« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月23日 (火)

25段練習会

昨年度までは月曜日にお休みを戴いており、
パラエストラ東京の昼柔術に参加しておりました。
ここでは普段できない、高いレベルでの攻防が繰り広げられ、
非常に良い練習が行えていました。

今年度からは研究日が火曜日となりました。
昼柔術は火曜日に設定が無く、代わりに昼グラップリングをしています。
何度か参加したのですが、どうにも裸の攻防は苦手です。
だって袖車絞の袖がありませんから、掛けれません。
本当は、ちょっとだけ素手でも掛けることが出来ます。
変形のチョークスリーパーですね。

そんなこんなで嘆いていたところ、
「それなら一緒に、柔術やりましょう」
プロ格闘家の青木真也から声が掛かりました。

1ヶ月半前から始まった二人っきりの練習会。
お互い、キレのある技を持った同士なので緊張感があり、気が抜けません。
時間は計らず、ひたすら疲れるまで極め合います。

第1回目は3本ぐらい極めたでしょうか。
それでも現役最高レベルのプロ格闘家相手ですから、
その倍くらい極められちゃいます。
最近はあまり「参った」をする機会がないので、
危うくそのタイミングを間違えると、即大怪我に繋がります。
特に首は毎回、よく極められます。

2回目、3回目と、僕の極める回数は減っていきます。
僕のレパートリーは少ないですから。そしてスタミナもないので、
後半は一方的にやられてしまいます。
第4回は1本しか取れませんでした。

第5回目の今日から、もう1人、強者が合流しました。
足関十段こと、今成正和選手です。
足関節はもちろんのこと、柔術もかなりの強豪です。

今日はこの3人で、順番に乱取りを行いました。
緊張感みなぎる強烈な練習会です。

この暑さもあり、3巡めの途中で3人ともギブアップ、
全員が汗まみれになってしまいました。

S30

せっかく有名格闘家との練習会だったので、記念撮影。
青木真也(跳関十段)
今成正和(足関十段)
小室宏二(柔道五段)

二人の十段に囲まれて、shine合計25段shineの練習会でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

外食と抑え込み1000円

小学生の頃、道場の練習が終わると、親父は道場まで迎えに来てくれたrvcar
客にツマミをサービスしつつ、待っていてもらうのだ。
僕は道衣のまま車に乗せられ、宝寿司まで送り届けられる。

忙しくて、どうにも迎えに来られない場合、トボトボと歩いて帰るのだが、
たかが2km程の帰り道がやたらと遠かったと記憶している。

晩飯の最有力はもちろん寿司!
毎日食べさせられ、飽き飽きしていた。

次が母の作る牛丼、カレーライス、ハンバーグ、唐揚げ・・・
もしくは同じ商店街のラーメン屋さんか、定食屋で出前を取っていた。
晩飯は毎日、間違いなく【外食】のようなものだった。

一般家庭からしたら「寿司」は外食で食べるものですが、うちでは家庭料理の範疇だ。

その影響もあって、そして減量苦の影響もあって、僕はそれほど好き嫌いがない。
(納豆は足の匂いがするので嫌いだけど)
極々普通の、質素な家庭料理が好き。
A99a9a6de1e97e37449c1e894b84001

ところで、僕が納豆より嫌いなモノに【酔っぱらい】というのがある。
稽古が終わり、宝寿司で遅い夕食をとっていると、大概が客に話しかけられる。
「柔道してんのか?」
「強そうだな」
「おじさんと腕相撲するか?」
酒臭くてしつこいので、僕はいつも無視していた。

ある時、近所の製麺所のおじさんが
「宏二と柔道で勝負しよう」
と持ちかけてきた。僕が6年生の時である。

ルールは簡単、僕が抑え込み、おじさんが逃げられるかどうか。
賞金は1000円shineshine

僕は袈裟固で抑え込み、すぐに勝負がスタート。
「ふん!ん?ん~?ぐぇぇぇ~?参った!!」
勝負はあっという間についた。

僕が全体重をかけ、そして頭を引き上げて苦しい体勢にし、抑え込んだのだ。
30秒を待たず、おじさんは参ったし、そして賞金の1000円を頂いた。

「小学生に負けるはずがない」と思っていたおじさんは驚き、落胆し、
そしてすぐに再戦を要求してきた。

今度は後袈裟固、頭を徹底的に潰していく。
「いたたたたたた!参った!!」
もう1000円ゲット!小学生に2000円は間違いなく大金だ。
V0yqib38f14832_dest

おじさんはいい加減諦めたようでぐったりしている。
酔いが回ったようで、むしろ青ざめている。

その後も、おじさんが店に来るたび
「おじさん、抑え込みの勝負しない?」と誘ってはみたが
二度と勝負することはなかった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

夏季休暇のお知らせ


既に何件か問い合わせがありましたので告知させて頂きます。

まず講道館の夏季講習会(二部&少年)、それと少年部合宿ですが、
今回はいずれにも出られません。
夏季講習会の要項には一部、僕の名前が入っているようですが誤りです。

これに加えて、合宿や合同練習のお誘いもありますが、
今年は難しいです。
悪しからずご理解下さいませ。

最大の理由は、8月の半分、日本にいません。

上旬はオーストラリアで寝技指導、中下旬はバリ島で結婚式を挙げて来ます。

オーストラリアは寝技講習会初の海外進出、バリ島の方は人生最初で最後(多分)なので、ご容赦下さい。

夏季休暇のお知らせ

足立学園時代は夏休みが2〜3日でしたが、都市大付属は練習が2〜3日になりそうです。

来年度からは部活もビシバシやります!

