« 柔道界の光と陰(その一) | トップページ | 倒されずに倒す »

2010年3月 8日 (月)

テッポウ返しによる柔の理合いの体現法

寝技に『崩し』なんてあるのか~あ~ぁ~?

あると思います!(エロ詩吟風に) 430927046809lzzzzzzz

一番簡単なものでいえば、亀になっている相手をひっくり返して抑え込む。
これの「ひっくり返す動作」が『崩し』だと思います。

多くの場合、抑込技にいく過程で必要なものでしょう。
絞技、関節技の場合、一発で極めてしまう場合もありますので。

また攻撃動作だけが「崩し(柔)」の理合いを体現する機会とは限りません。
例えば袈裟固で抑え込まれたときの「テッポウ返し」
これも相手の技(バランス)を崩さなければ成立しない技術です。

僕が行う一般生徒対象の授業では、投技ではなく、
袈裟固に対する「テッポウ返し」で「柔よく剛を制す」の理合いを説明します。

体力のありそうな生徒や有志を選び、袈裟固で抑え込ませます。
生徒から見れば、圧倒的に不利な体勢に見えます。
そこから僕が、一瞬のうちに「テッポウ返し」などで脱出し、自分の動きを解説していきます。

生徒は力のバランス、理合いの妙技に感嘆の声を上げ、興味を持つようになります。
投技で表現すると、その理合いを理解し体捌きの習得まで時間が掛かってしまうため、
自分たちの運動能力との格差を感じてしまい「とても出来ない」と倦厭してしまいます。

それに対し抑込技であれば、その日のウチに形だけは実践することが出来ます。
そこで、力任せに逃げるのではなく、相手の動きに応じて、相手の力を利用する
「テッポウ返し」を試みるのです。

この練習をしていると抑える側(取)も、どの方向に崩されると弱いのかが、
感覚的に分かるようになります。
弱い方向は、手や足でバランスを取り、いつでも身体を支えるように備えておくことが大切です。

この練習方法は、DVD固技上達法の撮影後に考案したものです。
決して出し惜しみしたわけではないのですが、申し訳ないので動画として公開します。
現在、我が都市大付属の生徒だけでなく、淑徳大学の学生にも取り組んでもらっています。
慣れてくれば、返される側(受)がある程度力を入れて耐えるようにすると、
より実践的な練習になるでしょう。

|

« 柔道界の光と陰(その一) | トップページ | 倒されずに倒す »

動画」カテゴリの記事

指導・セミナー」カテゴリの記事

コメント

50を過ぎると、中学生や高校生達との乱捕もしんどいので、ついつい相手が技を掛けてくるのを待って返しをねらってしまいます。情けないですが、公式試合なら『指導』ですよね。
(^_^;)

一方、寝技は中高生たちが真面目なのか、攻めが単調で教科書通りなんですね。攻めや逃げのパターンを数知っているこちらの方がかなり有利で、けっこう体格のよい子でも簡単に返せたり、締めがきまります。

もともと投げは得意ではないので、寝技で『柔よく剛を制す』を体感しています。
小室さんのビデオも大いに役立っています。 (^_^)v

投稿: くぼた | 2010年3月10日 (水) 15時54分

どーもです。寝技の基本姿勢ってあるんですか?だいたいは立ち技から寝技の体制になるけど、おたがい崩れて向かい合いになった時など、立ちの時は右自然体とか、すり足で動くとか基本の動きはわかるのですが・・・・
腰きりはやっと応用できるようになってきました!!
寝技の崩しも疑問に思っていました。「なるほど」です。ありがとうございます。DVDもう一度見直してみます!!

投稿: へたれパパ | 2010年3月13日 (土) 10時43分

http://blog.livedoor.jp/masuda_toshinari/archives/51418364.html

増田さんが柔道衣のメーカー指定について書いてます。
5669先生はどう思われますかこの問題。

投稿: jis | 2010年3月18日 (木) 20時50分

はじめまして。最近こどもが柔道を始めましたので、

先生のHPを興味深く拝見させていただいています。

楽しく熱いメッセージをありがとうございます o(^-^)o

今度、講道館を見学しようと思います。

それで、22日がいいかなと思ったのですが、

選考会は、一般人でも、拝見させていただけるのでしょうか??

お教え下さい。

投稿: takaのママ | 2010年3月19日 (金) 17時56分

>くぼた
指導者になると相手の技を受けるようになるので「後の先」が巧くなりますよ。
僕も「内股すかし」などが得意になりました。
そう言った駆け引きもも柔道の面白さですよね。

>へたれパパ
寝技の基本姿勢は、引き込みの状態での片襟、片袖の持ち方じゃないでしょうか?
それがおそらく、寝姿勢での基本姿勢だと思います。

>jis
増田さんの意見に対しての意見を求めているのか、それともIJFの政策についての意見ですか?

>takaのママ
22日は10時から選考会が開始されます。(一般にはアナウンスされていませんよね?)
7階大道場で開催されますので、8階での観覧が可能です。
応援宜しくお願いします!

投稿: 小室宏二 | 2010年3月20日 (土) 01時26分

! ご丁寧に、返信ありがとうございます。

応援します。(黄色い声は出さないから大丈夫。)

がんばってください o(^-^)o

投稿: takaのママ | 2010年3月20日 (土) 18時22分

すみません分かりにくい質問で。
増田氏の意見ではなく、IJFの政策について、5669先生のご意見を頂きたかったのです。

投稿: jis | 2010年3月20日 (土) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/47666920

この記事へのトラックバック一覧です: テッポウ返しによる柔の理合いの体現法:

« 柔道界の光と陰(その一) | トップページ | 倒されずに倒す »