« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月15日 (火)

2/23 山下泰裕先生が来校

来週の2/23(水)都市大付属において、道徳教育の一環として著名人講演会が行われます。
今回はその講師として山下泰裕先生に講演をお願いします。
Photo

今年度はじめ、ある先生から

「小室先生の繋がりで、柔道の山下先生をお呼びできないか?」

という打診がありました。
私自身、それは無理だろうと思いながらも連絡を取ってみると、意外や意外、
快諾のお電話を山下先生ご自身から頂きました。(さすがに緊張しました)

山下先生といえば全日本選手権9連覇や国民栄誉賞の受賞など、
柔道界だけでなく日本のスポーツ界を代表する偉大な方です。

モスクワオリンピック不参加から4年間耐えたロスオリンピック、
柔道をはじめて半年の私は、お婆ちゃんと一緒にテレビの前で山下先生を応援しました。

9連覇を達成した最後の全日本選手権は、父親に連れられ、日本武道館に
応援に行きました。

大学2年、フランスジュニアで優勝した私は、日本代表ヘッドコーチであった
山下先生に「よく頑張ったな。これからのチャンスを逃がすなよ」という
言葉を掛けていただき、感激しました。

私達の世代で、柔道界のヒーローといえば間違いなく山下泰裕
その人だったのではないかと思います。
今の子供達で言えば、サッカーの本田選手や、野球のイチロー選手が
学校に来てくれる、それくらいのことです。

当日はこの企画に便乗し、私達が固の形も演技させてもらいます。
S2009
いつもは『固の形は決して地味じゃない!』などと言いながら、
『生徒の受けが悪かったらどうしよう・・・』というネガティブな発想から
より派手で見栄えのする講道館護身術の演技も披露してもらいます。
演技するのは世界を3度制覇している濵名智男・山﨑正義(神奈川県警)両先生です。
間違いなく世界最高のド迫力演技を、本校で魅せていただきたいと思います。
Goshin
逆にド迫力過ぎて「柔道って恐ろしい」なんて思われないかが心配なくらいですsweat02


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

出版・出場・・・そして出産!

年度末が近づき、私の周りも慌ただしくなってきました。

まずはflair出版flairです。(しつこくてスイマセン)
初めての単独著書となる「柔道固技教本(晋遊舎)」が2/19に発売されます。

そして柔道DVDとしては異例の大ヒットとなった「DVDコムロック柔道実戦的寝技」が
海外進出を目指し英仏語字幕付き、2010世界形選手権決勝の演技、
そして2010年を中心とした約10試合の特典映像を追加し
『DVDザ・コムロックWorld Wide(仮)』として3/19に発売されます。

次はheart04出産heart04です。
ヨメロックもいよいよ産休に入り、毎日が日曜日生活に入りました。
相変わらずツワリが収まらず、ゲーゲー吐いていますが・・・
お腹の張りから動いているのも分かるようになってきました。
予定日は3月10日なんですが、結婚記念日が3月14日なので
一緒になってくれたらお父さんとしても助かるかなと・・・heart04
P1020170

そして新たなニュースです。
アジア柔道家形選手権大会の代表に選ばれ、dash出場dashします!
全柔連HP
会場はタイのバンコク・・・・
そう、2008年のタイ国際で苦汁を舐めさせられたタイです。(YouTube動画

アジア規模なら楽勝でしょう?
形の世界情勢を知らない人はそう言うかもしれません。
しかし侮ってはいけません。

固の形で世界選手権に入賞したイランの選手は腕緘で失敗をしましたが、
それでも3位に入る高得点でした。(イランもアジアの範囲です)
仮に彼らが全日本に出場しても、高得点を獲得できるでしょう。

その他、試合で勝てなくても形なら勝てるかもしれないと、
柔道後進国では形に力を入れている国のあるほどです。

その為、日本代表は5種目中、4種目を現役世界チャンピオンが出場します。
そして世界チャンピオンが引退した投の形では、筑波の同級生・道人が出場します。

赤ちゃんとヨメロックに金メダルをプレゼントできるよう、頑張ってきます!
男の子だったら【泰介(タイすけ)】にしますgood

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

柔道固技教本 2/19発売

いよいよ完成が間近となりました。(あとは印刷・製本を待つばかり)

私にとって初めての単独著書
「柔道固技教本」が晋遊舎から2/19に発売されます。
S

きっかけは自分に高専柔道を教えてくれた平田鼎先生(故人)が亡くなってから、氏の技術が収録されたDVDを見たことでした。

 先生が亡くなっても、こうして映像が残されていれば技術を普及させ、遺していくことが出来る

そう思ったのです。
また大学院生時代、小俣先生からこんなことを言われました。

「柏崎克彦以降、寝業師でモノ書ける人間がいない。
次の世代としてお前がやらなきゃだめだ。
筑波には技術を遺すっていう使命も担っているんだ」

 

素直な私は恩師にこんなことを言われて以降「技術を遺す=出版」を最重要課題にしてきました。講道館を辞め、現職(都市大付属中高教諭)に就くにあたり、この出版が関わったと言っても過言ではありません。それくらい私にとっては重要なことでした。

構想は講道館職員になって間もなくのことです。
どういったコンセプトにするのか、どんな技術を載せていくのかを練りに練りました。

構想から数年、時間の経過と共にルールが変わり、流行の技術も変わり、私自身の環境と指導法も代わっていきました。わがままを言い、年末年始のカナダで仕入れてきた技術を直前で差し込んでもらったりもしました。つまりは長年の経験と最新の技術を網羅しているのです。

故に本書では、私独特の世界観である「寝際の攻防」や、指導法に関するコラム、得意技である袖車絞や春日ロックなどを独立して収録しています。もちろん流行の腹包みなども収録しています。つまりは単なる教科書的な寝技教本ではなく、小室流寝技の集大成とも言える作品です。

この作品が数十年後、岡野先生の「バイタル柔道寝技編」や、柏崎先生の「寝技で勝つ柔道」に次ぐ、寝業師へのバイブルとなることを願ってやみません。

1章:寝技の基礎運動
2章:寝技の打ち込み
3章:寝技世界一周
4章:引き込みからの攻撃
5章:亀姿勢への攻撃
6章:春日ロック
7章:袖車絞
8章:コムロック
9章:立ち姿勢から固め技への移行

 <コラム> 

  •  柔道との出会い
  • 平田鼎師範と高専柔道
  • 思い出の試合
  • 転機
  • 寝技が強くなるには
  • 病気と怪我
  • 講道館
  • 固の形
  • 女子選手における関節技
  • 不動心と修心
  • 幻の技術
  • 技の習熟度
  • 寝技に関する規定
  • 中井祐樹氏とブラジリアン柔術
  • コンテンダーズ
  • 3つの技術
  • 「際」を制するものが寝技を制す
  • 足立学園

<推薦文>
柏崎克彦(国際武道大学教授)
柔道界で小室宏二といえば、即、「コムロック」の名が思い浮かびます。
柔道家の中で、個人の名前と技術名が重なり合うまで個性的な技を創り上げた選手は、これまで数えるほどしかいません。
今回、これまで小室先生が工夫し実践してきた高度な技術と、その技術の陰に隠れがちな基本技能、練習法を惜しみなく披露した柔道固技教本が出版されます。
本書は、柔道を学ぶ多くの方々の技術を高めると共に「小室柔道ワールド」を十分満喫させてくれることと確信します。


小俣幸嗣(筑波大学教授)
本書を手にして、大学院時代に古書を手に固技の論文作成に取り組んでいた小室氏を思い出した。
彼は柔道選手としても一流ではあったが、それ以上に技術に対する求道的な姿勢が印象深い。
寝技のように複雑な動きをやさしく解説することは、容易ではない。本書は彼の高い見識に基づき、独自の体系に則ってまとめられ、完璧な説得力を持っている。
いつかこのような技術書を世に問うと予想し、期待もしていた。その卓抜さは高い評価を受けるだろう。


両氏とも推薦文は要約版です、全文は書中掲載)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »