« テッポウ返し | トップページ | 移動しないエビ »

2014年11月13日 (木)

アジア柔道形選手権大会

昨年の全日本形選手権で私たちはペア結成以後、初めて負けました。

その後2月に行われた強化合宿、及びアジア形代表選考会では勝利し代表権を得たものの、
最終選考会では敗れ、世界の代表は逃しました。
もう私たちの時代が終わったことを感じました。

アジア大会が開催されるタイでは、治安情勢の影響で開催が延期になっていました。
何度か延期を繰り返し、そして11月になり、ようやく開催にこぎ着けることができました。

今回、直前に東京都からの企画でロシア・トムスクを訪問していたこともあり、
ワガママを言って全日本チームとは別便で(ギリギリまで授業をして)タイに向かいました。

ロシアでは最低で-20℃の世界でした。
日本も冬とはいかないまでも、朝晩は寒さを感じる季節になりました。
そこから真夏のタイに行ったものですから大会当日は一日中頭が痛く、
暑さにやられてしまったようです。

さて抽選の結果、演技は1番最初でした。
おそらくは採点競技として最悪の順番です。
各技を10点満点で採点していきますから、11点、12点という採点はあり得ません。
最初の演技者で高い点を出すと、以降の演技で高止まりしてしまうため、
最初は抑えめに採点するのが採点者の心理です。
そういった意味では、最も不利な順番だったと言えます。
つまりは「運も実力のうち」ということになります。

しかし負けるわけにはいきません。
どんな演技だったかは動画で判断してください。

横四方固めの際、私の右膝が滑ってしまうなど、
若干のミスはありましたが、ほぼベストな演技ができました。
久しぶりの形競技だったので、ずいぶんと緊張し、汗をかきました。
おそらくは暑さのせいだけでは無いと思います。

採点競技の怖いところは、結果が出るまで何が起こるか分からないところ。
自分でベストと思っても、どんな減点をされているか分かりません。
1番最初だったのでひたすら他の演技が終わるのを見続け、
集計を待ち、そしてポンッと画面に結果が表示されました。
2014

お陰様で優勝することができ、やった!
というよりは安堵したという方が大きかったと思います。
結果的に、全日本チームは全種目制覇を達成しました。

2014_3 2014_4

さて最後にご報告いたします。
今回の挑戦で私たちペアは解散します。
私自身は「形競技から引退」します。

形競技に出会って、柔道家としての視野がずいぶんと広がりました。
これまでご指導頂いた先生方、応援して頂いた皆様、共に演じてくれた髙野先輩
ありがとうございました。

|

« テッポウ返し | トップページ | 移動しないエビ »

動画」カテゴリの記事

形について」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

講道館」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございまーす!!

投稿: 0884 | 2014年11月14日 (金) 01時51分

>0884
ありがとうございます。
いま軽く燃え尽き症候群です。

投稿: 小室宏二 | 2014年11月14日 (金) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/60640067

この記事へのトラックバック一覧です: アジア柔道形選手権大会:

« テッポウ返し | トップページ | 移動しないエビ »