« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

東日本実業団 (後編)

学生時代から継続して、僕は毎朝走っています。
現在は通勤に時間がかかるため、朝は45分程度ですが、
朝5時には起きて、出勤しています。

また講道館やB柔術のジムなど、足繁く通っています。
そういう努力があって、32歳の今でもそこそこに勝つことが出来ます。
30歳も超えてしまうと、体力の低下は著しいものがあります。

今回はポイントゲッターとして、かなり追い込んだ稽古をしてきました。
真っ暗になった放課後の校庭でランニングや打ち込みをしたり、
節制して、身体を絞って挑みました。
Sany2362

3回戦:府中刑務所B
たまに本気で聞かれることがありますが、彼らは刑務官です。
腕っ節の強そうな囚人が出場しているわけではありません。

相手の牧選手は24歳、力が強く技も多彩で寝技も巧かったです。
僕にとってはやりにくい相手だと思いましたが、僕が取らねば話になりません。

先程の試合で疲れがありましたが、逆にいい感じで肩の力が抜けています。
力まず、慌てず、自分の動きに身体を任せます。

序盤、巴投げから引き込み、横返しから一気に抑え込みます。
牧選手は力尽きたのか、あっさりと「参った」一本勝ちとなります。
ここまでくると、スタミナがものを言うようになってきます。

中堅、ハリ。
相手は拓殖大学を卒業したばかりの飯塚選手。
運動不足&メタボ気味のハリとは、動きが雲泥の差です。
しかしここでもハリは根性を見せます。
何度も追い詰められルも必死で凌ぎ、値千金の引き分け!

そして大将、正和の登場です。
相手の福岡選手は中央大学出身、なんと170kg!sweat01
正和はここでも「一本負けさえしなければチームの勝ち」作戦で、
徹底的に逃げ回ります。

僕は代表戦を想定して、呼吸を整えます。
しかし、福岡選手が再登場した場合、どうやって戦おうか・・・
不安と恐怖と、正和への祈りが頭を駆けめぐります。
頑張って逃げて!正和 (-人-)

祈りが通じたのか福岡選手、大き過ぎるのか正和を追えません。
結局、指導3までもらってしまいますが、無難に試合を終え、
我がチームは内容差で勝利!
3回戦を突破し、準々決勝に駒を進めたのです。

まさか府中刑務所にまで勝てるとは思っていなかった我がチーム、
ハリは「俺、準決勝から本気でイッちゃうよnoteと言い出します。
まずは目前の準々決勝から本気出せ!と突っ込まれます。
Ssany2361

準々決勝:建装工業
ここまで来ると、僕らはお祭りムード。いい雰囲気です。
先鋒戦、相手の加藤選手は国際武道大学出身の27歳、
これまで大内返や巴投など、多彩な技で勝利し、チームを引っ張ってきました。
彼は間違いなくポイゲ(ポイントゲッターの略)でした。
つまりこの先鋒戦はポイゲ対決、絶対に負けられない一戦です。

相手は明らかに疲れていました。疲れている相手には寝技です。
しつこく寝技です。

序盤、普段から掛けない背負投で相手を崩し、背後からの袖車絞を狙います。
加藤選手も必死で粘りますが、こればっかりは逃がすわけにはいきません。
肩固がガッチリ極まります。
ここで一本勝ち、先行逃げ切りの必勝パターンが完璧に遂行されます。

ここで調子に乗ったのか、なぜか中堅・ハリまで抑え込んで勝ってしまいます。
早速の2勝でチームの勝利は確定、準決勝進出と共に、メダル獲得圏内に到達しました。

そして正和も地味に優勢勝ちを収め、ここに来て初めて3-0の完全勝利。

まさかの快進撃で僕らは決勝進出を賭け、日本通運と対戦しました。

準決勝:日本通運
日本通運は全員が100kgを超えた選手たちでした。これまでとは迫力が違います。
僕と対戦した森選手は110kgでしたが、動きの良い選手でした。
試合中、なんども払腰で大きく崩されます。
「有効」を宣告されてもおかしくない場面が何度かありました。

僕も負けじと、背負投、巴投、そして寝技で攻めていきます。
しかし相手も寝技は徹底して逃げるので、攻めきれません。
序盤、背後からの袖車絞が入りそうになります。

ハッキリ言って、僕の技で彼に通用しそうなのは袖車絞しかありません。
僕はココだ!という思いで袖車絞を仕掛けます。

あれ?

