« 一杯の讃岐うどん | トップページ | 巴1歳の誕生日 »

2012年2月29日 (水)

2012アジア柔道形選手権大会

2/24(金)、午前の授業を済ませ足早に講道館に向かうと、
着いたのが集合時間の20分前だった。
しかし侮ってはいけない、この集団はせっかちだ。
案の定、10分前には全員が集合し、6分前には結団式が始まった。
つまり5分前では遅いのだ!(昨年の5分前の5分前事件参照)

講道館で出発前の最終調整と演技を済ませ、私はいったん自宅に戻り、髪を切りに行く。
今回は羽田空港から深夜初の便だったのだが、なぜ14時に集合なのかは甚だ疑問であった。
しかし、そんなことを質問してはいけないことは充分承知している。

羽田空港で最後の和食を摂り、空路で約6時間、真冬の東京から灼熱のタイ・バンコクに到着した。
この気温差は凄まじいものがある。
午後から扇風機が1台あるだけの道場で調整練習をするが、
受け身をしただけで頭がクラクラし、大粒の汗が吹き出した。
420405_192427084197272_100002899460
試合前2日間の調整を経て、大会当日、やはり集合時間の20分前には備えていた。
(繰り返すが5分前では遅いのだ!)

今回は予選を行わず、1発勝負となった。
固の形は最強のライバル・イランが世界2位の組に加え、
新人の組を加えて2組を投入したほか、ラオスや韓国も新規参入して7組で争われた。
5種目中、固の形から競技が開始され、私たちは4番目に演技をした。
畳は日本とは違い1m ×2mとなっており、若干大きくなっている。これにより、歩幅や立ち位置を調整しなくてはならない。
また、今回は畳の配置が日本のそれとは異なっていた。 わずかな違いではあるが、
そのわずかな差が勝敗に大きく影響することを、我々、形の競技者はよく知っている。

そのせいか、いつも以上に緊張したように思う。
当然、日本を代表しての国際大会だ、緊張しないわけはない。
また緊張感がなくては練習以上の演技をすることはできない。
失敗は許されない、負けたらそれで終わりという緊張感が練習を超える力を発揮し、雰囲気を醸し出す。
緊張感をうまくコントロールしながら、演技を行った。

毎回「これが世界最高の演技だ」と思いながらも、あとから見返すと改善点が多々あるものなのだが、今回も現状では最高の演技ができたと思う。

最初の袈裟固、次の肩固、この時点でいつも勝利を確信する。
違いは音だ。
静寂の中、すり足で畳を擦る音が聞こえ、私が全身に力を込め合図をすると、攻防が始まる。
途端に、身体のどこからか聞こえる音が、畳を介して音を会場に響 かせる。この音が、他の組とは決定的に違う。
(と思っている。これは残念ながら映像では伝えることはできない。是非、実際にその目と耳で確かめて欲しい)

今回も最初の二つの技で、勝利を確信し、実際にその通りになった。
私たちは大会2連覇を達成した。

高野先輩はたった1回の演技でも筋肉痛になるという。
それだけ形(カタチ)ではない、本気の演技、攻防が表現されているのだ。
その緊張感、疲労感は実際に形の競技を体験してみないとわからないものだ。
演技の後のリラックスした姿を、ラオスの選手たちが激写していた。
(ただの居眠りではあるが…)
Photo

今回も日本チームは、5種目全ての形で優勝を果たすことができた。
それと同時に、柔の形でタイが3位に入った他は、イランが表彰台を埋め尽くした。
つまりイランは全ての形で2組を投入し、そのほとんどが日本に準ずる位置をキープしているのだ。
これはアジアだけでなく、昨年の世界選手権でも同様だった。
日本が同じように2番手、3番手を投入したととしても、表彰台を独占できるかは、
彼らの演技を見る限り容易ではないだろう。
P1030199_2 P1030206




こうして私たちは、無事に連覇を達成することができた。
まずは授業がある中、快く送り出してくれた都市大学付属関係各位、
またいつもご指導賜っている講道館・全柔連の皆様、
そして最高の受けをもって演じてくれた高野先輩に深く感謝したい。

これからは連覇もさることながら「地味でおもしろくない」といわれる
固の形の普及・理解に尽力したい。
そのためにはまず、形の競技会だけでなく、いろいろな場所で演じる機会をいただけたらと思っている。
きっと「地味でおもしろくない」という固定概念は払拭できると信じている。

|

« 一杯の讃岐うどん | トップページ | 巴1歳の誕生日 »

形について」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

二連覇達成、おめでとうございます!お疲れ様でした。
それにしても毎回ひきつけられる文ですね。
エッセイ集として発売になったりして?

投稿: こばコージ | 2012年2月29日 (水) 19時46分

>こばコージ
ありがとうございます。
帰りの機内でじっくり書けたのがよかったと思います。
コラムの方は固技教本で気合いを入れすぎたので、当分はおなかいっぱいという感じですね。

投稿: 小室宏二 | 2012年3月 1日 (木) 23時12分

「失敗は許されない、負けたらそれで終わりという緊張感」というのが、特に60年、70年代の日本代表のプレッシャーに匹敵しているように感じます。日の丸を背負う栄誉と責任感は相当なものだと察します。二連覇おめでとうございます。

投稿: 若松 | 2012年3月 5日 (月) 08時27分

>若松
乱取り試合と違い、形で負けるわけにはいかないというプレッシャーはありますね。
実際、負けたらもう使ってくれないと思います。
毎回、負けたら終わりのつもりで頑張ります。
若松さんも頑張ってください!

投稿: 小室宏二 | 2012年3月 5日 (月) 21時05分

おめでとうございます‼
演技後のリラックスした姿!最高です。いつもチョコチョコ面白い事入れてきますね。楽しく読ませてもらってます。

投稿: ざいママ | 2012年3月 7日 (水) 15時46分

>ざいママ
ありがとうございます。
居眠り姿も傾斜が揃っている感じがしますよね(笑)
朝から緊張感マックスの状態だったので、夕方は見ての通りです。
来年はシンガポールの予定だそうです。また頑張ります!

投稿: 小室宏二 | 2012年3月 7日 (水) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/54106581

この記事へのトラックバック一覧です: 2012アジア柔道形選手権大会:

« 一杯の讃岐うどん | トップページ | 巴1歳の誕生日 »