« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月 6日 (月)

柔道ロンドン・オリンピック雑感(ランキング制)

今回のオリンピックでは、ランキング上位のシード選手が序盤で敗退するということが多く、ランキングの低いベテランや若手が活躍したのが印象的だった。

原因は様々だろうが研究された、という点と連戦による疲労という2点が主因ではないだろうか。

現在では日本も含め、各国試合映像を撮影し、分析する技術は相当なレベルにある。
日本人選手も対策はできるが、当然、対策もされてしまう。いわば情報戦でもあるのだ。
実際、女子柔道は寝技を得意とする選手が多いのだが、今回は寝技で一本を取るという場面が少なかった。

次にランキング制度導入による連戦の疲労である。
前述のように今回、ランキングは上位ではなく「五輪に出場できる位置にいれば良い」というスタンスであったベテラン選手、
または出場機会の少なかった若い選手の活躍が目立った。

ここで日本の方向性を確認したい。
「金メダル以外はすべて同じ負け」という価値観の日本柔道であるなら、
ある意味、ランキング上位をキープする必要は無いように思う。
理由は上記2つの要因があるからだ。
その上で、オリンピック出場圏内にできる限り多くの日本人選手を配置し、
多くの選手を代表候補にしたらどうだろうか。
選抜体重別はランキング代表圏内の選手だけで競わせれば良い。
そうすれば「優勝はしたけど、ランキング圏外なので」ということはなくなる。

もちろん「最低でも銅メダルは確保したい」というのであれば
シード権は確保したい。そうなれば一定数の試合でポイントを確保する必要がある。

ここで重要な課題なのは、強化選手であれども
【国際大会への出場機会は選べない】という点である。
多すぎるという選手もいれば、強化選手や選抜体重別の出場選手なのに、
殆ど派遣されない選手もいる。

繰り返すが試合に出続けるのは疲労や研究されるリスクに加え、
鍛錬期を逸するという恐れもある。
ランキング制度が導入され、初めてのオリンピックを終えた今、日本はこの制度にどう取り組んでいくのかを選手、指導やが理解し、方向性を打ち出すべきだと考える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

柔道ロンドン・オリンピック雑感(技術編)

年に一度のオリンピックが終わりました。

色々メディアで報道されていることはあるが、私なりの雑感を記していきたい。

今回、まず気になったのが腕挫腋固である。これは2つある。
一つは喧嘩四つの体勢で、内股や払腰をかける、そこで決まらないとみると
相手の釣り手を抱えながら手首・肘を極め、内股巻込のようにして前転していく。
相手は当然、手が極まったしまうので回転しながら逃れる。
いわゆる「極め投げ」なので、投技としての効果は無いはずだし、危険である。
それでも相手が反応してしまうので、現状、審判は反則を適用できないでいる。
Photo_2
もう一つの腕挫腋固は、中国の女子選手が多用していた。
日本でも田知本選手がこれにやられてしまった。
まず腕を抱えて巻込技を狙う、これは取りあえず投げも狙っていく。
やや腰が入り過ぎるようにして仕掛け、潰れるとすぐさま反転して
腕挫腋固に連絡していく。
腕挫腋固が反則になるのは体重をかけて逃れられないようにした場合である。
したがってこれは反則にならないだろう。
日本人指導者は嫌う人も多いだろうが、私は投技と関節技を連結させた妙技と捉えている。
知っていれば対策も立てられただろうが、いきなりこれをやられると対応は難しい。

60kg級の決勝で平岡選手が掬投にいったところ、豪快に巻き込まれてしまった。
あそこは勝負しにいったところなので仕方の無いところだが、73kg級の決勝でも同じ場面が見られた。同じロシア人選手である。
外国人選手同士の試合では間合いが近いことが多く、掬投も多用される。
当然、その対策もしっかりとられている。チャンスと思っても誘われている可能性もある。リスクは覚悟しなければならないだろう。

男子73kg級決勝で、ロシア人選手が見せた中矢選手の袖釣込腰に対する
跨ぎ十字は素晴らしかった。最初から狙ったものではないかもしれないが、
あの反応の早さは相当の練習量と、常に極めにいく意識がないと出来るものではない。
あれを耐え、最後まで戦い抜いた中矢選手も賞賛に値する。
ただ怪我の影響なのか、最近、効いていた大外刈が見られなかったのは
怪我の影響なのだろうか?リスクを恐れたのか?
残念だったのは試合後、勝利したロシア人選手が中矢選手を跨ぎ、両手を広げて相手を見下ろしていたことだ。あれは柔道家としてやって欲しくなかった。

寝技と言えば穴井選手があっさりと抑え込まれた。
あの一試合を見て日本柔道の寝技を語るのは軽率だろう。
個人差が大きいからだ。

この件に関しては後述するが、相手選手の寝技は決して上手いものではなかった。
返し方、足捌き、抑え込み方についても力任せで雑だった。
では何故極まってしまったのか?

まずオリンピックで絶対に負けたくない(失敗したくない)という状況で、
不得意な寝技で安全策(亀姿勢の防御)をとったが、徹底しきれなかった。これに尽きる。せめて二重の足絡み、抑えられた後もエビをして差し戻すくらい出来なかったのだろうか?
おそらく、いくら立ち技主体の選手であってもそれくらいは出来るはずだ。
しかしそれが出来なかったというのは、オリンピックという一大イベントが彼から冷静さを奪ったのかもしれない。

付け加えると、亀姿勢の防御というのは、立ち技の組み手で例えるなら完全に組み負けた状態である。相手に好き放題攻められる状況で、審判による救いの手「待て」の宣告を待つだけという言わば逃避である。
団体勝負に主眼を置き「分け役」という戦術が存在する高専柔道・七帝柔道と、
私が取り組む「競技柔道」において「亀」に対する価値観だけは決定的な相違点である。
「現代柔道において亀姿勢の防御は安全策ではない」
ということは現役選手には強く伝えておきたい。

3年前のルール改正により足への直接攻撃が禁止された。それにより組み合わざるをえなくなった外国人選手は新しい技術の開発に苦心しているのだろう。
オーソドックスな投技を身につけるのは当然時間がかかる。

その結果、様々な(場合によっては反則ギリギリの)技術が繰り出されている。
寝技に活路を見いだした選手もいるようだ。
本当に怖いのは、4年後、8年後となったときに体力の優れた選手が、日本人並みに技術力を身につけたときである。「競技」という一面では驚異であることには間違いない。
しかし日本が本来求めていた「正しい柔道の普及」という意味では期待して良いのではないだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

競技という名のサバイバルレース

オリンピック観戦中、テレビを見ていてこのCMをご覧になった方も多いかと思います。
僅か90秒の中でアスリートのドラマが描かれています。
とても印象深かったので取り上げてみました。

私は5歳で柔道を始め、小学校時代には同じ道場の仲間、
中高時代には足立学園の、そして筑波大学時代、
了徳寺学園に所属していた時代にもそれぞれ仲間がいました。
そのぞれの節目で、人生の岐路に立たされ既出の選択をしてきました。

【競技】という柔道の一面だけを考えると、それはサバイバルレースです。
能力の限界を感じたり、怪我があったり、モチベーションが維持できず、
または年齢を重ねていけば家庭の事情あでったりと、様々な事情で
そのレースから離脱する人がいます。

夢に向かって突っ走っていた自分が、いつしかレースを離れ傍観者となったとき、
人は自分がかけていた「見えない襷(タスキ)」を誰かに託していることがあります。
それがかつての仲間だったり、ライバルだったりするのでしょう。

情けない話ですが、私はシドニー、アテネ、北京と自分の階級を見ませんでした。
見られなかった、見たくなかったのです。

そういった意味で、私は誰にも襷(タスキ)を託しませんでした。
だからこそ、形の競技や、マスターズ、実業団などの試合に
今でも取り組めているのだと思います。

あるとき、小学生時代に同じ道場だった仲間から
「小室はまっすぐ生きてきたんだね」と言われました。
その言葉が妙に印象深く、意味深だったので、頭に残っていました。
「最後の方まで生き残れたんだね」という意味だったのではないかと解釈しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »