« 柏苑祭(文化祭)のお知らせ | トップページ | 引退報告 »

2009年11月 3日 (火)

いよいよ発売→固技上達法(上巻)

度々、宣伝で申し訳ないです。
いよいよ固技上達法(上巻)が発売されます。
S_2

詳しい収録内容は以下の通りです。

基本練習Basic Exercises
             エビEbi (Shrimp)
             逆エビGyaku Ebi (Reverse Shrimp)
             横エビYoko Ebi (Side Shrimp)
             腰切りKoshi-Kiri (Hip Switch)
             すり足Suri-Ashi (Sliding Steps)
             トカゲTokage (Lizard)
             抱っこ腹筋Dakko Fukkin (Body Scissors Sit-ups)
             抱っこ回転Dakko Kaiten (Body Lock Rotation)
             スイッチバックSwitch Back
             飛行機&飛行機バックHikouki & Hikouki Back
             前転くぐり抜けForward Roll between the Legs
             腰切りを応用した打ち込みOsaekomi Uchikomi using Koshi-Kiri
             立ち姿勢からのクロスステップ・パスCross Step Pass from a Standing Position
             腕挫十字固の打ち込み 1パスカル式Pascal Juji-Gatame Uchikomi
             腕挫十字固の打ち込み2引き込み式Juji-Gatame Uchikomi from the Hikikomi Position
             横四方固の打ち込み1Uchikomi : Yoko-Shiho-Gatame #1
             横四方固の打ち込み2関節技への移行Uchikomi : Yoko-Shiho-Gatame #2
             足の抜き方How to get your leg out of Niju-Garami
             抑え込みの連絡変化(世界一周) 抑え込みの原則と防御法Osaekomi Transitions
             抑え込みの連絡変化(世界一周) 詳細解説Osaekomi Transitions: Detailed Explanations
            得意技Favourite Techniques
             袖車絞Sode-Guruma-Jime
             コムロックKomlock
            立→寝 移行技術Transitions from Tachiwaza into Newaza
             スイッチバックSwitch Back
             隅返Sumi-Gaeshi
             立ち姿勢からの片手絞Katate-Jime from a Standing Position
             腕返しUde-Gaeshi
             巴投1Tomoe-Nage #1
             巴投2 横巴Tomoe-Nage #2 : Yoko Tomoe
             巴投3 両足使いTomoe-Nage #3 : with both legs
             巴投4 小外掛からの連絡Tomoe-Nage #4 :Combination with Kosoto-Gake
             帯取返Obitori-Gaeshi
             掬投と袖車絞Sukui-Nage & Sode-Guruma-Jime

試合集Compilation of contests

※袖車絞とコムロックに関しては、簡略版となっていますので、詳しくは前作をご覧下さい。

上巻では基礎を徹底的に解説しています。
Spd3528_main_menu Spd3528_chapter01 Spd3528_chapter02 Spd3528_chapter03 Spd3528_chapter04 Spd3528_chapter05
しかし基礎と侮るなかれ!

足し算、引き算ができなければ、かけ算も因数分解もできないように、
体捌き、足捌きができないようでは抑込技と、その次に続く絞技、関節技の
完成度が高まりません。

上巻では正しい基本動作を実践例を挙げて紹介しています。
また世界一周(抑込技の連絡変化)や、寝技の打ち込みも多数収録。
寝技の地力をつけるのに役に立つ内容が盛りだくさんです。

      

    ■予約受付中■ 小室宏二 柔道固技上達法 上巻 [DVD]

|

« 柏苑祭(文化祭)のお知らせ | トップページ | 引退報告 »

ニュース」カテゴリの記事

出演・執筆情報」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

scissors今日、予約しました。DVDにサインしてください。今日、安田杯で優勝しました。( ̄▽ ̄)

投稿: たけし | 2009年11月 3日 (火) 18時54分

>たけし
優勝おめでとう!
頑張ってる成果が発揮できたんだねcherryblossom
サイン、もちろん書くよ。
また講道館でねscissors

投稿: 小室宏二 | 2009年11月 3日 (火) 20時07分

はじめてコメントさせていただきます。

小室先生のサイトは時々拝見させていただいて、とくに動画は子供達に寝技の動き、すばらしさを教えるのに重宝しております。今回DVD発売ということで、早速AMAZONで注文しました。

自分の子供たちはまだ小さいので(長男が小1で四兄弟です)、今は基礎的な寝技の動きをきちんと身に付けて、将来生かしてもらいたいと考えています。DVDが届くのが今から楽しみです。ぜひ参考にさせていただきます!いきなりのコメントで長々と失礼しました。

投稿: パパタロス | 2009年11月 3日 (火) 21時01分

今回のDVD発売なんですが、誠に勝手ながら本当に嬉しいです!
良いタイミングとだけでは言えない何かを感じてしまいました!!!

早速、明日は予約に走ります☆ネットはあんまり得意ではないので…(苦笑)

投稿: 秋田 おりけん | 2009年11月 4日 (水) 01時19分

>パパタロス
前半は少年部の指導経験を元に作成していますので、充分参考になるかと思います。
特に寝技の世界一周は、伝統ある練習方法で、抑え込みの要点がぎっしり詰まっているので、毎日やっても良いくらいだと思います。
お子さんの成長は楽しみですね!

>秋田 おりけん
ありがとうございます。
世に送り出す方としても自信作ですので、是非、感想を聞かせて下さい。

投稿: 小室宏二 | 2009年11月 4日 (水) 13時33分

小室さん、おめでとうございます^^

すごいですね。

さすがですね。

これは買いですね^^

投稿: BONE | 2009年11月 5日 (木) 00時11分

いつも楽しく見てます。コムロックも買いました。今回も勿論買います。小室さん対トイカツさんの試合は永久保存番にしてあります。質問があります。少年柔道コーチで柔術紫帯なんですが、柔術の技術を子供に教えるとしたら何を教えますか?又、低学年の子供達にも担ぎ技を教えますか?よろしくお願い致します。寝技世界一週は向井先生の本に載っていたので必ずやっています。

投稿: 康子パパ | 2009年11月 5日 (木) 12時34分

>BONE
これを出版するに、相当な決意と覚悟を持って挑みました。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、それくらい気合いの入った作品です。
宜しくお願いします。

>康子パパ
トイカツさんとの試合は、僕の格闘技史でもベストバウトだと思います。
足、痛かったんですよcrying
柔術にことは正直分かりません。
どの技術から習っていくのか分かりませんから、適当なことが言えないのです。
世界1周は本当に良くできた練習法だと思います。

低学年は担ぎ技でイイと思いますよ。
両足でしっかり立って掛けられる技がイイと思います。
足技なら小内刈や大内刈でしょうね。

投稿: 小室宏二 | 2009年11月 5日 (木) 20時59分

いよいよですね!
大変楽しみです。
仏語・英語字幕があるので、全世界でヒットしてほしいです。
私も、Facebookや柔道フォーラムで宣伝しておきますネ!

投稿: こばコージ | 2009年11月12日 (木) 21時27分

>こばコージ
英語サイトでの宣伝はお願いします!
そうそう、もう手元に届きましたのでそちらにも送りますね!

投稿: 小室宏二 | 2009年11月13日 (金) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/46659968

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ発売→固技上達法(上巻):

« 柏苑祭(文化祭)のお知らせ | トップページ | 引退報告 »