« 巴の腹筋トレーニング | トップページ | ブラジリアン柔術 DUMAU JAPAN OPEN »

2011年10月24日 (月)

2011全日本柔道形競技大会★3連覇達成

久しぶりの更新です。

10/23(日)講道館の大道場で行われた
全日本柔道形競技大会に、世界チャンピオンの「推薦枠」で出場してきました。
当然のごとく優勝候補でしたが、そう甘くないのが形の世界です。
事実、固の形強化選手である東海地区の松川&杉山さんペアは地区予選で敗退、
北海道地区代表の清野先輩&工藤さんのペアは演技をやり直したため
得点が半分となり、惜敗しました。

結果的に私たち以外の強化選手が敗退する中、
また不利と言われる前半の演技順でもありましたが77点でshine優勝(3連覇)shine
することができました。初優勝した時は69点、昨年は75.5点・・・

一応、順調に点数は伸ばしてきていますが、目標である80点まで到達できませんでした。
ある先生からは「キレがなかった」と言われましたし、ある演技には「間違いだ」と指摘されました。

私たちは「躍動感のある力強い演技で魅せる」ことを信条としていますが、
一方で、やり過ぎているという見方をされることがあるのかもしれません。
Dsc_0047 Dsc_0019 Dsc_0060

さらに今回は足の滑りが悪く、摺り足が上手に出来ませんでした。
緊張感はあった方が力強い演技が出来るのですが、
今回は私が少々リラックスをし過ぎていたかもしれません。
そういった反省も踏まえ、もう一度初心に返って、謙虚な気持ちで練習をやり直したいと思います。

先日、先代世界チャンピオンの中橋先輩と話をする機会がありました。
その席上「形は連覇することよりも、何種類制覇するかに意義がある」という
言葉を頂きました。確かに、乱取り試合とはそういった点で違いがあると思います。

一方で私は、固の形を通じて「地味で面白くない」というイメージを払拭したいという思いがあります。
8月末、ジュニアスポーツアジア交流大会(東京武道館)で演技をさせてもらいました。
その時、足立学園の後輩や徳原先生ほか、多くの先生方に見ていただきましたが、
多くの方から「固の形があんなに派手だとは思わなかった」「迫力が凄かった」
という言葉をいただくことができました。

形も案外、面白いんです。
固の形は決して地味じゃないんです。

それが柔道界に浸透するまで、あるいは負けるまで、私と高野先輩は演じ、そして勝ち続けるつもりです。
S

今回も応援、撮影と多くの方のご支援を頂きました。
やった!というよりはホッとしたというのが正直な心境です。
また頑張りますので、今後とも宜しくお願いします。

P1020724

|

« 巴の腹筋トレーニング | トップページ | ブラジリアン柔術 DUMAU JAPAN OPEN »

形について」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
毎度の事ですが、後味スッキリしない勝利ですね。そんなもんなのかな。
うちのかなり目の肥えてきた伯母は「全く他の組と違ってたよ!○○地区はそこそこ上手かったけど。。。」だそうです。

投稿: たかの | 2011年10月24日 (月) 14時21分

>たかの
案外、先入観のない素人の意見が参考になることってありますよね。
嫁ロックも面白いこと言うことが多々ありますから。
なんだかんだ言っても優勝したのはツキがあるってことですし、
実力がなければできないと思います。まだまだ勝ち続けましょう!
自分は今日、疲れてしまいぐったりしています。

投稿: 小室宏二 | 2011年10月24日 (月) 19時31分

高野先生、小室先生。優勝(連覇)おめでとうございます。
通常の試合で強くて、形の試合でも勝って、まさに嘉納先生の教えをそのまま実践されているのですね!
自分も、いつの日かそのような晴れ舞台で、演技をしてみたいものです・・・死ぬまでに。(笑)

投稿: 久家(武里柔道クラブ) | 2011年10月26日 (水) 12時29分

>久家
ありがとうございます。
久家さんも熱心に形を練習されていますよね。
今度、息子さんとどうですか?

投稿: 小室宏二 | 2011年10月26日 (水) 20時32分

全日本3連覇おめでとうございます。次は世界3連覇ですね。
以前、手取り足取り教えて頂いた固の形ですが、その後練習する機会がございません。。。
教えて頂いた形の技術が、潜在的に乱取りのほうで生かされていればと都合の良いことを考えています。

投稿: 若松 | 2011年10月27日 (木) 11時39分

>若松
ありがとうございます。
形はパートナーと指導者両方揃わないと、なかなか続けにくいですよね。
私はむしろ逆なんですが、乱取り技術ができたから、形の演技に迫力を出せたのだと思います。
どちらにしても、平行して練習することは決して無駄にはならないと思います。

投稿: 小室宏二 | 2011年10月27日 (木) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/53071644

この記事へのトラックバック一覧です: 2011全日本柔道形競技大会★3連覇達成:

« 巴の腹筋トレーニング | トップページ | ブラジリアン柔術 DUMAU JAPAN OPEN »