« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

六段に昇段しました

皆様にご報告します。

今年1月12日(鏡開き)をもちまして六段に昇段いたしました。
5歳の時に柔道を始め31年(現在36歳)かかりました。
佑道館入門当初、教わっていた万代先生と同じ紅白帯を締めることになりました。

まだ新品の絹製の紅白帯(九桜)がぎこちない感じもしますが、
柔道家として六段の称号に恥じないよう
帯と気を引き締めて精進したいと思います。

昇段に際し、形の相手をしていただいた林俊介さんをはじめ、
形のご教授を頂いた榎先生、宮崎先生には大変お世話になりました。
改めて感謝申し上げます。
Photo

思い起こせば初段取得は中学3年(15歳)の時、北区で受験しました。
なんともあっけない、簡単な試験で拍子抜けしたことだけ覚えています。

その後、足立学園時代は受験が面倒で初段のまま卒業、
筑波大学1年の冬、段位を聞かれて「初段です」と答えると
小俣先生に「ばかやろう!中学生か!」と言われました。(確かに)

その頃から最短コースで昇段試験を受験しました。

二段の試験では、形の試験前、トイレに行っている間に試験が終わってしまい、
形をやってもいないのに合格、仲間から「うんこ二段」と呼ばれました。

三段の試験では、投の形を演じ、私の裏投で相手をした後輩が鎖骨を骨折しました。

四段と五段の時代は了徳寺学園に所属しており、千葉県で受験をしました。
「小室は現役だから大丈夫だな?」という理由で明らかに100kgを超えている方と
投の形を演じました。もちろん肩車も裏投もやりました。
試合では巴十字を仕掛けたら怒られました。

このとき、初段から五段まで、全ての試験で課題が「投の形」でした。
当時はラッキーだと思っていましたが、今になって思えば「固の形」や「極の形」に
接する機会を逸していたと思うと勿体ない気がします。

五段になり、初めて出場したのは全国高段者大会はペースが掴めず引き分け。
それ以降は「空気を読まずに試合をする」ことに決め、
17試合全ての試合で一本勝ちを収めました。

これまでは頑張って昇段することを目指してきましたが、これ以上は
頑張ってどうなるものでもありません。のんびり、長生きすることを目標に
やっていこうと思います。
Photo_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

金色のダルマ

明けましておめでとうございます。
元日は地元・西新井大師で初詣をしてきました。

宝寿司がやっていた頃、正月になると父親と一緒に商売繁盛のための
ダルマを買いに行くのが恒例でした。
しばらくはダルマを購入することもなかったので、今年は金色の購入してみました。
なぜ金色なのかといえば昨年、教員大会(銅メダル)、形(銀メダル)だったので
優勝(金メダル)できるようにと願をかけて購入しました。

本来「金色」のダルマは「金運」にご利益があるそうです。
1200円のところをおまけしてもらい1000円で購入していましたが、
帰り道に他のダルマ屋を見たら、同じダルマが【800円】で売っていました。
ご利益ないじゃん・・・

1491162_718733558137014_2073463269_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »