« 指導者としても在り方 | トップページ | 32型地デジ対応液晶テレビ »

2009年11月22日 (日)

閉店

実家の両親は二人で寿司屋を経営している

店の名は「宝ずし」fishfishfish
1341155468_250 1341155468_15

裸一貫、茨城県日立市から上京した父は
「腹一杯、寿司が食べたかった」という理由で職人の道へ

現在とは場所が違い、今ある店の向かいにあった先代寿司」
子供のいなかった先代は僕の父に跡目を継がせた

ちなみに、兄の信行(のぶゆき)はこの店名から1文字、
母親の子から一文字頂いている

訳あって場所を移し、僕が産まれたことで店名を変更
現在の「宝すし」となった

以来32年、その年月は、僕の年齢と足跡を共にしている
32年間、ひたすらと働きずくめだった

「実家が寿司屋なんて羨ましい」そんな言葉に
何度も「寿司屋の息子の大変さなんて分かるわけ無いか・・・」
と舌打ちした。

家族旅行なんて、殆ど行った記憶が無い
授業参観だって来てくれたこともない

僕が物心ついた時にはもう、従業員の1人だった
皿洗い、米とぎ、買い出し、小学校3年生で「出前」にも行った
「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」「こんにちは」
挨拶が出来なければ親父にぶん殴られたrock

寿司は好きではなかった
寿司は特別な食材でもなかった
だから他所で寿司を食べることもなかった

それでも
『親父の寿司は美味い!』
変なプライドだけはあった

店に誰を連れて行っても「美味い!」と言ってくれた。
親父はその言葉を聞くのが好きだった
儲けること以上に、良い仕事をするのに拘った
その為に、母親は経営面では随分苦労していた

苦労して、苦労して、必死になって僕たちを育ててくれた

そしてこの度『宝ずし』は閉店することになった。
時期は年明けの1月中旬を予定している。
1341155468_156

理由は至ってシンプルだ

親父は67歳になり、母親は今年還暦(60歳)を迎えた
跡継ぎがいない、景気も悪い、そして歳もとった

二人の息子はようやく正教諭となり、結婚し、兄には孫も出来た

そろそろ引退するときが来たのだ

いま、着々と閉店に向けた準備が進んでいる
来春には兄の家に同居し、孫の面倒を見るのが務めになりそうだ

32年、「必死」という言葉がピッタリ合うほどに、働いてきた
それを思い返すだけでも、涙が溢れてくる

僕はこの先、どこかで寿司を食べに行くことなんてあるのだろうか
あったとしても、きっと親父以上の寿司の出会うことはないだろう

残りの期間、僕はあの店とあの味を、胸に刻み込むことに努めようと思う

|

« 指導者としても在り方 | トップページ | 32型地デジ対応液晶テレビ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同い年、元柔道家です。
毎日読ませていただいております。
閉店前に1度伺いたいです。
跡継ぎはいないのですか?立候補しても駄目なのでしょうか??

投稿: 武田  | 2009年11月22日 (日) 18時28分

小室さんのパパの寿司はほんとうにおいしそう!

今日おれの親は寿司を買いました。。。 http://revil.com/blog/?p=402

投稿: Pat | 2009年11月22日 (日) 19時28分

引退ですか・・・
おつかれさまでした。

残念ですね・・・
私が道場に通っていた頃に比べると、やはりだいぶ年をとられましたね。
閉店する前に一度は伺いたいものです。

ちなみに私も子供の頃、お寿司屋さんでうらやましいなぁと思っていましたよ^^

投稿: BONE | 2009年11月22日 (日) 23時24分

>武田
跡を継ぐとしたら僕だったのですが、教師になってしまいました。
その時点で跡取りは消滅したので。
今の時点では立候補していただいても、期待には応えられません。
お気持ちだけありがたく戴きます。

>Pat
Have you been to TAKARA-sushi? No? I'm sorry.
I watched your blog.
I read your blog and study English.

>BONE
あら?佑道館の先輩でしょうか?
ブログを拝見しましたが、写真の撮り方抜群に巧いですね!
僕も写真が好きなんですが、なかなか巧くできません。

投稿: 小室宏二 | 2009年11月23日 (月) 00時02分

閉店とても残念です。うちの子供たちは宝寿司さんのまぐろと玉子が大好きでした。今の時代には
お父様のような職人は少なくなりましたね、うちの子供も実は回らないお寿司屋さんは宝寿司が初めて
でして、その思い出は一生忘れないと思います。お父様には第二の人生を楽しんでいただきたいですね、
長い間お疲れ様でした。

PS 本日、予約していた固技上達法の上巻DVDが届きました。醍醐杯より帰ってきて早速見ています。
   実は今日、4試合目に寝技で抑え込まれて負けまして・・・ 一生懸命勉強して強くなってくれれば
   と思います。 DVDにサインしてもらうと張り切っております。その時はよろしくお願いいたします。

投稿: TAKESHI  PAPA | 2009年11月23日 (月) 00時44分

>TAKESHI PAPA
お得意様になっていただいてありがとうございました。
抑込技から逃れるのに、良い練習方法を考案しました!
DVD収録後に思い付いたらものなので、今度、伝授しますよhappy01

投稿: 小室宏二 | 2009年11月23日 (月) 11時58分

本当ですか!

