« コントレックス | トップページ | 組ませる柔道 »

2012年9月23日 (日)

名古屋大学vsブラジリアン柔術家 七帝ルール対抗戦

本日、名古屋大学において、名古屋大学対ブラジリアン柔術家による七帝ルール
対抗戦(20人戦)に出場してきました。
私は訳あって、柔術家チームの10番手として出場しました。

もともと私は「高専柔道の技術を礎にしている」と言いながら、その試合自体を
経験したことがありません。
特殊な環境でのみ行われる試合とはいえ、果たしてそれはどうなのか?というモ
ヤモヤが自分の中にはありました。そしてこの得がたい機会を与えてもらいました。

講道館柔道ほど立技勝負ばかりでなく、
ブラジリアン柔術ほど寝勝負ばかりでもない。
意外に「待て」の適用が多く、いままで経験したことのない
空間の攻防をしました。

そして改めて「分けで良し」とする相手から一本を奪うことの難しさを感じました。
今回はむしろ立ち勝負に勝機を見いだしたかったのですが、なかなか間合いを詰
めることが出来ませんでした。

結果は一人目で「引き分け」でした。
「抜き役」としての任務を果たせませんでした。
そしてチームも大差で負けてしまいました。

今回、企画に尽力して頂いた杉江大輔選手と、柔術家チームの皆さんには
大変お世話になりました。貴重な経験をありがとうございます。
そして来年は勝ちましょう!(果たして次回はあるのか!?)

|

« コントレックス | トップページ | 組ませる柔道 »

動画」カテゴリの記事

試合について」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
京都の公立高校柔道部の2年生です
僕たちの高校はよく京都大学へ出稽古に行かさせてもらい、七帝柔道を経験させて頂いてます。また、顧問の先生と先輩が柔術をしておられることもあり、稽古にもノー着を採り入れたり、ガードワークをしたりと寝技の方が立技より得意だったりしますsweat01
高専柔道の試合は引き込み有り、待て無しで、15人や20人での試合などがあり独特なものだと聞いていましたが、やっぱり講道館ルールとは大きく異なるんですね。その分、抜き役と分け役があり、チームの戦略があり、競技として充分楽しめると思うし、その中で多くの技が研究開発されて、現在に継承されてきたんですね。
抜き役のプレッシャーは相当なものであり、体力の消耗も激しく、想像以上に厳しいのでしょう。個人的には今回の高専柔道 対 柔術のイベントを京都武徳殿でもやって頂きたいです。その時には小室さんにもお越し頂いて、セミナーもして頂けたら幸いです(笑)

投稿: Vital Masaki | 2012年11月11日 (日) 15時51分

>Vital Masaki
高校生らしからぬ見事な文章ですね。コメントありがとうございます。
私も一度は京都武徳殿に行ってみたいと思っています。

投稿: 小室宏二 | 2012年11月12日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/55731000

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋大学vsブラジリアン柔術家 七帝ルール対抗戦:

« コントレックス | トップページ | 組ませる柔道 »