でも打ったら事故になりかねません。
事故を目の当たりにして、子供達は柔道を続けるでしょうか?

試合をするのはもう少し、技術が身についてからでも充分だと思います。

例えば「投の形」の最初の浮落までやってはどうでしょうか。
まず礼法があり、崩し、そして受け身、これを受取交互に行います。
必要であれば、もう一つくらい得意技を入れてもいいでしょう。

そこまでやったら順位をつけず、参加賞として全員にメダルとか、新品の白帯を贈ってはどうでしょう。

まずはそこがハードルとなり、そこをクリアしてから次年度に試合をしても良いと思います。
いつか初段を受験するときも、この時の経験が「形」への抵抗感を和らげてくれるのではと思います。

柔道において勝ち負けは最重要項目ではありません。
まずは事故や怪我がないこと。
正しい受け身と礼法、それに加えて投技と固技を習得させる。
試合をさせることは簡単で盛り上がります。
これからは運営側、指導者も工夫する必要があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

アジア柔道形選手権大会

昨年の全日本形選手権で私たちはペア結成以後、初めて負けました。

その後2月に行われた強化合宿、及びアジア形代表選考会では勝利し代表権を得たものの、
最終選考会では敗れ、世界の代表は逃しました。
もう私たちの時代が終わったことを感じました。

アジア大会が開催されるタイでは、治安情勢の影響で開催が延期になっていました。
何度か延期を繰り返し、そして11月になり、ようやく開催にこぎ着けることができました。

今回、直前に東京都からの企画でロシア・トムスクを訪問していたこともあり、
ワガママを言って全日本チームとは別便で(ギリギリまで授業をして)タイに向かいました。

ロシアでは最低で-20℃の世界でした。
日本も冬とはいかないまでも、朝晩は寒さを感じる季節になりました。
そこから真夏のタイに行ったものですから大会当日は一日中頭が痛く、
暑さにやられてしまったようです。

さて抽選の結果、演技は1番最初でした。
おそらくは採点競技として最悪の順番です。
各技を10点満点で採点していきますから、11点、12点という採点はあり得ません。
最初の演技者で高い点を出すと、以降の演技で高止まりしてしまうため、
最初は抑えめに採点するのが採点者の心理です。
そういった意味では、最も不利な順番だったと言えます。
つまりは「運も実力のうち」ということになります。

しかし負けるわけにはいきません。
どんな演技だったかは動画で判断してください。

横四方固めの際、私の右膝が滑ってしまうなど、
若干のミスはありましたが、ほぼベストな演技ができました。
久しぶりの形競技だったので、ずいぶんと緊張し、汗をかきました。
おそらくは暑さのせいだけでは無いと思います。

採点競技の怖いところは、結果が出るまで何が起こるか分からないところ。
自分でベストと思っても、どんな減点をされているか分かりません。
1番最初だったのでひたすら他の演技が終わるのを見続け、
集計を待ち、そしてポンッと画面に結果が表示されました。
2014

お陰様で優勝することができ、やった!
というよりは安堵したという方が大きかったと思います。
結果的に、全日本チームは全種目制覇を達成しました。

2014_3 2014_4

さて最後にご報告いたします。
今回の挑戦で私たちペアは解散します。
私自身は「形競技から引退」します。

形競技に出会って、柔道家としての視野がずいぶんと広がりました。
これまでご指導頂いた先生方、応援して頂いた皆様、共に演じてくれた髙野先輩
ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

2013全日本柔道形競技会

全日本形への挑戦が終わりました。
結果は2位でした。
髙野先輩とペア結成以来の連勝は記録は、今日途絶えてしまいました。

個人的な理由で、今まで出場したどの大会よりも今日だけは絶対に勝ちたい、
負けられないと思っていました。

自分たちではベストな演技を披露したつもりで、
実際82点と過去4回出場した中で最高点でしたが、結果は及びませんでした。

応援して頂いた皆様、ありがとうございました。
そして、負けてしまってごめんなさい。

全柔連HP
http://www.judo.or.jp/article-reader/internal-1.0.php?id=2078-2013katacompetition
584379047409 584379035016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

