« 柔道ロンドン・オリンピック雑感(技術編) | トップページ | コントレックス »

2012年8月 6日 (月)

柔道ロンドン・オリンピック雑感(ランキング制)

今回のオリンピックでは、ランキング上位のシード選手が序盤で敗退するということが多く、ランキングの低いベテランや若手が活躍したのが印象的だった。

原因は様々だろうが研究された、という点と連戦による疲労という2点が主因ではないだろうか。

現在では日本も含め、各国試合映像を撮影し、分析する技術は相当なレベルにある。
日本人選手も対策はできるが、当然、対策もされてしまう。いわば情報戦でもあるのだ。
実際、女子柔道は寝技を得意とする選手が多いのだが、今回は寝技で一本を取るという場面が少なかった。

次にランキング制度導入による連戦の疲労である。
前述のように今回、ランキングは上位ではなく「五輪に出場できる位置にいれば良い」というスタンスであったベテラン選手、
または出場機会の少なかった若い選手の活躍が目立った。

ここで日本の方向性を確認したい。
「金メダル以外はすべて同じ負け」という価値観の日本柔道であるなら、
ある意味、ランキング上位をキープする必要は無いように思う。
理由は上記2つの要因があるからだ。
その上で、オリンピック出場圏内にできる限り多くの日本人選手を配置し、
多くの選手を代表候補にしたらどうだろうか。
選抜体重別はランキング代表圏内の選手だけで競わせれば良い。
そうすれば「優勝はしたけど、ランキング圏外なので」ということはなくなる。

もちろん「最低でも銅メダルは確保したい」というのであれば
シード権は確保したい。そうなれば一定数の試合でポイントを確保する必要がある。

ここで重要な課題なのは、強化選手であれども
【国際大会への出場機会は選べない】という点である。
多すぎるという選手もいれば、強化選手や選抜体重別の出場選手なのに、
殆ど派遣されない選手もいる。

繰り返すが試合に出続けるのは疲労や研究されるリスクに加え、
鍛錬期を逸するという恐れもある。
ランキング制度が導入され、初めてのオリンピックを終えた今、日本はこの制度にどう取り組んでいくのかを選手、指導やが理解し、方向性を打ち出すべきだと考える。

|

« 柔道ロンドン・オリンピック雑感(技術編) | トップページ | コントレックス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/55360671

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道ロンドン・オリンピック雑感(ランキング制):

« 柔道ロンドン・オリンピック雑感(技術編) | トップページ | コントレックス »