・・・・今度の土曜日を楽しみにしています。

投稿: ターミゲーハー | 2009年11月24日 (火) 14時45分

>ターミゲーハー
さすがにこれは冗談では言えません。
では土曜日に!scissors

投稿: 小室宏二 | 2009年11月24日 (火) 15時17分

心を込めた寿司の味 

辛苦に耐えた人の味 

投稿: とびたきゅう | 2009年11月24日 (火) 23時09分

1月9・10日にAT研修で岸記念体育館へ行きますので息子と宝寿司へ伺います。

9日の夜、大丈夫ですよね。

以前、王子に宿泊していた時には親父さんにホテルまで送っていただきました。

伺いますのでよろしくお伝えください。


投稿: すず・パパ  | 2009年11月25日 (水) 17時21分

>とびたきゅう
巧いこと言いますね!

>すず・パパ
ご無沙汰しています。
その頃は閉店しているかもしれませんので、
また改めてご連絡差し上げます。
タイミングが合うと良いのですが。

投稿: 小室宏二 | 2009年11月25日 (水) 22時51分

引退して隠居されるのですか。長い間お疲れ様でした。
小室先生も、さぞかし寂しい思いでしょう。
私の伯父は豆腐屋をしていましたが、閉店した後になって、もっと食べたくなりました。
今でも、他の店の豆腐や油揚げでは物足りません。

投稿: こばコージ | 2009年11月26日 (木) 20時39分

>こばコージ
来日されたときには、本場の寿司をお腹いっぱい堪能して欲しかったんですが、
とても残念です。
ジョンにも食べさせてあげたかったです。

投稿: 小室宏二 | 2009年11月27日 (金) 23時56分

今年、二度お邪魔して暮にも伺うつもりでいました。

「閉店」とても残念。

ご両親様の話も味わい深くついつい長居をしてしまい申し訳ありません。

長男へも腹一杯食べさせてやろうと思っていたのですが一月中旬ですね・・・

カウンターで寿司を摘みながら5669DVDも鑑賞出来て食べ過ぎ飲み過ぎてしまいます。

とにかく暮に食べておかないと!


投稿: 柔道ファミリー | 2009年11月29日 (日) 07時02分

>柔道ファミリー
いつもありがとうございます。
DVDは新作が入ってますので、是非ご覧になって下さい。

勉強も佳境に入って来ますね。
受かりますように(-人-)

投稿: 小室宏二 | 2009年11月29日 (日) 07時09分

お父様引退されるんですね。お疲れ様でした。
お店をたたまれるのは名残惜しいですが、
5669先生が結婚されるまではっていうのもあったのかもしれませんね。

今週末(5日)東京に行くので、
ランチタイムにお寿司をいただきにあがろうかと思っています。
1時頃になるかもしれませんが、開いてますよね?

投稿: どっぷらー | 2009年12月 2日 (水) 22時01分

>どっぷらー

13時であれば開いているはずです。
僕は勤務があり、ご挨拶できませんがのんびりしていって下さい。
柔道の話をすると、親父も喜んで付き合いますよ。

投稿: 小室宏二 | 2009年12月 2日 (水) 22時04分

こんばんは。
私は祖父が始め父が継いだ小商いを生業にしていますが
リーマンショックだか百年に一度の不況だか知りませんが
赤字が一年以上続き先行きも一向に明るい兆しがありません。

さっきもテレビで野村監督が
「財を残すは下、業を残すは中、人を残すは上」と言ってましたが
素晴らしい息子さんを残すご両親は本当にご立派な方なのでしょうね。

また折に触れて書かれる小室先生の孝行っぷりに不孝ものの私などは恥ずかしくてこのサイトもたまにしか見られません・・・。

私も孝行できるよう頑張ってみます。

投稿: -イオン-ホルモン | 2009年12月 6日 (日) 02時06分

>-イオン-ホルモン
恐縮ですsweat02
どこも不景気なんですね。
僕も身体がもう一つあったら、親父のような小粋な職人になり、
跡を継いであげたかったのですが・・・
今は個人経営のお店はどこも大変ですよね。
僕もどこまで孝行できているのか、そこすらもまだ疑問ですけど。

投稿: 小室宏二 | 2009年12月 6日 (日) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/46828554

この記事へのトラックバック一覧です: 閉店:

« 指導者としても在り方 | トップページ | 32型地デジ対応液晶テレビ »