« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

号外!ブライダル新聞

先日行った結婚パーティーでは、以下のような新聞を作り配らせて貰いました。
スポーツ新聞をパロディにして、号外になるような誌面を構成しています。

内容は二人の馴れ初めやプロフィールなど。
僕はこのブログの「新婚の光と陰」シリーズをスタッフに読んでいただき、
その雰囲気のままにして貰いました。

裏面の下段には、広告面をパロディにしたモノが挿入されるそうなんですが
僕はDVDの宣伝をお願いしました。さすがにスタッフの方も初めての依頼らしく、
驚かれていましたが、流石にプロの仕事で仕上げてくれました。

ヒナタガーデン【ハッピーブライダル新聞】

Saa S_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

撮影快調!「関節技入門」

先日、寝技の神様といわれる柏崎克彦先生のお宅に泊めていただきました。
日直業務があり、遅れて到着してしてしまったため、緊張していると、
奥さんが料亭か?!と思わせるような完成度の高い料理で温かく迎えていただきました。

今回の訪問は『絞め技入門』 の続編となる『関節技入門』制作が目的です。

前回とは異なり、今回は柏崎先生が構成を先に完成させてくれました。
出版の段階では若干、修正があるかもしれませんが、
『入門』と謳うには有り余るほど、潤沢な内容で構成されています。

その内容を、簡単にご紹介します。

1.技名称と基本の形
2.技のポイントと関節技の打ち込み
 ①腕挫十字固 ②腕緘
3.体勢別攻略法
 ①亀の相手を攻める
 ②引き込みから攻める
 ③亀の体勢から攻める 
 ④抑え込みから変化して攻める
 ⑤絞技から変化して攻める
 ⑥立ち姿勢から攻める
4.防御された場合の極め方
5.逃れ方
6.柏崎&小室「関節技対談」

前夜の打ち合わせで「作っている側が面白いと思わなかったら売れないよ」と
柏崎先生が仰っていましたが、これは本当に面白いです!
撮影しながら、お互いハイテンションになってしまい、研究会のようになっていきました。
Sany2728_2

柏崎先生の理論を聞きながら「こういうところは根っこが同じなんだな」と共感する部分が多く、
また唸るような斬新なアイデア練習法もあり、僕の勉強にもなりました。

撮影は、演技とカメラチェックを交互に繰り返し、その都度、
お互いの技術で漏れがないかを確認しながら行いました。
※跳び十字など、高難度の技は今回は割愛しました。

これから急ピッチで編集作業が始まり、発売は6月頃になるようです。
コムロックの本も、同時期に発売できそうですので、合わせてご期待下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

【祝】 形世界選手権代表選考会 【日本代表】

本日、10時より講道館において
第2回「形」世界選手権代表選考会が開催されました。
Sany2703

第1回大会は昨年10月に開催されたばかりですが、
第2回大会はベテラン大会(30歳以上の大会)と合同で開催することになり、
日程が変更になりました。

今回は、僕と高野先輩のペアを含む全柔連に指名された
形強化選手2~3組による選考会です。(福岡の選抜と同じような感じですね)
Sany2704

僕の方は、先週から研修旅行(修学旅行)で九州に行ったり、
岐阜県で開催された東海地区中学生強化合宿の講師など、
各地を飛び回っており、直前の練習は充分ではありませんでした。
正直、かなり疲労を溜めた状態でした。。。

それでも全日本で優勝して以降、2連覇を狙って継続した練習を
続けてきたのが功を奏し、大差とはいきませんが、高得点を獲得し、
shine優勝shineすることが出来ました。
Sany2725

演技では、乱取り試合とは違い、常に心の中を平静に、ゆっくりとした呼吸を心掛けました。

昨年の今頃は、まだ『形の競技なんかもう一生出ない』と思っていました。
高野先輩から誘われて1年も満たしていませんが、
僕らはきっと凄いスピードで成長してきたと思います。

もちろん、幸運に恵まれたことも否定できませんが、こんなチャンス滅多にありません。

10年ぶりのハンガリー
あの時も袖車絞とコムロックだけでミラクル優勝しました。
今度も高野先輩と力を合わせ、世界チャンピオンを目指します!
Sany2697
応援宜しくお願いしますsign03

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

倒されずに倒す

先日、講道館を辞めることになったブッチー先生の送別会を、仲間内で開催した。

その席上、なぜか運動能力の話しになりヨメロックが私に対し
『○ー○○○なら勝てると思う』 的な発言をした。

心外であるdash
自転車にも乗れないような輩に負けるほど、落ちぶれてはいない。

勝負することになった。
果たし合いである。

結果から先に言わせともらうが、僅差ながら勝利した。

意地でも負けるわけにはいかない。

スコア?

