« 続「際」の攻防 | トップページ | 久しぶりの全国大会 »

2009年10月22日 (木)

ゴング格闘技12月号『武のミカタ』

先日、久しぶりにゴング格闘技の取材を受けました。

2006年以降、格闘技の試合には出られなくなったので、
自分自身で興味が湧かないよう、格闘技雑誌は一切読まないようにしてきました。

当然、試合に出なければ取材を受けることも少なくなるわけで、
一時は毎号買っていたゴング格闘技も、随分と疎遠になっていました。

今回は「武のミカタ」特集の一環として、僕が指名されたわけです。
取材には、編集部の方だけでなく同誌で好評連載中の
「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか?」
著者である増田俊也さんも同席していただきました。
S_mg_2483_2  S_mg_2471_2

最初は本校の柔道場で撮影。
その後、駅前のレストランに移動して、柔道界のこれまで、そしてこれからについて
沢山のお話をさせていただきました。

さて、どんな記事になるかは23日発売の12月号をご覧下さい。
僕自身も楽しみです!
S_mg_2554_2  S  S_2

★武のミカタ。☆帰ってきた、コムロック!
小室宏二×増田俊也
「僕にとって道衣の袖は、バットに匹敵する武器です」


■予約受付中■小室宏二 柔道固技上達法 上巻 [DVD]

|

« 続「際」の攻防 | トップページ | 久しぶりの全国大会 »

出演・執筆情報」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

増田さん、物凄い情熱家ですよね。
七大戦を見に行ったときに、短い時間でしたがお話しできました。
小室さんもきっと楽しいお話が出来たんでしょうね。

投稿: 寝業研究家 | 2009年10月22日 (木) 16時00分

>寝業研究家
そりゃもう爆裂トークでした。あっという間に2時間以上話していたと思います。
ああいう方の意見も、柔道界で反映していく環境が欲しいです。

投稿: 小室宏二 | 2009年10月22日 (木) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/46419049

この記事へのトラックバック一覧です: ゴング格闘技12月号『武のミカタ』:

« 続「際」の攻防 | トップページ | 久しぶりの全国大会 »