六段形試験・講道館護身術

皇宮警察・榎八段の指導による3日間の形講習を経て、
9/6((金))講道館にて六段の試験を受験してきました。

試験は講道館護身術を受取両方演じることが課題で、
私は同じ受験生で昼柔術や寝業研究会でお世話になっている林俊介さんと演じました。

2人とも早い時期から形の練習に取り組んでいたため、
順番を間違えるなど大きなミスをすることなく、無難に演じきることが出来ました。

演技中、髙野先輩が凄い笑顔で廊下から覗いていたので、
なんだかリラックスしながら演じられました。

これでとりあえず形の試験は合格とのこと。
今後、講道館による最終審査を通れば来年1月の鏡開きで行われる
昇段証書授与をもってはれて六段取得となります。

五段取得から9年、少々つまずいてしまいましたがなんとか紅白帯を締めることが出来そうです。
周りからも認められる柔道六段になれるよう、今後もしっかり勉強していきたいと思います。

一緒に演じてくれた林さん、形のご指導を頂いた先生方、ありがとうございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

2012アジア柔道形選手権大会

2/24(金)、午前の授業を済ませ足早に講道館に向かうと、
着いたのが集合時間の20分前だった。
しかし侮ってはいけない、この集団はせっかちだ。
案の定、10分前には全員が集合し、6分前には結団式が始まった。
つまり5分前では遅いのだ!(昨年の5分前の5分前事件参照)

講道館で出発前の最終調整と演技を済ませ、私はいったん自宅に戻り、髪を切りに行く。
今回は羽田空港から深夜初の便だったのだが、なぜ14時に集合なのかは甚だ疑問であった。
しかし、そんなことを質問してはいけないことは充分承知している。

羽田空港で最後の和食を摂り、空路で約6時間、真冬の東京から灼熱のタイ・バンコクに到着した。
この気温差は凄まじいものがある。
午後から扇風機が1台あるだけの道場で調整練習をするが、
受け身をしただけで頭がクラクラし、大粒の汗が吹き出した。
420405_192427084197272_100002899460
試合前2日間の調整を経て、大会当日、やはり集合時間の20分前には備えていた。
(繰り返すが5分前では遅いのだ!)

今回は予選を行わず、1発勝負となった。
固の形は最強のライバル・イランが世界2位の組に加え、
新人の組を加えて2組を投入したほか、ラオスや韓国も新規参入して7組で争われた。
5種目中、固の形から競技が開始され、私たちは4番目に演技をした。
畳は日本とは違い1m ×2mとなっており、若干大きくなっている。これにより、歩幅や立ち位置を調整しなくてはならない。
また、今回は畳の配置が日本のそれとは異なっていた。 わずかな違いではあるが、
そのわずかな差が勝敗に大きく影響することを、我々、形の競技者はよく知っている。

そのせいか、いつも以上に緊張したように思う。
当然、日本を代表しての国際大会だ、緊張しないわけはない。
また緊張感がなくては練習以上の演技をすることはできない。
失敗は許されない、負けたらそれで終わりという緊張感が練習を超える力を発揮し、雰囲気を醸し出す。
緊張感をうまくコントロールしながら、演技を行った。

毎回「これが世界最高の演技だ」と思いながらも、あとから見返すと改善点が多々あるものなのだが、今回も現状では最高の演技ができたと思う。

最初の袈裟固、次の肩固、この時点でいつも勝利を確信する。
違いは音だ。
静寂の中、すり足で畳を擦る音が聞こえ、私が全身に力を込め合図をすると、攻防が始まる。
途端に、身体のどこからか聞こえる音が、畳を介して音を会場に響 かせる。この音が、他の組とは決定的に違う。
(と思っている。これは残念ながら映像では伝えることはできない。是非、実際にその目と耳で確かめて欲しい)

今回も最初の二つの技で、勝利を確信し、実際にその通りになった。
私たちは大会2連覇を達成した。

高野先輩はたった1回の演技でも筋肉痛になるという。
それだけ形(カタチ)ではない、本気の演技、攻防が表現されているのだ。
その緊張感、疲労感は実際に形の競技を体験してみないとわからないものだ。
演技の後のリラックスした姿を、ラオスの選手たちが激写していた。
(ただの居眠りではあるが…)
Photo

今回も日本チームは、5種目全ての形で優勝を果たすことができた。
それと同時に、柔の形でタイが3位に入った他は、イランが表彰台を埋め尽くした。
つまりイランは全ての形で2組を投入し、そのほとんどが日本に準ずる位置をキープしているのだ。
これはアジアだけでなく、昨年の世界選手権でも同様だった。
日本が同じように2番手、3番手を投入したととしても、表彰台を独占できるかは、
彼らの演技を見る限り容易ではないだろう。
P1030199_2 P1030206




こうして私たちは、無事に連覇を達成することができた。
まずは授業がある中、快く送り出してくれた都市大学付属関係各位、
またいつもご指導賜っている講道館・全柔連の皆様、
そして最高の受けをもって演じてくれた高野先輩に深く感謝したい。

これからは連覇もさることながら「地味でおもしろくない」といわれる
固の形の普及・理解に尽力したい。
そのためにはまず、形の競技会だけでなく、いろいろな場所で演じる機会をいただけたらと思っている。
きっと「地味でおもしろくない」という固定概念は払拭できると信じている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

2011全日本柔道形競技大会★3連覇達成

久しぶりの更新です。

10/23(日)講道館の大道場で行われた
全日本柔道形競技大会に、世界チャンピオンの「推薦枠」で出場してきました。
当然のごとく優勝候補でしたが、そう甘くないのが形の世界です。
事実、固の形強化選手である東海地区の松川&杉山さんペアは地区予選で敗退、
北海道地区代表の清野先輩&工藤さんのペアは演技をやり直したため
得点が半分となり、惜敗しました。

結果的に私たち以外の強化選手が敗退する中、
また不利と言われる前半の演技順でもありましたが77点でshine優勝(3連覇)shine
することができました。初優勝した時は69点、昨年は75.5点・・・

一応、順調に点数は伸ばしてきていますが、目標である80点まで到達できませんでした。
ある先生からは「キレがなかった」と言われましたし、ある演技には「間違いだ」と指摘されました。

私たちは「躍動感のある力強い演技で魅せる」ことを信条としていますが、
一方で、やり過ぎているという見方をされることがあるのかもしれません。
Dsc_0047 Dsc_0019 Dsc_0060

さらに今回は足の滑りが悪く、摺り足が上手に出来ませんでした。
緊張感はあった方が力強い演技が出来るのですが、
今回は私が少々リラックスをし過ぎていたかもしれません。
そういった反省も踏まえ、もう一度初心に返って、謙虚な気持ちで練習をやり直したいと思います。

先日、先代世界チャンピオンの中橋先輩と話をする機会がありました。
その席上「形は連覇することよりも、何種類制覇するかに意義がある」という
言葉を頂きました。確かに、乱取り試合とはそういった点で違いがあると思います。

一方で私は、固の形を通じて「地味で面白くない」というイメージを払拭したいという思いがあります。
8月末、ジュニアスポーツアジア交流大会(東京武道館)で演技をさせてもらいました。
その時、足立学園の後輩や徳原先生ほか、多くの先生方に見ていただきましたが、
多くの方から「固の形があんなに派手だとは思わなかった」「迫力が凄かった」
という言葉をいただくことができました。

形も案外、面白いんです。
固の形は決して地味じゃないんです。

それが柔道界に浸透するまで、あるいは負けるまで、私と高野先輩は演じ、そして勝ち続けるつもりです。
S

今回も応援、撮影と多くの方のご支援を頂きました。
やった!というよりはホッとしたというのが正直な心境です。
また頑張りますので、今後とも宜しくお願いします。

P1020724

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

2011世界柔道形選手権大会を終えて

「今回優勝すれば自分たちの時代になる」

昨年の優勝は勢いとビギナーズラックだと思っていた私達は、
自分たちの実力を確固たるものにするために、
今回だけは絶対に負けられないと、選考会から必勝の心構えで臨んできました。

