« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月22日 (水)

柔道レベルアップ教本寝技編

柏崎克彦先生との共著シリーズ第3弾が本日(6/22)に発売されます。
その名も『柔道レベルアップ教本寝技編』です。
4583617860
今回は抑込技編かと思いきや、Q&A方式になっており、
初級入門者が陥りやすい失敗や、疑問に対し簡潔に答えています。

構成は以下の通りです。

第一章 固技の基本形
第二章 固技の基本動作
第三章 抑込技の問題解消!(絡まれた脚を抜く時の三原則、相手に返されてしまいます)
第四章 絞め技の問題解消!(送襟絞に入っても、うまく極まりません)
第五章 関節技の問題解消!(関節技からの逃れ方を教えてください)
第六章 防御姿勢の相手への対応

抑え込んでもすぐに脚を絡まれてしまうのは何が悪いのか、絡まれてしまった場合は
どうやって外していくのか、そんな疑問を多く取り上げ、写真も大きく見やすくなっています。

柔道を長く続けていくと、実は初心者指導が一番難しくなります。
熟練していけば当然の体捌きが、初心者には出来ません。
なぜこんな当たり前のことも出来ないのか?
普通そう動かないだろ?

そんなジレンマが苛立ちに変わることも少なくないと思います。
まずは初心者に立場になって考え、少ない言葉で簡潔にアドバイスしていきます。
取りあえずは脚を絡まれないように、次は返されないように、それでもダメなら他の技に変化していく。
その積み重ねがやがては完成度の高い技、熟練した体捌きへと変化していくのです。
逆に言えば、指導者にも向いている書籍といえるかもしれません。

試合や練習で固め技がうまく極まらなかったとき、その課題が本書のどこかに
載っているでしょう。そんな一冊です。

3月末、国際武道大学に赴き、一日で撮影してきましたが、
毎回のように柏崎先生と沢山の技、指導法を見せ合いました。
その中で「あくまでも初心者向け」というコンセプトを崩さないように、
シンプルな構成に努めました。

アマゾンなら送料無料です

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

2011世界柔道形選手権大会を終えて

「今回優勝すれば自分たちの時代になる」

昨年の優勝は勢いとビギナーズラックだと思っていた私達は、
自分たちの実力を確固たるものにするために、
今回だけは絶対に負けられないと、選考会から必勝の心構えで臨んできました。

また出発当日の朝、担任をするクラスの生徒からは激励の寄せ書きをもらいました。
それまで、「良い成績が残せるように」とか、「ベストを尽くします」という表現しか
使わないようにしていましたが、思わず『先生は必ず金メダルを持って帰るからな!』
と宣言してしまいました。またひとつ、負けられない理由が増えてしまいました。
Photo_2

14日の大会当日まで、現地では2日間の調整期間がありましたが、
地元の綺麗な道場を拝借することができました。

調整練習とえば、私達には一貫した考え方があります。
それは「本番に勝る演技を練習では出せない」ということです。
練習は練習でしかありません。
もちろん、練習では本番に近い集中力をもとめますが、それ故に毎回1回だけしか演技しません。
それはやり直しができない、本番を想定してのことです。
実際、本番での高野先輩の逃げようとする力は、練習のそれとは比較にならないほど速く、力強いです。

今回もそれは徹底していました。
おそらく今回出場したペアでは唯一ではないでしょうか?
私達は大会当日、自分たちの演技まで、一度も組み合っていません。
普通、大会当日ともなれば本番までに一度は通し稽古をするものです。
しかし私達は、それすらもしませんでした。
決勝戦前などは、直前までそれぞれが別々の場所でウォーミングアップをしていて、周囲を心配させたほどです。

集中力を極限まで高め、攻防の一体を魅せる。
高野先輩は大会後、こう言っていました。
「形とはいえ真剣勝負、小室の抑え込みを返してやるぐらいに思っていた」
Photo

それでも私は逃がしません。
だからこそどこよりも力強く、迫力のある演技を魅せることができるのです。
ある観客が言っていました。
「小室・高野ペアだけだよね、本気で絞めて、極めているのは」
そうなんです。形の演技だからこそ、形(カタチ)だけでは魅せる演技はできないのです。

そして本番。
今回は昨年のようなトラブル(私が一瞬、我を忘れてしまう)はありませんでした。

唯一、決勝戦の演技中、上四方固に入る際、高野先輩を見ると首筋に縮れた毛が一本張り付いていました。
誰の縮れ毛か、なぜそんなところに張り付いていたのか、全く分かりませんが、思わず心の中で
「先輩、勘弁してくださいよ・・・」と呟いていました。
S

そんなトラブル(?)は全く気にせず、予選はもちろん、決勝も最高の演技をすることができました。
今回は全てにおいて「キレ」を発揮して魅せることが出来たのではないかと思います。

昨年は代表合宿の頃から「中橋の達の演技は~」と先代チャンピオンの演技と比較され、
それを追従するように指導されてきました。

それに対し、高野先輩は「中橋達は受け(防御)を魅せていた、俺たちは小室の取り(攻撃)で魅せる」
と方向性の違いを固持してきました。
今回2連覇を達成し、気付いてみれば「中橋達は~」という言葉は全く言われなくなっていました。
それはつまり「自分たちの時代になった」このとの証明ではないでしょうか。

これからの自分たちは、ペア結成以来、演技会・選考会で一度も負けていない連勝記録(9連勝)をどこまでも続けていくこと、
それと「地味で面白くない」と言われ、7種の形の中で唯一、大会等で殆ど演技されることのない
「固の形」のイメージを払拭することにあると思います。
Sp1020399

今回は8/28(日)東京武道館で開催されるアジアネット(東京都主催の高校生国際大会)で披露させていただける機会を得ました。
試合と共に、どうかご観覧下さい。

最後になりましたが、今回、都市大付属の教職員及び生徒の多大なるご理解とご支援のもとで出場させていただきました。
ここに厚く御礼申し上げます。
またご指導いただいた小志田先生、福島先生、そしてドン松井監督、
そして最高の受けを演じてくれた高野先輩には深く感謝いたします。
P1020449 P1020454 P1020451_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

2011世界柔道形選手権大会【結果速報】

ドイツ時間で昨日(6/141Tue.)フランクフルトで開催された
第3回世界柔道形選手権、固の形で出場した私と高野先輩は、
予選、決勝共に、2位以下に大きく差をつけ快勝することができました。
(結果詳細:全柔連HP

これで2連覇の達成です。
Sp1020406

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

足立学園柔道部☆世界選手権壮行会のご連絡

足立学園柔道部OB、及び関係者に連絡します。

パリ世界選手権60kg級に出場を決めた山本浩史(日体大4年)と、
ユニバーシアード81kg級への出場を決めた川上智弘(國學院大4年)の
壮行会を以下の通り開催します。
皆さん奮ってご参加下さい。

  • 日時:7月31日(日) 16時
  • 場所:足立学園校内
  • 会費:1万円

なお、欠席される場合は5000円の激励金を足立学園柔道部OB会の口座に
お願いしたいと思います。口座番号を書くわけにもいきませんので、
コメント欄か、小室(こちらをクリック)までご連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

表彰式に集中しろ!

これは3月に行われたアジア柔道形選手権大会での出来事です

今回は前回の日記「5分前の5分前」の続編です。

予選は順調に進行し、我々日本選手団もいよいよ午後、決勝の演技に備え始めました。

途中、2面あるウチ1面の床が抜けてしまい、1面だけで決勝の演技が進行しました。
集中力が大きく勝敗を左右する形の演技では、集中力のコントロールが非常に大切です。
ピリピリとした緊張感の中、各選手が自分流の精神集中を行っていました。

そして案の定、進行が遅れていました。

その時、護身術の受け手、山崎正義さんが松井監督に訊ねます。
S
「表彰式は1種目ごとでしょうか?それとも全て終わってから表彰式でしょうか?」

柔道の大会の場合、表彰式になるとギャラリーが一斉に帰ってしまうため、
表彰式を各決勝戦の合間に行うことがあります。
その場合、自分の出番に時間の変更があるため、山崎さんはその質問をしたのです。

しかし、緊張感がピークに達してしまった松井監督には何を言っても通じません。
「表彰式のことなんかどうだって良いんだ!自分の演技に集中しろ!!

山(そうじゃなくて、それによって時間が・・・)

体育会の世界に言い訳は存在しません。
なぜか恫喝されてしまった山崎さんは、動揺を隠せませんでした。

しかしそこに好機がやってきました。
それはどこに転がっているか、分からないものです。

表彰式に備え、スラッとしたモデル体型の美女が会場を闊歩していきました。
エロお・・・さすがの松井監督も目を奪われたようです。
S_2 注:この画像はあくまでブログネタ用に撮影したものです

「彼女たちは表彰式のために来たのかな?」

そう呟きました。

私は間髪入れず、こう告げます。

5「先生!表彰式なんてどうだって良いんです。形の集中してください!」

さすがの松井監督も、笑わずにはいられませんでした。
往年の名選手にして、日本代表監督から、見事な『口車』一本を奪った瞬間でした。

それにより選手もみんなが
リラックスでき、私達固の形を含め、会心の演技で全種目制覇をすることができました。
S6015954_1036795564_47large

ところで、これまでいくつか形の日本代表チームTシャツを作ろうという話がありました。
松下団長の「もう一回やってみろ」Tシャツ
山崎さんの「手を挙げろ!」Tシャツ

結局は今回、松井団長をモデルにしたTシャツを作りました。イラストは高野先輩によるものです。
ちょっと意地悪そうな目をしている辺り、秀逸な描写だと思います。
松井監督婦人には大変好評だったようですが、難点はメッシュ素材のため、乳首が透ける点でしょうか。
St S_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5分前の5分前

現在、第3回世界柔道形選手権出場に向けて、
ドイツ・フランクフルトまで12時間のフライトに耐えているところです。

いつもは寝不足の毎日ですが、さすがに狭い機内ではもう寝るのも限界のようです。

そういえば、3月のアジア柔道形選手権の時、ちょっとしたエピソードがありました。
震災や巴の誕生などで更新ができず、この機会に書いていこうと思います。

今回の世界も前回のアジアも、監督は松井勲監督です。
我が母校・筑波大学の大先輩でもあり、私は全日本の中学強化選手時代からお世話になっています。
(ちなみにうちの親父も「勲」です)

そんな松井監督も選手時代とは違い、絶対に負けられない日本チームの監督業は緊張するようです。
タイでのアジア形選手権の朝、こんな事件がありました。

「投の形」坂本&横山ペアはやはり筑波の同窓です。
柔の形も含め、この2種の形は午前中に予選があり、
他の形は午後に決勝一発勝負というスケジュールでした。

集合は朝8時、他の選手も一旦全員集合し、選手を見送ることになっていました。

きれい好きな私は、夜も朝もシャワーを浴びます。
高野先輩は朝早くから目を覚まし、ジョギングしたり泳いだりしながら時間を待っていました。

そろそろ時間かな?
高野先輩は10分ほど前に、私はそれよりやや遅れて部屋を出ました。
事件はその時起こったのです。

もう一度書きますが、集合は8時でした。
しかし今回のメンバーは松井先生を含め、講道館護身術ペア、極の形ペアが警察関係者です。
警察関係者は時間厳守です。
5分前行動は当たり前、5分前の5分前も当たり前で、結局は15分前くらいには集合しています。
その習慣が結局はみんなに広がり、5分前の5分前、からの5分前!
で、結局、何時集合だっけ?のような感覚になっていました。

7:50、松井監督と選手はバスに乗り込み、今まさに出発するところでした。
そこに高野先輩が駆けつけます。

「遅い!今何時だだと思ってンだ!
酒飲みに来てンじゃないんだぞ!」

厳しい叱責がホテルのロビーに響きます。

高(あ、いや・・・遅刻してないし、昨日一緒に酒飲んでたじゃん・・・)

言い訳は通用しません。

間もなくバスは出発し、騒動が収まったところに私が辿り着きました。

5「あれ?もう行っちゃいました?」

高「10分前でも遅刻って怒られたよ、酒飲みに来てンじゃないぞ!とも言われちゃった」

5「気が早いですね。」(ま、自分は酒飲んでないけどね♪)

大会当日の朝、怒られた高野先輩のテンションはガタ落ちで、出番の来る午後になるまで
「いや遅刻してないし、、酒一緒に飲んでいたよな」ということで頭がいっぱいのようでした。

心境著しいイランの台頭、それでも絶対に負けられない形の日本代表チーム、
緊張感が沸点に達した大会当日、事件はこれだけでは済まなかったのである。

つづく

これは3月に行われたアジア柔道形選手権大会での出来事です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »