« 抑え込み20秒で一本(エビを使った打ち込み) | トップページ | 2013年を振り返る »

2013年12月 1日 (日)

親父の気持ち

今朝は巴との時間を少しでも増やし仲良くなろうという「NAKAYOSHI作戦」を決行しました。
嫁ロック抜きで、巴とあらかわ遊園に行きました。
ママ抜きの寂しさより、あらかわ遊園の楽しさが勝ったようで
何の問題もなく、全力で楽しんでいました。
これを少しずつ増やしていって、二人っきりでも出かけられるような
習慣を身につけていこうと思います。

ところで今回、ふっと私の親父の気持ちになって昔を思い出してみました。
小さい頃、学校が休みになれば早い時間に起こされ、
築地への仕入れに連れて行かれました。
各商店の店主に私が紹介され、またこの魚は○○という名前で、
どこどこで採れて、ここが何色だったら新鮮で美味しいとか、
魚の話を沢山聞かせてくれました。

しかし当時の私には興味がない話でしたので、アイスを買ってくれたり、
大好物だった吉野家の牛丼を食べさせてくれるから、
渋々ついて行ったというのが本音でした。
親父はきっと同業者に息子を紹介したり、将来の宝寿司二代目のことを考え、
連れて行きたかったのだと思います。
親父の願いとは裏腹に、私は後を継がず教師になり、
店は閉店(「宝寿司閉店のご挨拶」 )しました。

それはまさに今、私がそのうち巴を道場に連れて行きたいと思って、
二人で行動しているのと同じ動機だと気付きました。
巴の笑顔とは裏腹に、親父の気持ちが少し分かって
ギュッと胸が締め付けられるような切ない気持ちになりました。
1456914_703349329675437_566998552_n1483712_703349189675451_119366554_2 1468380_703349826342054_2102404836_

|

« 抑え込み20秒で一本(エビを使った打ち込み) | トップページ | 2013年を振り返る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/58678135

この記事へのトラックバック一覧です: 親父の気持ち:

« 抑え込み20秒で一本(エビを使った打ち込み) | トップページ | 2013年を振り返る »