また出発当日の朝、担任をするクラスの生徒からは激励の寄せ書きをもらいました。
それまで、「良い成績が残せるように」とか、「ベストを尽くします」という表現しか
使わないようにしていましたが、思わず『先生は必ず金メダルを持って帰るからな!』
と宣言してしまいました。またひとつ、負けられない理由が増えてしまいました。
Photo_2

14日の大会当日まで、現地では2日間の調整期間がありましたが、
地元の綺麗な道場を拝借することができました。

調整練習とえば、私達には一貫した考え方があります。
それは「本番に勝る演技を練習では出せない」ということです。
練習は練習でしかありません。
もちろん、練習では本番に近い集中力をもとめますが、それ故に毎回1回だけしか演技しません。
それはやり直しができない、本番を想定してのことです。
実際、本番での高野先輩の逃げようとする力は、練習のそれとは比較にならないほど速く、力強いです。

今回もそれは徹底していました。
おそらく今回出場したペアでは唯一ではないでしょうか?
私達は大会当日、自分たちの演技まで、一度も組み合っていません。
普通、大会当日ともなれば本番までに一度は通し稽古をするものです。
しかし私達は、それすらもしませんでした。
決勝戦前などは、直前までそれぞれが別々の場所でウォーミングアップをしていて、周囲を心配させたほどです。

集中力を極限まで高め、攻防の一体を魅せる。
高野先輩は大会後、こう言っていました。
「形とはいえ真剣勝負、小室の抑え込みを返してやるぐらいに思っていた」
Photo

それでも私は逃がしません。
だからこそどこよりも力強く、迫力のある演技を魅せることができるのです。
ある観客が言っていました。
「小室・高野ペアだけだよね、本気で絞めて、極めているのは」
そうなんです。形の演技だからこそ、形(カタチ)だけでは魅せる演技はできないのです。

そして本番。
今回は昨年のようなトラブル(私が一瞬、我を忘れてしまう)はありませんでした。

唯一、決勝戦の演技中、上四方固に入る際、高野先輩を見ると首筋に縮れた毛が一本張り付いていました。
誰の縮れ毛か、なぜそんなところに張り付いていたのか、全く分かりませんが、思わず心の中で
「先輩、勘弁してくださいよ・・・」と呟いていました。
S

そんなトラブル(?)は全く気にせず、予選はもちろん、決勝も最高の演技をすることができました。
今回は全てにおいて「キレ」を発揮して魅せることが出来たのではないかと思います。

昨年は代表合宿の頃から「中橋の達の演技は~」と先代チャンピオンの演技と比較され、
それを追従するように指導されてきました。

それに対し、高野先輩は「中橋達は受け(防御)を魅せていた、俺たちは小室の取り(攻撃)で魅せる」
と方向性の違いを固持してきました。
今回2連覇を達成し、気付いてみれば「中橋達は~」という言葉は全く言われなくなっていました。
それはつまり「自分たちの時代になった」このとの証明ではないでしょうか。

これからの自分たちは、ペア結成以来、演技会・選考会で一度も負けていない連勝記録(9連勝)をどこまでも続けていくこと、
それと「地味で面白くない」と言われ、7種の形の中で唯一、大会等で殆ど演技されることのない
「固の形」のイメージを払拭することにあると思います。
Sp1020399

今回は8/28(日)東京武道館で開催されるアジアネット(東京都主催の高校生国際大会)で披露させていただける機会を得ました。
試合と共に、どうかご観覧下さい。

最後になりましたが、今回、都市大付属の教職員及び生徒の多大なるご理解とご支援のもとで出場させていただきました。
ここに厚く御礼申し上げます。
またご指導いただいた小志田先生、福島先生、そしてドン松井監督、
そして最高の受けを演じてくれた高野先輩には深く感謝いたします。
P1020449 P1020454 P1020451_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)