« 2015年1月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月

2015年10月15日 (木)

十字固めの打ち込み(スイッチ式)

拙著では「寝技の打ち込み・腕挫十字固(カナダ式)」と紹介している技術です。
なぜカナダ?と思われるので今回は「スイッチ」と表現しました。
この打ち込みはバンクーバーに行ったとき、
カナダ人指導者のスティーブ先生から教えてもらいました。

十字固を施す際、上手くできない人ほど腰高でスキマができてしまいます。
逆に私は稽古相手から「密着度が高い」と言われます。
立技には「間合い」があり、そこに崩しがあります。
寝技にも「間合い」があり、この場合は密着している(スキマが無い)ほど良いです。

手捌きだけ誤らないようにし、あとは受取で1点ずつ注意して取り組むようにしてください。
この打ち込みができるようになれば、密着度が高まり、逃れられにくい十字固ができるようになるでしょう。

1.腰の低い位置を保つ
2.受は相手を引き起こして助ける

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

関節技の技術紹介

私の高校時代、関節技は禁止でした。
禁止というのは校内限定のルールです。
なぜ禁止かというと、抑込技や絞技は連続性がある反面、
関節技は失敗すると形勢逆転してしまうことが多いからです。

技術を2つに絞ることで、抑込技の基礎と絞技が徹底されました。
しかし、全くやらないとそれはそれで不便です。
ジャンケンで例えるところの「グー無し」でやっているようなものです。
それぞれの技術には特徴があり、それぞれをバランスよく身につけることで
攻撃の連続性、多様性が育まれるのだと思います。

私が関節技に取り組み始めたのは大学4年生の夏頃からです。
それまでは関節技を狙うことはもちろん、防御法もよく分かっていませんでした。
どこで誰に教わるということもないので、ひたすら自分で考えました。
ブラジリアン柔術に取り組み始めたきかっけも、当初はそれが目的でした。

柔道には投技に比べると、固技の指導法があまり普及していません。
関節技は特に単独の技術として普及しているものはありますが、
順を追ってステップアップしていく方法がありません。

そんな理由から、試験的に関節技の技術、打ち込み方法を紹介していきます。
現在は単発ですが、いずれは系統立ててまとめていこうと思います。






柔道・関節技入門(全14本)連続して視聴することができます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年12月 »