« 奨学金完済 | トップページ | 「国士舘の穴」事件 »

2010年11月10日 (水)

嘉納治五郎の名言

精力善用

自他共栄

柔道家なら誰でも知っている言葉ですが、他にもいくつか遺されているそうです。

そんな言葉をいくつか見ていて、自分の好きな言葉を見つけました。

勝って、勝ちに傲ることなく、
負けて、負けに屈することなく、
安きにありて、油断することなく、
危うきにありて、恐れることもなく、
ただ、ただ、一筋の道を、踏んでゆけ。

1618968062_107

自分は最後の一行が好きです。

『柔』がただ人を倒すための術ではなく、人生の道であり、教育である。
『柔道』の最終的な目的は世を補益することである。
その意図が言葉に表れています。

ある時、小学生時代に同じ道場だった人に再会しました。
当時は講道館の職員だったので、近況を報告すると

「もの凄く真っ直ぐに生きてきたね」
と言われました。

もちろん敷かれたレールでもありませんでしたし、平坦でもありませんでしたが。

ただ、ただ、一筋の道を・・・・

ゆけ!

って言われているんですから、行くしかありません!

|

« 奨学金完済 | トップページ | 「国士舘の穴」事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

講道館」カテゴリの記事

コメント

行きましょう!私は自分の子供達にも柔道をやってほしいと思ってます。それは、スポーツとしてではなく武道として心を強くしてほしいのです。他の格闘技もそうなのでしょうが、礼儀 努力 悔しさ 喜び 人の痛み 自分の痛み などなど色んな事を学べるからです。大袈裟ですが嘉納先生はじめ、沢山の先生方の言葉が柔道には詰まっていると思います!まさにdon't sink feel byブルース・リーです。

そして自分自身もまだまだ柔道で沢山学びたいと思っています!!

ただ・・・一男二女の我が家では、長女(9歳)には「柔道なら空手」と言われ、小室さんのDVDを見ている私に長男(5歳)は「カッコイイ車みたい!(車のDVD)」とせがみ、嫁には無理矢理はだめだ!と言われ・・・最後の頼みは二女(4歳)ですthink どうしましょ・・・もっと大きくなってからですかね。

投稿: へたれパパ | 2010年11月15日 (月) 02時56分

>へたれパパ
柔道は教育ですから、躾の一環としてやって欲しいですね。
私はまさに柔道で更正しましたから。

投稿: 小室宏二 | 2010年11月15日 (月) 19時14分

嘉納師範の言葉は素晴らしいですね!人生に通ずるこういった格言があるのは、日本武道ならではなのではないでしょうか?

>>柔道で更正

小室先生、もしかしてグレかけてたんですか?sign02

投稿: こばコージ | 2010年11月25日 (木) 22時13分

>こばコージ
小さい頃は相当なきかん坊だったみたいですよ。
こういった武道の教育面を授業などで生かしていきたいと思っています。

投稿: 小室宏二 | 2010年11月25日 (木) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/49990803

この記事へのトラックバック一覧です: 嘉納治五郎の名言:

« 奨学金完済 | トップページ | 「国士舘の穴」事件 »