ダメダメ!小さなことは気にしない。

判定はダメだよ、KOじゃなきゃrock

勝負は全て、倒すか倒されるかである。
Ssany1282

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

テッポウ返しによる柔の理合いの体現法

寝技に『崩し』なんてあるのか~あ~ぁ~?

あると思います!(エロ詩吟風に) 430927046809lzzzzzzz

一番簡単なものでいえば、亀になっている相手をひっくり返して抑え込む。
これの「ひっくり返す動作」が『崩し』だと思います。

多くの場合、抑込技にいく過程で必要なものでしょう。
絞技、関節技の場合、一発で極めてしまう場合もありますので。

また攻撃動作だけが「崩し(柔)」の理合いを体現する機会とは限りません。
例えば袈裟固で抑え込まれたときの「テッポウ返し」
これも相手の技(バランス)を崩さなければ成立しない技術です。

僕が行う一般生徒対象の授業では、投技ではなく、
袈裟固に対する「テッポウ返し」で「柔よく剛を制す」の理合いを説明します。

体力のありそうな生徒や有志を選び、袈裟固で抑え込ませます。
生徒から見れば、圧倒的に不利な体勢に見えます。
そこから僕が、一瞬のうちに「テッポウ返し」などで脱出し、自分の動きを解説していきます。

生徒は力のバランス、理合いの妙技に感嘆の声を上げ、興味を持つようになります。
投技で表現すると、その理合いを理解し体捌きの習得まで時間が掛かってしまうため、
自分たちの運動能力との格差を感じてしまい「とても出来ない」と倦厭してしまいます。

それに対し抑込技であれば、その日のウチに形だけは実践することが出来ます。
そこで、力任せに逃げるのではなく、相手の動きに応じて、相手の力を利用する
「テッポウ返し」を試みるのです。

この練習をしていると抑える側(取)も、どの方向に崩されると弱いのかが、
感覚的に分かるようになります。
弱い方向は、手や足でバランスを取り、いつでも身体を支えるように備えておくことが大切です。

この練習方法は、DVD固技上達法の撮影後に考案したものです。
決して出し惜しみしたわけではないのですが、申し訳ないので動画として公開します。
現在、我が都市大付属の生徒だけでなく、淑徳大学の学生にも取り組んでもらっています。
慣れてくれば、返される側(受)がある程度力を入れて耐えるようにすると、
より実践的な練習になるでしょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

柔道界の光と陰(その一)

某格闘家、某柔道家のパクリ企画ですが、柔道界の闇の部分を暴露しますbomb
というのは大袈裟で、ただの愚痴ですannoy

第1回は小さいことから。
六段への昇段を目指す僕には、昇段ポイントを稼げる大会が年間4種開催されています。

4月、全国高段者大会(¥2500)
5月、東京都高段者大会(¥4000)
7月、城北五区高段者大会(¥5000)
9月、都民生涯スポーツ大会(¥1000?)

大会の横に記されているのは参加費です。

もっとも参加者が多く、その為、レベルも高い全国高段者大会は
講道館が主催しており、参加費は¥2500となっています。
都民生涯スポーツは東京都が助成しているので、その分お安くなっています。

問題が城北五区大会です。

もっとも規模の小さい大会でありながら参加費が¥5000もします。
他競技ならいざ知らず、柔道でその金額は高額です。
しかも1試合限定の高段者大会です。

このからくりは【懇親会費が含まれた参加費】ということです。
以前、すぐに主催者に連絡を取り「懇親会に出席しない場合の金額」と聞きました。

すると『出席しなくても5000円です』とのこと。

柔道の試合に飲食費が含まれているってどういうこと?!annoyannoy

このことを早速、講道館の審議部に報告(ちくり)しましたが、
特に変化はありませんでした。

毎回、不満に思いながらも仕方なく申し込みを済ませ、
懇親会には出席せずに帰ってきていますが、本当にバカバカしいです。

そんな城北五区高段者大会、今年は我が北区が主催です。
参加費は変わらないでしょうけど、チャンスがあれば、何かしらの発言はしてみたいと思います。

柔道最高!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »