« 都市大付属柔道部ブログ☆スタート | トップページ | 府中駅伝 »

2010年2月 2日 (火)

うれし泣き

最近、涙を流しましたか?

歳をとったのか、元々なのか、僕は簡単に涙が出ますsweat01
小学生は試合で負けると泣く割には、すぐにケロッとしています。
そこがまた可愛くもあるのですが。

同じように流す涙でも「うれし泣きcherryblossomというのは、生涯でまだ2回しか経験していません。

そのウチの1回が大学1年生の時、
全日本ジュニアで優勝し、初めて日本一になったときです。

この時は、身体が震えるほど感動し、涙を流しましたcrying
「やればできるんだ!」と思ったと同時に、「諦めなくて良かった」とも思いました。

その1年前、同じ会場、同じ相手・・・・
僕は試合に敗れ、インターハイへの出場を逃し、柔道を辞めようと思いました。

「こんなに頑張ってもダメなら、もうこれ以上は頑張れない」
精一杯頑張った結果がコレなら、もう無理だと思ったのです。
僕は親父の跡を継ぎ、日本一の寿司職人になろうと思いました。

僕が考えを改めたのは、ある時、こんなことを思ったからです。
「今諦めたら、一生グチグチ言う大人になってしまう、辞めるなら全て出し尽くしてから」

そこから進学を決意し、そこから這い上がっていくまでには相当の努力をしました。
だからこそ、優勝したときは涙が溢れて止まりませんでした。

映画を観て感動の涙を流す
卒業式で惜別の涙を流す

それらの涙も、充分価値のあるものです。

しかし「うれし泣き」というのは、そうそう簡単にはいきません。
簡単には為しえないものだからこそ、泣くのですから。

今の生徒は、成りたいこと、やりたいことが無いような無気力な生徒も少なくありません。
あるCMでこんな会話がありました。

「イチローみたいになれるかな?」
『成ろうと思って成れるモンじゃないよ』
『成ろうと思わなきゃ、何にも成れないよ』

思い切って踏み出さなければ何も始まりません。
努力しなければ、何も得られません。
だからこそ、努力して得たものはかけがえのない宝物になり、感動を呼ぶのです。

そのきっかけとして、柔道どうですか?一緒に熱くなりましょう!
都市大付属柔道部、部員募集中ですgood

|

« 都市大付属柔道部ブログ☆スタート | トップページ | 府中駅伝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かに、うれし泣きってなかなかないですね。恥ずかしながら、私は1回もありません。

ところで、もう1回のうれし泣きはどんなときだったのか、ちょっと気になります。

投稿: あいえぬ | 2010年2月 2日 (火) 22時17分

>あいえぬ
もう1回は大学4年生の時、全日本学生で優勝したときですね。
詳しくはまた別の機会に~

投稿: 小室宏二 | 2010年2月 3日 (水) 08時22分

将来を語る時に「なりたい」「やりたい」という願望だけでは、
まず実現しませんね。
「なる」「やる」と強い意志を持って、その目標に向かってコツコツ
努力することが大事だと思います。
そういう努力は苦にはなりませんし、生き生きとした人生を送れます。

投稿: こばコージ | 2010年2月 3日 (水) 23時47分

>こばコージ
>「なる」「やる」と強い意志

ソコが重要ですよね。
ヤルと決めて行動を始めたら、案外なんとかなるもんです。
最近、DVD上達法の英語字幕を観ながら、英語の表現を勉強しとります。

投稿: 小室宏二 | 2010年2月 4日 (木) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/47458466

この記事へのトラックバック一覧です: うれし泣き:

« 都市大付属柔道部ブログ☆スタート | トップページ | 府中駅伝 »