五反田『ヌキテパ』の絶品スイカのケーキ
Dcf_0255_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

北区の少年強化練習会

2013年に東京国体、招致中の2016年の東京オリンピックなど、
いま東京はビッグイベントを控え、強化に本腰を入れています。

北区もその影響を受け、少年の強化練習会を開催するようになりました。
とはいえ、北区は道場も少なく、他の市区と比べるとレベルもまだまだです。
僕にも生粋の北区柔道会会員として動員がかかりました。

ある先生からは「ウチは爺さんばかりだから、若いモンに協力して欲しい」
と言われていたのですが、確かに高齢化は否めません。

まずは先生方お二人のありがたい挨拶、そして名前を呼び上げて返事をさせる点呼。
これだけで開始から30分が経過しました。 無駄な30分でした。sweat02

僕は今回、大人しくしていましたが「強化」という目的を達成するとなれば、
全部僕がやっちゃった方が良いような気がしました。

が、殆ど僕は出て行きませんでした。
あまり仕事を引き受けると、本業が手に負えませんから。

練習の合間、一緒に参加していたハリと寝技の乱取りをしました。
彼は幼なじみで足立学園の同級生です。
講道館杯にも出場経験があり、一本取られない程度には自信があったようですが・・・

3分ほどで3本取りましたscissors

あまりにもショックだったようで、
『高段者大会の時「2分立技で勝負して、決められなかったら
残り1分で極めるよ」
って言っていた意味が分かったよ』
と言っていましたcrying

帰り道、ランチでもして帰ろうと誘ったら
「気持ち悪くて食べれません」と、オヤジ色に染まっていました。

大学を卒業して10年が経ちます。
よっぽどの実力者でも、柔道から離れてしまっては貯金も使い果たしてしまいます。
10年後、20年後はさらに勢力図は変わっているかもしれません。
僕ももうちょっと半現役で頑張ってみようと思います。

写真は大学4年、関東学生の時のものです。
僕は左、ハリは右。

1999_kantou_gakusei

我が都市大付属でも、生徒勧誘を兼ねた寝技講習会を開催しようと思っています。
対象は小学5、6年生、参加は無料です。まずは7月に開催します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

道衣を新調

自腹切って道衣を新調しました。

ズボンは意外と3号Y体(やせ形モデル)です。
上衣は3号で、袖を+3cmの特注品です。
もちろん、袖車絞でスムーズに袖が持てるようにするためです。

これのデビューは7/20の城北五区高段者大会かな。

都市大のマークはちょっと大きすぎましたが、
シンプルですし、僕の好きな青系の配色です。
090606_173114 090606_173144

僕は「○○高校教」というゼッケンに凄く憧れていました。
身体の動くウチは、身をもって生徒に柔道を魅せて教えていきたいです。
6月ですが、新入部員はまだまだ募集中、経験は問いませんsign03

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

今時の中高生

放課後の校内で、暇そうにしている生徒を見るたび
「柔道部入らない?」
などと声をかけています。

また授業で粗相をした生徒にも
「この野郎!柔道部入れるぞ!annoy
などと言って脅かしています。

その甲斐あってか、高校生は6人、中学生は1人、合計で7人になり、
高校の方は「同好会」からshine『部』shineへ昇格が決まりそうです。

そんなわけで、都市大付属柔道部はようやく本格的なスタートを切り始めました。
高校2年生はすでに「寝技の世界一周」は完璧にこなしています。
これから徐々にステップアップして欲しいと願っています。
超大型の新人中学生は、秋以降、講道館でアキオに挑戦させます!
高校生は文京1中の生徒に稽古をつけてもらいましょう。
(中学生に苛められたりして・・・・down

しかしながら、柔道の人気の無さは筋金入りで、
本校では全く「柔道なんて・・・」といった雰囲気です。

文明開化の進む明治時代、柔術を学ぼうとした嘉納師範が
物好きのようにあしらわれたのも、今の本校と同じような風潮だったのかもしれません。

『柔道が強いと女の子にモテるんだぞkissmarkなんていう根拠のないスカウトをしても
「僕は彼女なんて欲しくないですから」という素っ気ない返事をもらいました。
高校生になれば、その価値観もがらっと変わるのでしょうけども、
中学生はまだまだ子供です。

先日、うちの奥さんとの帰り道、講道館に来ている女子中学生とすれ違いました。
するとその子達に「ひゅーひゅー!」って冷やかされました。
奥さんと歩いているのを冷やかしてどうする・・・と思いましたが、
中学生にとって、彼女がいるっていうのは恥ずかしいことみたいですね。
まぁ、とりあえず「ひゅーひゅー」うるさいので蹴っ飛ばしておきましたけど。
本校が男子校で本当の良かったと実感しております。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »