« 日本全国飛び回る | トップページ | 新たな闘いへ 〜東京都「形」選手権〜 »

2010年7月17日 (土)

映画「告白」

そんなに興味がなかったのですが、見てきました。
感想としては、かなり面白かったです!
こういった展開は初体験でした。
それぞれの登場人物が、まさに告白する形式でストーリーが展開されるのです。

冒頭は学級崩壊したクラスのホームルームから始まります。
各生徒が勝手な行動をする中、教師は構わず話を続けていきます。
物や食べ物が飛び交っています。
こんな様子は大袈裟に演出したスクリーンの中だけと思われがちですが、
現実とはそう大差がないです。もちろん、各学校で違うでしょうが。

物語の始め、生徒は牛乳を飲んでいます。
僕の感覚では、ホームルーム中に飲み食いをしているなんて、
ぶん殴られても仕方ないくらいの蛮行です。
しかしこれがこの物語では重要な機転となるのです。

主人公と同じ教師という職業柄、感情移入しやすかったというのも
ひとつの要素だと思いますが「自分ならこうする!」と思いながら
鑑賞していました。

ただある病気に関する偏見や誤解を生みそうな気がしたのと、
R指定は正解かなと思いました。
生徒指導に悩む教師にはお勧めしない作品です(笑)

それとKY教師役(岡田将生)はもっと3枚目俳優の方が良かったんじゃないかな?

|

« 日本全国飛び回る | トップページ | 新たな闘いへ 〜東京都「形」選手権〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私も観ました。

>「自分ならこうする!」

どうしようと思われました?って書けないようなことですか・・・coldsweats01
あれ「復讐」は成功したんですかね。なんかスッキリしないエンドでした。

ご存知かもしれませんが同じようなテーマ(刑法41条、39条の問題)
で森田芳光監督の『39 刑法第三十九条』という作品もありますね。

投稿: マイナスイオンマイナスホルモン | 2010年7月17日 (土) 21時44分

>マイナスイオンマイナスホルモン
復習は充分成功したんじゃないですか?
死ぬより辛い苦痛を与えたじゃないですか。
「自分ならこうする」もちろん言えません♪

投稿: 小室宏二 | 2010年7月18日 (日) 00時09分

遅ればせながら文庫本を購入して読みました。

復讐というにはかなり大惨事に(本の中では)なってしまいましたね。。。

ん~っ、この教師のしたことはどうなんでしょう・・・。

投稿: スピードマスター | 2010年8月 9日 (月) 12時35分

>スピードマスター
僕もこの映画で大惨事を起こしてしまいました。
詳しくはココに書けません。。。

投稿: 小室宏二 | 2010年8月 9日 (月) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/48875020

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「告白」:

« 日本全国飛び回る | トップページ | 新たな闘いへ 〜東京都「形」選手権〜 »