« 2011年10大ニュース | トップページ | 一杯の讃岐うどん »

2012年2月 4日 (土)

レーシック体験記

昨日、有楽町駅前にある品川近視クリニックにてレーシックの手術を受けてきました。
私自身、大きなケガや病気もなく生きてきたので手術は初めての試みです。
(最近、ずっと眼鏡生活をしていたのはこのためです)

治療法は様々ですが、目のことですのでケチケチしていられません。
最高級アマリスZレーシック(32万円→割引券で27万円)をしてきました。
さらに私はコンタクト歴も長く近視も強い(視力0.04!)ことから
「クロスリンキング(15万円)」という角膜を強化する手術も併用しました。
これはもう大変な出費です。。。

とはいえ、少年時代の私にとって視力は大変なコンプレックスでした。
コンタクトや眼鏡がなければ、まともに生活できないほどの近視だったので、
それが解消されるなら、支払えないほどの大金ではありません。

さて手術当日、朝一番で乗り込みましたが、既に院内は人が大勢いました。
再度の検査を済ませ、小グループに分かれていざ手術室へ!
各部屋で検査や点眼、頭に帽子をかぶせたりと、最奥にある手術室に近づくに従って
お膳立てられていきます。それはまるで宮沢賢治の「注文の多い料理店」のようです。

そして手術台に乗り、仰向けになって頭、そしてまぶたを開いたままテープでで固定します。
その後、器具でさらにまぶたを閉じないよう固定し、上から機械が降りてきます。

「はい、緑の点を見て!」

身体中に力が入ります。
さすがに初めての経験です、緊張します。
いや正直、恐怖感がありました。

一瞬、光が横切った気がしました。
角膜がスライスされたのです。
その後、緑の点は見えなくなりました。
しばらくしてぼんやりと見える頃には、片目の手術は終了していました。
同じように片目を手術しました。

私はクロスリンキング手術も依頼していたので、看護師さんに連れられ別室に移動します。
視界はまだぼんやりです。

同じように手術台に載せられ、まぶたを固定します。
次に針金のような器具で、角膜をめくりました。
液体を掛け、レーザーのようなものが照射されます。
液体の色なのでしょうか、視界は一時、真っ黄色になりました。

時間にすると、それぞれの手術は10分もしなかったと思いますが、
緊張していたせいで、長く感じました。

ソファで休憩したあと、今後の点眼についての説明と保護眼鏡を受け取り、解散となりました。

え?

視界はまだぼんやりです。
手術前の裸眼と殆ど変わりません。これでは町を歩けません。
それ以上に、日光がまぶしくて目が開けていられません。

仕方なくタクシーを利用し、ちょっと寄り道をして帰りました。
(不安のある人は、付き添いがあった方が良いかもしれません。いや、お勧めします)

帰宅し、横になっていると、日が落ちてきたのもあるでしょうか、
徐々に視界がクリアになってきました。
裸眼で新聞を読もうとしたら、顔をくっつけて読まなければならないような視力でしたが、
壁掛け時計の小さな日付なども見えるようになっています。
0.7くらいにはなっていたかもしれません。
今現在、視力は1.0程度まで回復していると予想しますが、まだ白濁感が残っています。
何種類かの点眼液も忘れてはいけません。
今夜はもう一度来院し、術後検診が待っています。
さて、経過はどうなることやら。。。

就寝中、寝相が悪くて目を擦ってはいけないらしく、プラスチック製の眼帯をもらいました。
巴が恐れおののいたことと、寝ている間にすぐ外れてしまったことは言うまでもありません。
Photo

|

« 2011年10大ニュース | トップページ | 一杯の讃岐うどん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

乱視にも効くんですかね?
眼鏡やコンタクトが無いと世界が変わったくらい劇的なんでしょうね

投稿: こっしー | 2012年2月 4日 (土) 19時41分

>こっしー
乱視も大丈夫みたいです。
乱視用のソフトコンタクトは高いですから、検討の余地はありますね。

投稿: 小室宏二 | 2012年2月 5日 (日) 21時45分

ご無沙汰しています。

レーシッツクですか!
私は「南青山アイクリニック」で8年前にしました。
何も問題なく現在に至っています。

が、個人差もあるとは思いますが人間の体というにはおもしろいもので
その人の生活スタイル(主に仕事・趣味)に適応しようとしていきます。

近くを見る事が多い(最近は圧倒的にパソコンです!)生活ですと・・・
視力は近視よりになろうとしてきます。
以外に、1.5~1.2位ですと意外と近くは見づらいものです。(老眼と一緒)

あまり目を酷使しないように、気をつけてください!


投稿: スピードマスター | 2012年2月 5日 (日) 22時33分

>スピードマスター
8年前ですか!?チャレンジャーですね。
今はまだ視力が安定していないので、ちょっと不安です。
確かに遠くを見るより、近場のPCを見る機会が圧倒的ですね。
さて、今後はどうなるでしょう。。。

投稿: 小室宏二 | 2012年2月 6日 (月) 07時12分

お久しぶりに書き込みします。

お元気そうで,なによりです!

しかし,偉大な格闘家の悩みって,

意外なトコにあるんですね^^)

私も年をとって,近眼が自然に治った事に

ビックリしている最近です。

それにしても,柔道の練習の際,

やっぱり「袖車絞」は最強だと

つくづく実感します!

投稿: 所長44 | 2012年2月 9日 (木) 00時38分

>所長44
え?近眼て治るものなんですか?
袖車絞は強力ですよね。袖を張り合わせ、手首を効かせることがポイントです。

投稿: 小室宏二 | 2012年2月14日 (火) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/53899564

この記事へのトラックバック一覧です: レーシック体験記:

« 2011年10大ニュース | トップページ | 一杯の讃岐うどん »