« 敢えて回されて地獄絞(2013全国高段者大会) | トップページ | 2013全国教員大会出場報告 »

2013年7月10日 (水)

2013全日本実業団(岡山)ハリの死闘と腕挫腕固

6/15(土)、吉田秀彦さんの柔道復帰戦で話題になった全日本実業団に
今年も足立学園の同級生チームで挑みました。

ただ今回、宴会大将の伊藤が国外逃亡(海外出張)という逃げの姿勢で欠場、
4人での出場は認められないことからもと73kg級だった荒木君(中央大学OB)くん
が香川県に在職中ということで、急遽、助っ人として参戦してもらいました。

チーム構成は以下の通りです。

先鋒:小室(都市大学付属中高教諭)
次鋒:田崎(道都大学監督、「平成の指導王」)
中堅:高橋(千葉刑務所「平成の掛け逃げ王」)
副将:針谷(上州屋接骨院院長)
大将:荒木(会社員、中央大OB、チーム唯一の20歳代)
974975_618555661488138_1695030066_n

各自、金曜日の仕事が終わってから飛行機で岡山のホテルに集合し、
翌朝の試合に臨みました。

会場では「小室先生どうしたんですか?」という声を何度も聞かれました。
「同級生とチームを組んで試合に出る」と言うと、みんな一様に驚いていました。
確かにみんな今年で36歳、こんなチーム他にはないでしょうね。
ちなみに今回で全日本は3回目、東日本と合わせると6回目の挑戦になります。
(過去の記事:2009東日本実業団2010東日本実業団2010全日本実業団

さて開会式直後に行われた1回戦、三菱レイヨンとの対戦です。
会場には指導する淑徳大学のOGや、足立学園&筑波大学の後輩も見ていたので
醜態をさらすわけにはいきません。そういった意味ではリスクがあります。
しかし、今となってはその緊張感が楽しみだったりします。

とにかく肩の力を抜くことを意識した初戦、一度「待て」を聞いてから仕掛けようと思っていましたが、相手は右組の喧嘩四つだったので、立ったまま腕挫腕固を仕掛けます。
寝技、または内股を警戒して腰を引いてくれる相手にはとてもよく極まる技です。
持ち上げて逃げられそうだったので、足で手をコントロールして極めました。

幸先良いスタートを切れたからか、続く次鋒・田崎、中堅・高橋と連続して一本勝ちを収め、早々にチームの勝利を決定づけました。
これは20年前、まだ体重別が4階級しかなかった中学時代、東京、関東、全国は揃って準決勝敗退(3位)だった足立3中トリオを彷彿とさせる展開でした。

さてチームの勝利が決まったあとでの副将・針谷は体力を温存しておけば良いものを
ガチンコの接近戦対決で消耗の末、終了間際の一本負け、さらには試合後に
熱中症でゲロを吐くという体たらくでした。

その辺は空気を読んだ大将・荒木君、無理をせず引き分けチーム3-1の引き分けとしました。

2回戦は甲府刑務所との対戦です。
先鋒戦、私の相手を見ると山梨学院大学OBの20代、90kg級とのこと。
いつものことではありますが、寝技を厳重に警戒されてしまい、なかなか攻め込めません。
逆にそのおかげで相手に指導が2回与えられます。
結局は寝技で仕留めきれず、それが決勝点となり優勢勝ち、
しかしそれが後々、後悔することになってしまいました。

それは直後の次鋒・田崎の試合でおこります。
チーム結成来、私と田崎は引き分けてしまうことはあっても、負けることはありませんでした。
それがチームのポイゲとしては最低条件だからです。
しかし今回は、相手の見事な抱きつき小外で宙を舞ってしまい一本負け。

続く中堅・高橋も優勢負け、チームは1-2の劣勢です。
本来であれば、先行逃げ切りのチームですから、この状況は苦しいと言わざるを得ません。
まして副将・針谷はさっきまでゲロを吐いて寝ていたような男です。
しかし針谷は頑張りました。さすが自身の接骨院を背負って生きている男、気合いが違います。
「左に組むけど実は右技が得意」の彼は、意表を突いた右技で先制の技あり、
その後も攻め続けて最後は一本勝ちを収めます。

内容では負けていますが、なんとか大将・荒木君まで繋げます。
しかし73kg級の荒木君に対し、重量級の相手は引き分ければチームが勝利です。
なかなか組まない、組んでも冒険しない盤石な試合展開でがっちり引き分けられてしまいました。

これで結局、チームは2-2の内容で負けてしまいました。
惜しむらくは私が一本勝ちしていれば、逆に2-2の内容勝ちだっただけに、
ポリシーを捨てて優勢勝ち(指導2)に甘んじてしまった自分を恥じるほかありません。

こうして、今回の足立学園同級生36歳チームの挑戦は、
昨年と同じく2回戦敗退という結果に終わりました。

大会申し込み時点で「今回で最後にしよう」という話だったので、

私たち挑戦はこれで終わりとなります。

自分で言うのも何ですが、良いチームだったと思いますし、頑張ったと思います。
応援してくれたOBや教え子の皆さん、ご声援ありがとうございました!

<過去の主な成績>
2009東日本実業団(3部)3位
2010東日本実業団(3部)3位 全日本実業団(3部)4回戦進出

ちなみに来年は、静岡県での開催だそうです。
ウナギや温泉など、楽しめそうな場所ですね。車1台でも行けそうです・・・

|

« 敢えて回されて地獄絞(2013全国高段者大会) | トップページ | 2013全国教員大会出場報告 »

動画」カテゴリの記事

試合について」カテゴリの記事

足立学園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/57694489

この記事へのトラックバック一覧です: 2013全日本実業団(岡山)ハリの死闘と腕挫腕固:

« 敢えて回されて地獄絞(2013全国高段者大会) | トップページ | 2013全国教員大会出場報告 »