« 抑え込みのコツ(スーパー横四方固) | トップページ | Let's BJJ インタビュー »

2014年11月28日 (金)

幼児に試合は必要か?

私が所属する区の大会では「幼児の部」があります。
ただでさえ小さい子は可愛いですから、道衣を着ている姿はもっと可愛らしいです。

しかし、私は試合をさせる必要はない!
と思います。

リンクをした試合の動画は、再生回数も多く、沢山の方がシェアしました。
地元の区大会でも同様の光景が見られます。

しかし礼法、技、受け身、恐らくはルールも分かっていないでしょう。
これが試合という認識もないと思います。
そんな小さな子に試合をさせる意味があるのでしょうか?
可愛いがゆえに、周りの指導者・保護者の自己満足ではありませんか?

そもそも、必要な技術、作法を殆ど身につけていません。
これで競えますか?
もし仮に、もう少し体格差があって、礼とともに猛ダッシュ、突き飛ばされて頭でも打ったら事故になりかねません。
事故を目の当たりにして、子供達は柔道を続けるでしょうか?

試合をするのはもう少し、技術が身についてからでも充分だと思います。

例えば「投の形」の最初の浮落までやってはどうでしょうか。
まず礼法があり、崩し、そして受け身、これを受取交互に行います。
必要であれば、もう一つくらい得意技を入れてもいいでしょう。

そこまでやったら順位をつけず、参加賞として全員にメダルとか、新品の白帯を贈ってはどうでしょう。

まずはそこがハードルとなり、そこをクリアしてから次年度に試合をしても良いと思います。
いつか初段を受験するときも、この時の経験が「形」への抵抗感を和らげてくれるのではと思います。

柔道において勝ち負けは最重要項目ではありません。
まずは事故や怪我がないこと。
正しい受け身と礼法、それに加えて投技と固技を習得させる。
試合をさせることは簡単で盛り上がります。
これからは運営側、指導者も工夫する必要があると思います。

|

« 抑え込みのコツ(スーパー横四方固) | トップページ | Let's BJJ インタビュー »

動画」カテゴリの記事

形について」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/60727144

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児に試合は必要か?:

« 抑え込みのコツ(スーパー横四方固) | トップページ | Let's BJJ インタビュー »