« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

日本ジャージ&日の丸道衣

世界「形」選手権用の日本代表ジャージと道衣(帯)が届きました。
こういうのを貰うと、これまでのタイ国際や、台湾国際に自費参加したのと違い、
『日本を代表していくの だな』 という実感が湧いてきます。
Photo
初めて国際大会に出場したのが高校2年生の終わり頃、イタリアに派遣されました。
この時、日の丸の道衣に袖を通し、ジャージを羽織ったときには感動したモノです。
以来、勝ったり負けたりしましたが、色んなところに派遣してもらいました。
2010042921270000

最近は指導でアジアを中心に廻っていましたが、
それは選手としてではなく指導者としての派遣でした。

形に取り組み始めたのが去年の4月ですから、現在でちょうど1年ほどです。
まさかそんな短期間で、海外に挑戦できるとは思っていませんでした。

その反面、最近では練習すればするほど、
形の奥深さや演技の難しさを知り、代表のプレッシャーも感じています。

GWは代表選手が講道館に集まり、強化合宿を行います。
これもまた久しぶりの強化合宿です。

何が何でも世界一になれるよう、残りの約1ヶ月間、
集中して稽古に励みたいと思います。
Sp1001308

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

2010全国高段者大会

今年最初の試合にして、通算5度目の挑戦となる全国高段者大会に出場しました。

乱取り試合の方は昨年9月の東日本実業団以来、7ヶ月ぶりとなります。
しばらくブランクがありましたので、先月あたりから乱取り稽古を少し増やして備えました。

朝、早起きして軽くランニングでもしたかったのですが、あいにくの雨。。。
嫁が爆睡する横で入念にストレッチをし、講道館へ。

毎年のことですが高段者が全国から集結するこの日、
講道館は各階、人で溢れかえっていました。

段位順、年齢順で試合が進行するため、僕は試合開始早々に出番が回ってきます。
今回の対戦相手は鈴木清仁選手、静岡県の方です。

いつものことですが、もう現役ではないので体力は落ちています。
なので力を抜き、リラックスして挑むことを心掛けます。

組み際、朽木倒でバランスを崩しましたが、なんとか耐えます。
相手は少し下がりながら組み手を嫌うので、なかなか組み止めることが出来ません。
今回は焦って技を出さず、優勢勝ちでも構わないのでじっくり試合をしようと心掛けました。
その為、ちょっと技出しが遅いようにも見えます。慎重にいきました。
Sany2764_2

組んでみると、相手の方が重く、力もありそうでした。
なので余計に力を抜くよう心掛けます。

内股!
へいこうと思いましたが、もう少し様子を見ることにします。

その直後、自然と身体が動いてしまいました。
立ち姿勢からの腕挫腕固です。
引き込むようにして相手の逃げ場を潰してしまいます。
Sany2765_3

相手が下がって腕を抜こうとしますが、両手で肘を押さえているため抜けません。
また両足を使って相手を挟み、コントロールしているので、どこまでもくっ着いていきます。
いつの間にか馬乗り状態に。
現役時代であれば、一気に極めてしまいますが、ソコは高段者大会、相手の「参った」を待ちます。

相手の左手は、完全に「参った」の用意をしているのですが、まだ合図をしません。
仕方なく握りを変え、もう一絞りします。そこで堪らず【参った】の合図。
Sany2766_2

先日、講道館の補習科や千代田区体育館で引き込みからの腕挫腕固を指導しましたが、
『本当に試合で極まるんですか?』という質問を受けました。
なので論より証拠、この試合を参考にしてください。

撮影は学校講道館の草間さん(料理人)です。
仕事の後、応援に駆けつけてくれました。ありがとうございますm(_ _)m

試合後、固の形のパートナーである高野先生から
『腕挫腕固の極めが「舟底形」になっていない』というご指摘を頂きました。

形と乱取りを融合させた柔道を体現するにはもう少し修行が必要なようです。

昇段用ポイント現在12.7点
優秀選手賞もGETしましたflair
2010050509300000

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

都市大付属柔道部PV

生徒達の普段の練習風景や、試合などの様子を撮り溜めていたんですが、
ようやく1つのPVとして完成させることが出来ました。頑張りました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

稽古相手の変化

足立学園生だった中高生の頃の話です。
徳原先生には色々なところに出稽古で連れて行ってもらいました。

すでに中学生の時点で、大学生とも稽古していたのですが、
ある大学では、全くと言っていいほど、相手にしてもらえませんでした。

乱取り稽古を区切るブザーが鳴ると、ダッシュで駆け寄りdash
『お願いします!』と申し出ます。

しかし大学生は、弱い生徒を相手にするのが嫌なのか、柔道スタイルが嫌なのか、
見えているはずなのに見えない素振り、聞こえない素振りで相手にしてもらえません。
焦って他の人にお願いしても、やはり相手にしてもらえません。

途方に暮れていると、女子大生が寄ってきて相手をしてくれます。
ですが、女子大生とばかり稽古をしていると
なんのために出稽古に来たんだpunch」と怒られてしまいます。
僕らは出稽古に行くと、相手探しに必死でした。
それは高校2年生の秋になるまで続きます。

しかしそれは東京都ジュニアが開催された9月以降、急変します。

2回戦でインターハイに優勝した堤時貞選手(国士舘高)を破り、
準決勝では普段、練習では相手にしてもらえない関軒選手(日体大)も破り、準優勝。
本戦の全日本ジュニアでも準優勝し、flair全日本ジュニア強化選手flairに選出されました。

すると、これまで出稽古先で相手にしてくれなかった大学生が、
自らお願いしてくるようになったのです。

僕はその時、大学生の器を小さく感じましたsweat02
そして「自分はどんな相手でもお願いされたら断らない」と心に決めました。

せっかくお願いしたのに、断られたら嫌な気分になりますよね。
僕はよっぽど疲れているか、他に指導などで待っている人がいない限り、断りません。
もちろん、相手の強弱で判断することは絶対にしません。

相手との力量があったとしても、足技や返し技、または新しい技を練習するなど、
やり方はいくらでもあります。
やりにくい相手だからこそ、沢山練習して克服していく課題もあると思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

結婚パーティー

入籍から1年、バリ挙式から7ヶ月が経ちました。
当初、国内で披露宴をすると大規模になってしまうので止めておこう。
という話になり、家族だけでのバリ挙式で済ませることになりました。

それでも、納得しなかったのは近しい友人達で「なんかやれ!」という
ありがたいお言葉を沢山戴きました。

披露宴のような大掛かりなモノは大変なので、
最初から2次会パーティーのようなものをやりましょう!ということになり、
3/28に銀座ファーストファイブガーデンにて開催をしました。
終わってみると、2次会どころかずいぶんと盛大にやってしまったような気がしますが・・・

Sscan001  20100328161621_2 2010032816230000
会場は天井が高く、洒落たところではあったのですが、そこまで広くもありませんでした。
最大収容人数は100名といわれましたが、ヨメロックの招待者が
それほど多くない(青森出身なので)ので、70~80名を予想していました。

ところが!

ありがたいことに、本当に沢山の人々が来てくれました。
足立学園の教え子
足立学園の同級生、先輩・後輩(柔道部と野球部、サッカー部)
足立3中の同級生
講道館の皆さん(先生&学校講道館)
筑波大の関係者
チーム5669とブレンの仲間達
ヨメロックの招待者

20100328164514 20100328171751

結局、収容人数を超えた105名の方々が集まってくれました。
年度末で忙しい人も多かったと思いますが、本当にありがとうございます。
会場の運営者には
『通常、料理が余りますので、2~3割りの人数分は抑えて計算した方が良いですよ』
と言われましたが、きっちり人数分、料理を用意して貰いました。

それでもあっという間に料理がなくなっちゃったようですねsweat01
料理が足りない事態だけは避けたかったのですが・・・スイマセンでしたm(_ _)m

そうそう、忘れてはならないのが淑徳大学の学生達も
余興を披露しに駆けつけてくれました。
AKB48とあきばっ子のパロディです。
20100328162143 20100328162305

2010040110240000

至らないところもあったかと思いますが、参列していただいた皆さん、
本当にありがとうございました。お陰様で良い思い出になりましたheart01

20100328175532

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »