« 大室宏太 | トップページ | 私が落とした女 »

2011年8月 2日 (火)

お勉強(前編)

講道館で行われていた夏期講習(2部)、私は生徒とともに参加してきました。
今回もも相変わらずの暑さの中、参加した生徒の1人が慌てて帰ろうとしていました。
呼び止めると、「これから塾に行きます!」とのこと。

午前、午後と稽古をした後、勉強しに行くとは・・・
駆け足で駅に向かう彼の後ろ姿が大変立派に見えました。

私は高校時代、全然勉強しませんでした。

今回は恥を忍んで、私の勉強遍歴をご紹介します。

小学校入学を目前に控えた冬の時期、私は保育園の食堂でただ1人残されていました。
私は園内でただ1人、読み書きができませんでした。
それを見かねた先生方が、居残りで私に「あいうえお」を教えてくれたのです。
私はどうしても「む」が書けず、よく【こすろこうじ】と書いていました。
クリスマスにはサンタさんから、「あいうえお」が書かれた積み木がプレゼントされました。

小学校へ入学すると同時に始めた柔道では、教えが厳格でした。
柔道だけでなく、勉強や宿題、家の手伝いもしっかりやるように言われ、
それに忠実に従っていました。成績は中の上程度だったと思います。
小学生時代の思い出は、4年生の時、担任の先生から
『小室君は字がキレイだね』と言われたことです。
私は特に習字をしていたわけでもなく、今でもそんなに上手ではありません。
でもその褒め言葉が意外に嬉しく、それからは今でも丁寧に字を書くことを心掛けています。

中学に入ると、とくかく練習が厳しく、勉強との両立が大変でした。
私の担任は数学の教師でしたが、その言葉がいつも耳障りでした。
曰く「柔道で勝てなかったら、柔道ができない体になったら・・・」
Img002

勝負師とは、負けたときにことなど一切考えません。勝つことだけに集中するモノです。
特に私は柔道で強くなるために足立3中に進学しました。
なのに担任ときたら負けたときのことばかり言うのです。

教師になった今となれば、その理由は痛いほどよく分かります。
柔道しかできない「柔道バカ」になってしまったら、社会に出て通用しない。
今のうちからいろいろな選択肢がもてるよう、しっかり勉強しておけという意味なのです。

そんなわけで、担任の言葉にはいまいち納得できてはいませんでしたが、
最低限の勉強だけはしておこうと、自分なりに決めていました。
というのも、私は両親から「勉強しろ」と言われたことはありません。
ただ『読み書きソロバンだけはできないと社会に出て恥をかく』とは言われていたので、
私自身も最低限、それくらいはと心掛けていました。

普段は塾に行くだとか、家庭学習をするような余裕はありませんでしたから、
とにかく授業に集中していました。宿題が休み時間中に終わらせるようにしていました。
今でも継続していることですが、自宅では仕事や勉強をしないのです。
家ではリラックスすると当時から決めていました。

しかし試験1週間前になると話は別です。その期間は柔道部の練習が禁止になります。
その時だけは自宅でもたくさん勉強しました。
帰ったらまず昼寝をして、18時から勉強を開始します。
どんなに遅くとも、12時には終了して寝ます。
そして3時か4時半には起きてまた勉強します。
暗記物は起きてから詰め込むようにしました。

この試験前1週間というのは、別の意味で柔道の稽古よりきつかったと思います。
こうして、中学時代はそれなりの学力を保つことができていました。
偏差値でいうと平均して55~58くらいだったと思います。

Simg001中学3年時、美術のテストで100点を取ったイラスト

つづく

|

« 大室宏太 | トップページ | 私が落とした女 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は、中学受験というものを経験して、受験が終わったら小六にして燃えつきてしまいました。
中学では、高校受験をしなくてよかったこともあり、全然勉強しませんでした。
中間や期末前一週間の部活がないときなどは、ここぞとばかり束の間の「帰宅部」をエンジョイして
いるありさまでした。

今でも見る夢があり、それは「大学受験一日前なのに、全く勉強してなくてお先真っ暗」というも
のです。別バージョンに、「大学卒業のために落とせない単位があるのに、その勉強をしていず、
留年を覚悟」というものもあります。

いずれも、ストレスが溜まった時に見る夢です。うなされて起きて、夢と分かってホッとする
のがパターンです。

投稿: こばコージ | 2011年8月 3日 (水) 22時30分

僕の場合は、高校で特進クラスにいたので、週3回、0時間目授業がありました。

高校までの距離が遠かったので、朝の5時に起きて、5時の始発に乗って通ってました。

部活帰りに、レスリングとサンボを習っていたため、帰りは23時頃になることもあり、しんどい高校生活を送ってました。

5669もしんどい高校生活を送っていたようですね。

ところで、僕も遅ればせながら、ブログを始めましたので、リンクの貼り付けおねがいできますか?
よろしくお願いします(^-^)/
http://s.ameblo.jp/nanamarueito/

投稿: うちむら | 2011年8月 7日 (日) 08時12分

>こばコージ
確かに試験1週間前になると部活組は遊ぶか、勉強するかで二手に分かれていました。
私が、計量で失格になる夢をよく見たのと似たようなモノでしょうか?
アレは怖かった・・・

>うちむら
レスリングとサンボって、先輩、全然寝技やらなかったじゃないですか・・・
ブログ、早速リンクを張りました。
また教員大会お疲れ様でした。自分も出たかったです!

投稿: 小室宏二 | 2011年8月10日 (水) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/52325475

この記事へのトラックバック一覧です: お勉強(前編):

« 大室宏太 | トップページ | 私が落とした女 »