« 六段形試験・講道館護身術 | トップページ | 私の朝食「アサイーバナナヨーグルト」 »

2013年9月 8日 (日)

六段受験基準「秀・優・良・可」

今週1週間は講道館で六段の形講習会及び試験が行われました。
五段取得から9年、ようやく六段取得まであと僅かとなりました。
これまで1年でも早く昇段せねばと思って貯めまくった点数は【18.1点】
それでも、獲得点数のうち選抜された大会の点数が【4.6点】しかないので、
やむを得ず「良」での昇段となりました。
「良」であれば9年6点なので、基準を3倍でクリアしています。

ところで選抜された大会というのは簡単に言えば「レベルの高い大会」なんですが、
この9年間での私の戦績を・・・

全国教員大会(2大会出場)8戦6勝1敗1分け
東日本実業団(3大会出場)10戦9勝1分け
全日本実業団(3大会出場)8戦6勝2分け
合計26戦21勝1敗4分け、これでも【4.6点】でした。


この中には講道館杯優勝者や、元強化選手も含まれます。
それにほとんどが無差別級でした。若くて強い選手は段位に興味ないんですよね。
この他に講道館・道友会の大会(五段の部)で3勝して優勝、
世界マスターズ30歳代前半73kg級で4勝して優勝などがあり、
形でのタイトルは多数有り(全戦全勝)です。
もっといえば

高段者大会は16戦して15勝1分け(14の一本勝ちを含む)でした。

それでも「秀・優・良・可」の4段階で
下から2番目の「良」です。

審査基準、厳しいです。

でもこれまでよく頑張りました。
形の審査も終え、あとは吉報を待つばかりです。

講道館HP「昇段資格」
http://www.kodokan.org/j_basic/shoudan_j.html

|

« 六段形試験・講道館護身術 | トップページ | 私の朝食「アサイーバナナヨーグルト」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/58147869

この記事へのトラックバック一覧です: 六段受験基準「秀・優・良・可」:

« 六段形試験・講道館護身術 | トップページ | 私の朝食「アサイーバナナヨーグルト」 »