« 関節技の技術紹介 | トップページ | 2015年を振り返る »

2015年10月15日 (木)

十字固めの打ち込み(スイッチ式)

拙著では「寝技の打ち込み・腕挫十字固(カナダ式)」と紹介している技術です。
なぜカナダ?と思われるので今回は「スイッチ」と表現しました。
この打ち込みはバンクーバーに行ったとき、
カナダ人指導者のスティーブ先生から教えてもらいました。

十字固を施す際、上手くできない人ほど腰高でスキマができてしまいます。
逆に私は稽古相手から「密着度が高い」と言われます。
立技には「間合い」があり、そこに崩しがあります。
寝技にも「間合い」があり、この場合は密着している(スキマが無い)ほど良いです。

手捌きだけ誤らないようにし、あとは受取で1点ずつ注意して取り組むようにしてください。
この打ち込みができるようになれば、密着度が高まり、逃れられにくい十字固ができるようになるでしょう。

1.腰の低い位置を保つ
2.受は相手を引き起こして助ける

|

« 関節技の技術紹介 | トップページ | 2015年を振り返る »

動画」カテゴリの記事

指導・セミナー」カテゴリの記事

コメント

たくさんのレクチャー動画ありがとうございますっ!
勉強させていただきました!

投稿: 0884 | 2015年10月22日 (木) 22時22分

>0884
出版してしばらく経ち、ネタも溜まってきたので少しずつアップすることにしました。
参考になれば幸いです。

投稿: 小室宏二 | 2015年10月23日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/62480123

この記事へのトラックバック一覧です: 十字固めの打ち込み(スイッチ式):

« 関節技の技術紹介 | トップページ | 2015年を振り返る »