ちょっと・・・

あ・・・

僕は攻めることが出来ません。

袖車絞を仕掛けようにも、手が届かないのです。
相手の身体が大きすぎてsweat01

絶好のチャンスを逃し、袖車絞も完全封鎖されてしまいます。

どうやって攻めるべきか。
僕は冷静になって考えます。

やはり基本に立ち返って、横返しからの抑え込みしかありません。
引き込みの姿勢から、全身の力を駆使して返しますが、
ビア樽のような大きな腹で、再びうっちゃられてしまい、
抑えるには至りませんでした。結局、この日、僕は初めて引き分けてしまいます。

これまで、僕が勝って逃げ切るという作戦で勝ち上がってきた我がチーム、
しかし相手の中堅、大将もこれまで以上に大型でした。

中堅ハリは190cm以上ある相手になんとか頑張りますが、終盤、
払腰から巻き込まれて一本負け。

大将、正和は140kgもある選手に対し、果敢に攻めます。
僕も一縷の望みを掛け、代表戦に備えます。
しかし相手は無難に分けにくるため、攻めきれず引き分け。

結局、僕たちは必勝パターンを崩してしまい、0-1で惜敗しました。

余談ですが、相手選手に試合中「なんだこの柔道はよannoy
みたいなことを言われました。
『あんたも寝技逃げてるじゃんannoyと思いました。
年上だし、試合中なので我慢しましたが。

試合後、パンフレットを見たら5歳も年下でしたdowndown
絶対に5歳は年上に見えたんだけどな・・・sweat02

ともかく、僕らは準決勝で敗退となり、
最終的にはshine第3位shineという結果でした。

とはいえ、全員が32歳の生まれであり、先鋒・大将が70kgちょっとなことを考えれば、
大健闘だったのではないでしょうか?
画像の表情を見ていただければ、満足度は充分分かるかと思います。
Sindex44 Sindex11 Sindex Sindex22

軽量級軍団の活躍は、まさに足立魂の真骨頂だったと思います。
今回限りの参加であった予定なんですが、すでに走り込みを始めた選手もいるようです。
これは来年も出ないわけにはいかなくなりました。

そうそう忘れてはならないのが昇段ポイント。
この大会は昇段に関わる大会として認められています。
今回は5試合戦って以下のような戦績でした。

  • 鈴木(二段)一本勝ち 0点
  • 明先(三段)優勢勝ち 0.3点
  • 牧  (三段)一本勝ち 0.3点
  • 加藤(三段)一本勝ち 0.3点
  • 森 (三段)引き分け 0点

あんなに頑張ったのに、相手の段位が低いため0.9点にとどまりました。
これで合計11.7点貯まりました。16点まであと少し。頑張ります!

■予約受付中■(11/20発売)小室宏二 柔道寝技必勝法 上巻 [DVD]

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

東日本実業団 (前編)

またみんなでチーム組んで試合やりたいねbeerwink

定期的に集まる足立学園同級生での飲み会、発端はそんな発言からでした。
柔術の団体戦が今年は未開催でした。

そこで僕たちは次なる戦いの場を探したのです。
今となっては所属も段位も、生活スタイルすら違う面々、
出場可能なのは、東日本実業団の3人制団体戦ぐらいでした。
正直、ちょっと僕らにはレベルが高かったと思います。

僕は職業柄、頻繁に身体を動かしてはいますが、
他の面々はせいぜい週1回、中堅のハリに至っては
「もう数ヶ月、チャリ通勤以外に身体を動かしていない」とのこと。
Sany2320 Sany2323 Sany2322

そんな凸凹軽量メンバーでの挑戦でした。

1回戦:井野整形B
実績や体格からいって、実際楽勝だと思っていました。
監督兼選手の僕は補欠に収まり、まずは高みの見物。
Sany2329 Sany2372

先鋒、伊藤。
軽量級とはいえ、福岡選抜や実業個人の優勝経験のある男。
その男の落ちっぷりといったら、酷いものでした(笑)
技が出ない、腰が廻らない、すぐバテる。
結局、楽勝かと思っていた初戦の先鋒戦は、指導2をくらい負けてしまいました。
3人制のため、すでに後がない我がチーム。

中堅、ハリ。
ここはしっかりと横三角で抑え込みます。
が、脚が届かず極まりも浅い。衰えはしっかりと見て取れることが出来ます。
1-1ながら内容でリードの我がチーム。

防御力には定評のある正和が大将で登場。
ここはやる気があるのか無いのか分からないような、
のらりくらりとした試合展開でごまかしつつ、指導2で辛勝。
初戦から際どい勝ち上がりでした。
Sany2382

2回戦:まるや接骨院
まるや接骨院は、元桐蔭学園で講師をしていた渡辺先生が経営する接骨院。
選手は桐蔭学園や桐蔭横浜大のOBです。
また僕自身、渡辺先生に呼ばれ、現地で寝技指導に赴いたこともあります。
先輩・後輩関係になり、選手同士は知ったもの同士であり、やりにくいところがありました。

ここで我がチームは作戦を変更、不調の伊藤に変わり、僕が先鋒で出陣です。
本当はハリに変わり、中堅の予定ではありましたが、まるや戦にオーダーに合わせました。

相手の先鋒・鈴木選手は桐蔭学園、日体大で活躍した業師です。
スピードとキレのある動きで、僕は苦手な選手でした。
しかも初戦では跳十字をきれいに極め、寝技にも取り組んでいる様子。

とはいえ、我がチームは僕が一本を取らなければ話になりません。
誰であろうとも極めにいきます。

序盤は身体が慣れていないことや、スピードに翻弄され、劣勢でした。
しかし中盤、相手の巴投を捌き、一瞬で腕挫十字固に極めました。
相手が下になった一瞬の隙をものにしたという感じです。
これはB柔術の稽古の中で学んだもので、
相手の身体を浮かしながらコマのように回してパスします。
そしてパスした瞬間に腕挫十字固に極めていきます。

中堅、ハリ。
つい先日、相手の明先選手にメシを奢ったというハリ。
「あいつには俺がメシを奢っているから、そんなに攻めてこないはず」
という大人な(?)戦略で引き分け狙い。ここはなんとか逃げ切って引き分け。
明先選手は66kg級で強化選手でもあったので、体格差はあれど、
現状のハリでは殊勲の引き分けといえます。

そして大将、正和。
ここで一本負けさえしなければ我がチームの勝利です。
相手は桐蔭横浜大を卒業したばかりの千葉選手。
桐蔭横浜大のOB会長でもある伊藤曰く「あいつは全然弱いから大丈夫scissors
という言葉を聞き、安心して正和を送り出します。

が、試合が始まってみるとプレッシャーが強い。がんがんに攻めてきます。
そして中盤の場外際、一気に間合いを詰められて小外刈で一本負け!
正和は投げられたと同時に頭も打っていました。

5「代表戦だ!どうする?」

「何が?」

5「誰が代表戦に出るかって?!」

一同 「お前しかいね~だろannoyさっさと行け!」

はい。代表戦です。もう一回、チームの勝敗を決める試合に臨みます。
ある程度、想定した展開ではあります。

しかし私、柔道人生で代表戦に出場した経験が思い当たりません。
高校時代のこのメンバーなら、間違いなく正和が出ています。
彼はインターハイ3位でもありますし、強化選手でした。
僕は正和に一度も勝ったことがありません。

しかし時間の経過とは恐ろしいもので、正和はもうアテになりません。
僕はチームの命運をかけ、再び試合場に立ちました。

相手は中堅で引き分けていた明先選手です。
彼は了徳寺学園の選手だった経歴があり、インターハイ優勝など、
多くの実績を持つ強化選手でした。

同じ66kg級選手として、いつかは対戦するときがあると思っていましたが、
現役時代は縁がなく、今回、初対決となりました。

序盤、内股すかしを試みますが崩しが甘く、不発。
やはり練習の時のように、ギリギリのところまで誘うことが出来ません。
明先選手も疲労の色が濃く、じっくりと攻めてきます。

彼とは何度となく練習しているため、手の内がバレていて、
思うように攻めることが出来ません。僕は立ち勝負を挑むことにしました。

後半、右の一本背負投を狙います。
タイミングは甘かったのですが、しつこく追いかけ「有効」を奪取。
更に終了間際、小内巻込で「有効」を追加。
優勢勝ちで勝利すると同時に、我がチームは2回戦を突破しました!

作戦通りの展開に、一同驚きを隠せません。
正直、このチームでは分が悪いと思っていました。

渡辺先生は「小室1人にやれれたよ~downdown」と仰っていました。

正直なところ、午前中には負けて、みんなでランチ打ち上げをして解散。
そんな風に予想していた僕らでした。

しかし、ここから思いも寄らぬ快進撃がスタートするのです。

つづく。

■予約受付中■(11/20発売)小室宏二 柔道寝技必勝法 上巻 [DVD]

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

技術の習熟度

これまで、私が何度となく言われ、また生徒にも伝えている言葉があります。
ここでもおさらいとして記しておこうと思います。

技術の習熟度には3段階あります。

  1. わかる
  2. できる
  3. 使える

「わかる」というのは、その技術の理合いや、タイミングなど、頭の中で理解できることです。
柔道経験が浅い方などは、袖車絞など、どこがどうなっているのか見当も付きませんが、
経験によって、それが判るようになってきます。

「できる」というのは次の段階で、実際の動いて出来るということです。
歳をとると、「わかる」と「できる」の間に、もどかしいほどの隔たりが生じるようになります。

「できる」は細かく分けるといくつかあります。
1.技の反復(打ち込み)でできる
2.動きのなかでできる
3.乱取り稽古でできる

乱取りでできるなら、最後の試合で『使える』のもすぐだろう。と、思いがちです。
そう簡単にいかないのが実戦です。

相手も、自分も最大限の力を発揮します。
時には、自分自身、必要以上のパワーを発揮します。
それが逆に「力みすぎ」を生み出してしまいます。

相手も予想外の動きをすることも多々あります。練習通りには動いてくれません。
寝技においては、寝姿勢への移行も制限されていますし、寝勝負自体の
時間的制約も厳しく、そこまで厳しく制限した練習をしている人も滅多にいないでしょう。

だから、練習で使えたとしても、試合で使えるかは別問題です。
そしてその狭間は、思っている以上に大きく隔たりがあります。

では「できる」状態から「試合に使える」までに上達されるにはどうしたらいいか。

まず必要なのは、様々な状態を想定した反復練習をする。

1.組み勝った姿勢から相手を潰し、寝技に移行して攻める
2.相手の技を捌き、潰して攻める
3.投げたあと、相手が逃げるところを寝技で攻める

などなどです。
いかに自分の試合展開と似た状態で取り組めるか、それが鍵になるでしょう。

そしてもう一つ大切なのは、自分自身、オリジナルの要素を盛り込む、ということです。

自分自身の話ですが、僕も横三角や帯取返など、人並み以上に「できる」段階にあります。
練習では、けっこう極めることがあります。

しかし、試合で極めるのはもっぱら袖車絞、横返しからの肩固、腕挫十字固ばかりです。
柔術ではそれにコムロックが加わる程度でしょうか。

それらの技術には、オリジナルの要素が組み込まれているか否かにあります。
平爺に教わった袖車絞とコムロックも、教わったときよりもかなりアレンジされています。
春日ロックなどは自分で創作したものなので、すぐに試合で使えてしまいます。
逆に横三角や帯取返は、まだ教わったままの原型状態です。

完全に技術を自分のものとして取り込み、その上でアレンジしていく。
そこまでいくと、きっと技術は身体に染み込み、試合で使えるまでに洗練されていくでしょう。

ある時、技術は対策が練られて利かなくなるときがあるかもしれません。
そこで諦めず、じっくり取り組むことで「本当に使える技術」
が身に付くのだと思います。

一技3年(ひとわざ3年)、そんな言葉もありますからね。

■予約受付中■小室宏二 柔道寝技必勝法 上巻 [DVD]

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

新婚の光と陰(エピローグ)

9/14(月)、仕事と自分の練習を終え遅い帰路の途中、高島平署に寄った。
今回の一件、ほとんどは決着を迎え、ようやく主役の時計が戻ってくる。

「警察署内でも盗難事件は起こる」、そんな話が現実的なのか、
厳重に保管された金庫から、時計はその姿を見せた。
盗まれたのは全国高段者大会の日(4/28)であるから、約5ヶ月ぶりの対面だ。

よくぞ手元に返ってきた。
素直な気持ちだ。

今後、2コになった時計をどうするか、まだ決めかねている。

090915_003726

当然のことながら、世間では普段通りの日常が過ぎている。
勤務校も2学期に入り、慌ただしい日々が続く。

幸い、嫁の弁当もなんとか復活を見せた。
忙しいときは昼食をとる時間すらないので、弁当は非常にありがたい。

しかし・・・・
090914_081137
嫁の愛を取り戻すまでは、もう少し時間がかかりそうだsweat02sweat02

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生はドラマだ。

1人1人が主役を演じ、オリジナルのストーリーを形成していく。
起伏のない、平坦なドラマほどつまらないものはない。

逆境は、ハッピーエンドへと続くドラマの要所である。
逆境をどう乗り越えるかで、ドラマの質は大きく変わる。

僕らは人生の岐路で交錯し、今回の一件二人にとって、ひとつの小さなスパイスだった。
この先、人生というドラマの中で、僕らはどこへ向かうのか。

先の読めない人生、それがドラマだ。

しかしこのドラマがノンフィクションである以上、このドラマは一旦ここで結末を迎える。

ある柔道家とその嫁のドラマがこの先、どういう展開を迎えるのか、
どうか温かく見守って欲しい。
Ssany2115_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

2009都民生涯スポーツ大会

今年度、最後の高段者大会に出場してきました。
昨年は病状が最悪のまま出場し、2回も投げられた苦い記憶がある大会です。

今年は万全の体調で!
と思ったのですが、夏休み中にエンジョイしすぎたせいか、若干練習不足でした。

Ssany2188

13時に開会するのですが、これだけの人が参加しています。
生涯スポーツ大会ということで、参加者は3段以上ではありますが、
30歳以上でなければなりません。若い人は他でやれ!ってことです。

対戦したのは横山選手、学生時代から度々稽古をしたことがあります。
お互い軽量級でしたが、経験と共に体重も身につけてきました。

今回も、力まず慌てず不動心が僕のテーマです。
が、稽古不足もあり、随分力んでいたように思います。

序盤、立ったまま絞技を仕掛けますが、場外まで逃げられてしまいます。
本来、故意に場外に出た場合は「警告または反則負け」が適用されます。
今回のそれも、明らかに場外に向かって逃げているのですが・・・取ってくれませんsweat02

再開後、絞りあった姿勢から横に滑り込みながら巴投!
タイミング的に失敗したと思ったのですが、意外に決まりました。

Sany2202
すかさず、引き込みながらの横返しです。

脚を絡まれますが、あっさりと抜いて抑え込みます。
この「脚を抜く技術」というのが、寝業師にはとても重要な技術になってきます。

相手の横山選手は時折「秘技・死んだふり」で、突然暴れて逃げようとしますが、
僕もソコは油断しません。がっちり抑えて一本勝ちとなりました。
今回の横山選手は、よく鍛えている選手なので、勝ち方を選ぶような余裕は
一切ありませんでした。着実に勝ち点を取れ、ホッとしています。

昇段ポイントは今回1点加算され、10.8点となりました。
2011年、「優」評価での六段受験に向けて、残りあと5.2点です。

これで高段者大会での連続一本勝ちは10回となり、一昨年前から
パーフェクトで来ています。今年度は全ての日程を終了しましたので、
来年も4つの高段者大会、パーフェクトを狙います!

次の試合は9/27、東日本実業団(3部)に足立学園OBチームとして出場します。
応援宜しくお願いします!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

新婚の光と陰 (最終章)

新学期が始まり、新婚旅行でのんびりした生活期から一転、
慌ただしい日々が再開した。

弁護士からは度々連絡が入り、今後の件について話し合いがもたれていた。

犯人(21歳)は今も署内に拘留(勾留)されていて、もうじき1ヶ月となる。
職業はフリーター、専門学校を卒業後、職を転々としているらしい。
今回が初犯で、質屋には15万円を返金済みだという。

※盗んだ時計を質屋で15万円にした。
 しかしそこで足がつき、逮捕に至ったわけである。

9月8日、今月初めての研究日。
朝起きると全身に蕁麻疹が発生していた。なぜ?
思い当たる節はない。ストレス?
新学期が始まり、一気に多忙になったことで疲れはあった。
しかしこれほどまでの蕁麻疹は経験がない。

淑徳大学での指導をキャンセルし、病院へ直行。
かなり強力だという薬を処方してもらい、副作用のためか、
そこから一気に数時間の眠りにつく。

しかし、いつまでも寝てはいられない。
今日は向こうの国選弁護士と会う約束をしているのだ。

水道橋駅前のニューヨーカーズカフェ、ここは向かいのスタバと違い、
なぜかいつも空いている。
090908_181151

約束の時間より20分も早く着いてしまった。
心急いているのだろうか、平常心を心がける。

弁護士はまもなく到着した。
電話の声では中高年のように思えたが、見た感じ、まだ30代だろう。
額に汗を流していた。

話はあっけなく終了することになる。話はだいたい、電話でついていた。
まず犯人は反省していて、初犯ということもあり執行猶予になるだろうとのこと。
質屋にもすぐ返金し、私にも誠意ある対応をすると約束していた。

示談書にはこう書かれていた。

  1. 今回の件を深く反省し、二度と行わないと約束する
  2. 弁償金として10万円を支払う
  3. 時計は審議終了後、警察から返却される
  4. これにより一切の示談とする。また本件に関する厳しい処罰を望まない

私は時計の他に3万円を盗まれていた。
10万円の中には、その3万円と慰謝料などが含まれている。

時計は現在、高島平署に保管されており、全てが片付いた後で返却されるらしい。
(つまり時計は2個になる)

「厳しい処罰を望まない」という点では少し考えた。
しかし犯人のご両親が現在療養中であり、無職であること。
弁償はおそらくご両親の手配であることなどを考え、
早く犯人が更正し、働くことを望んで了承することにした。

警察官や、刑務官の知人に聞くところによると、
こういった窃盗事件で、このような解決を見ることは珍しいという。
いわゆる「不幸中の幸い」なんだろう。
Sssany2086


お金は取り戻した

時計もまもなく、手元に戻るだろう(2個になる)

あとは失いかけた嫁の愛を取り戻すだけ

Cocolog_oekaki_2009_09_09_09_31

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

パニックマン

僕は足立学園早稲田高校以前にも、非常勤講師をしていた学校があります。
大学を卒業してすぐの僕は、就職浪人してしまい、大学院も落ち、凹んでいました。

そんな苦しいとき、ある学校で週に4コマ、柔道の非常勤講師をやらせていただきました。
教職を希望する僕には非常によい経験となりましたし、厳しい家計にあっては
とっても助けになりました。

また忙しい先任の先生方をサポートする立場の非常勤講師なのに、
強化合宿で休みます、海外遠征で休みますと、度々ご迷惑をおかけしていたのに、
いつも快く送り出していただいていました。

いま思い返しても、あの時の恩は忘れちゃいけないなと、思っています。

その学校は1年で辞めることになりました。
了徳寺学園への就職と、大学院への進学が決まったからです。

さて、本題です。
その学校のある先生は、筑波大学柔道部の先輩でもあります。
それが縁でお話を頂きました。

そして僕が辞職した数年後、先生はパニック障害になったそうです。
それってなんの病気?と思いますよね。僕も全然分かりません。
以前、たかの先輩のブログで紹介されていたのですが、
「そんな先輩いたかな??」とスルーしていました。
分からなかった原因はペンネームってやつですね。
あんなにお世話になった先輩なのに。。。

とにかく想像も出来ないのが、精神疾患にもっとも縁遠いと思うような先輩が、
パニック障害になってしまったこと。いや~想像できない!

そしてその経験を元に、本を出版されました。いや~先輩らしい!
僕も今注文したばかりで、内容は分かりませんが、
関係者は納税だと思って強制購入です。よろしく。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

ドラム洗濯機購入計画

嫁との半同棲生活(嫁は週二日、自宅待機)も半年になろうとしています。

その間、掃除機や冷蔵庫といった家電製品を買い換え、
僕の部屋も独身時代とは少しずつ変わってきています。

第3弾として、今回は洗濯機を購入することにしました。
現在使っているのは、大学2年生になるときに購入したもので、
もう12年も使っています。内槽がカビだらけです。

子供用ならいざ知らず、柔道衣は上下で入れてしまうと、
なかなか廻ってくれず、汚れが落ちません。

そこで大容量のドラム式の購入を考えました。

しかしこれが高いんです!

高いものは20万円を超えます。
オメガの時計が買えちゃいます。

そんなんで予算の都合と調整しながら、
大容量で低価格、乾燥機能には拘らない方向で探しました。

普段、電気製品はネットで買うのが自分流ですが、
洗濯機は壊れやすい製品です。
壊れてもすぐに治してもらえるよう、地元の量販店で買うことにしました。

ちょうど8月末は決算期らしく、近所のケーズデンキでは安売りをしていました。

ある製品は17万円の製品が12万円になっていました。
さらにそこから交渉すると、あっさり11万円になりました。
もう少し他の製品も買うからと、値段交渉を計画していたのですが、
ある事実が判明しました。



我が家には、ドラム式洗濯機の入るスペースが無い!!

置き場所はあるんです。
置けるのですが、玄関からそこまでの搬入経路が確保できないのです。

そこでコンパクトなドラム式で、搬入経路が確保できるものを探しました。

ありませんでした。

断念しました。

洗濯機はこのまま使い続けます。

傷心の僕たちは、あるものを買い、心を落ち着けました。
ウォシュレットです。

090903_225457

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

DVDタイトル&発売日が決定!

現在、編集作業に大忙しのDVD進行状況です。

まずタイトルが決定しました。
小室宏二 柔道寝技必勝法
Ss__dsc1649_2

上中下巻の3部作になるようです。

まずは上巻が11/20に発売を予定しています。

収録内容は基本動作、得意技(袖車絞&コムロック)、立→寝への移行です。
試合映像もふんだんに盛り込まれています。

以後、12/20に中巻、1/20に下巻が発売されます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

バリ島の仙石道場

バリ島挙式の際、仙石道場に行ってきました。

仙石常雄先生とは、1年半前にインドネシアでの講習会でご一緒させていただきました。
先生は「固の形」のDVDでも演技されているので、有名なお方です。
僕がバリ島で挙式するという噂を聞きつけ、ホテルまで迎えに来てくれたのです。

先生からは観光から食事まで、何から何までお世話になってしまいました。
八段の大先生が、僕のような若造夫婦に至れり尽くせりで接待してくれ、
大変恐縮してしまいました。

Simg_3072

仙石先生は警視庁を定年後、インドネシアのジャカルタで協力隊員として従事し、
その後、私財を投入してバリ島に道場を建設、ボランティアで地元の人々に柔道を指導しています。

そのきっかけとなったのは、先生が若い頃、インドネシアで指導した時のことです。
貧しい子供たちが食べるものや着るモノに困っていたことで、
柔道をやりたくても、なかなか出来なかったそうです。

子供たちにお金の心配をさせず、思い切り柔道をやらせてあげたい。
そんなボランティア精神が根幹にあるのです。
その経緯を、先生は涙ながらに語ってくれました。

その武道家然とした佇まいは、古き良き柔道家を思わせました。
ボランティアの精神、子供たちへの愛情、柔道への情熱、
僕は頭の下がる思いでした。

Simg_3076 Simg_3085

仙石道場は100畳以上もあり、先生の自宅の他にゲストハウス、
プールなども完備していました。専属のコックさんは何でも作れるとのこと。
僕らでも羨ましくなるような、立派な施設でした。

新婚旅行のこんな時でも、僕はこんなこともあろうかと道衣を持参していました。
少しでもの御礼にと、稽古や寝技指導をと思いましたが、
「新婚旅行なんだから柔道しなくていいよ、今度また来て!」
と低調に断られてしまいました。
ちょうど、今回の新婚旅行でマイルが貯まったので、再びバリ島に行こうと思っています。

Simg_3125 Simg_3117

ところで、仙石先生はNPO法人を立ち上げ、広くボランティア会員を募っています。
不要になった道衣や、善意のお金など、どうかご協力下さい。
僭越ながら、僕も会員に混ぜてもらいました。

特定非営利活動法人
柔道で世界と手をつなぐ育成クラブ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »