« 2009全国高段者大会 | トップページ | おそらく期待はずれの動画 (都高段者) »

2009年5月 5日 (火)

2009 Gi関東予選大会

既報の通り、久しぶりに柔術の大会に出て参りました。

動機は嫁さんの
『格闘技をしているところを生で見てみたいheart02でした。

嫁さんと出会ったのは講道館に勤務してから。、
講道館では当然、柔道以外の試合は御法度でした。
(特にそう言う決まりはありませんが、空気読んでましたsweat01

DVDなどで僕の試合は見るモノの、高段者大会以外、
生で観戦したことがないということで、そんなリクエストが出ました。
ちょうど友人から誘われていたこともあり、出てみることにしました。

今回は帯色や体重、年齢など一切の無差別級でした。
しかしながら同時に体重別の試合も開催されており、
僕の出場したカテゴリーはあまり人が集まりませんでした。

12時集合とはいえ、参加者は15時まで募るという粘りよう、
試合開始は17時を過ぎていました。
もし応援や家族がいなかったら、怒って帰っていたかもしれません。
Ssany1797

そして試合!1回戦は白帯の方と対戦。
内股で一閃、投げ終わらぬうちに腕挫十字固を極めました。

しかしその際、レフリーがpaperパロ~~~ン!paperと言います。

5 「はい?」
僕は意味が分からず、また何かしてしまったのかと思いましたsweat01sweat01

あとから関係者に聞くと、いま柔術はポルトガル語で捌くようで、
「はい、終わりね」てことらしいです。
何言ってるのか分からず、ドギマギしてしまいました。
反則負けの常習犯ですから・・・sweat02

2回戦、スパイダーガードに手こずりました。
最近マイブームの腕挫脚固に捕らえたんですが、
実は得意ではない方の腕を捕らえていました。案の定取り逃がす・・・
結局は送襟絞で勝利。柔術的にはクロックチョークでしょうか。
文京一中の生徒には、嫌と言うほど教えてきた技術です。
先生のお手本を見習って欲しいです。

正直な話、最近は全然練習が出来ていません。
生徒はまだ受け身の段階で乱取りが出来ませんし、
仕事の関係でまともな練習は1週間行えませんでした。

そんな訳で、たった2試合だけでも結構疲れちゃいました。
最近、試合では脱力・リラックスを心掛けているのに、久しぶりな為か、
ずいぶんと力んでしまい、疲労しちゃいましたsweat01

決勝戦、ちょっと時間が空きました。
リラックスと集中を心掛け、速攻勝負を心に決めていました。
僕の苦手な、スパイダーガード的な動きをする方だったので、
長い展開は不利と考えたからです。

その作戦が功を奏したのか、サクッと抑え込み、
マウントポジションから一気に袖車絞を極めました。

全試合の詳細はYouTubeをご覧下さい。

嫁さんのお姉さんや、講道館の少年部、足立学園の教え子など
色々と応援に来ていただいたので、不甲斐ない試合だけはしたくありませんでしたが、
一応面目は保てたようです。 元CCBみたいな青木選手も来てくれました。
応援に来てくれた皆さん、ありがとうございました!

Ssany1785 Ssany1811 Ssany1792 Ssany1823
今回、試合進行の手際がとても悪く、時間を無駄にしているところがいくつもありました。
1分、数十秒単位で進行をコントロールしている全日本選手権、嘉納治五郎杯と
比べるのは酷かもしれませんが、もう少し改善の余地はあると思います。
ただ優勝賞品として大好物のアサイーがもらえたのはラッキーでした♪
Asai_2

10月には全国大会に繋がるというこの大会、
動機が不純だったものですから、この先のことは考えておりません。
嫁さんは満足してくれたでしょうか?矢印上下矢印上下
Ssany1832 Ssany1841

【Gi】柔道家・小室宏二が全試合一本勝ちで柔術無差別級を制覇
(配信 GBR 格闘技WEBマガジン

|

« 2009全国高段者大会 | トップページ | おそらく期待はずれの動画 (都高段者) »

動画」カテゴリの記事

格闘技」カテゴリの記事

試合について」カテゴリの記事

コメント

1回戦、試合止まった時マジでビビって固まってらっしゃるようで面白いです。
2回戦の腰締めって柔道ではメジャーなのでしょうか?
決まり手もですが、一つ一つの動きの安定感というかバランスがすごいなぁと思いました。

アウェー感も全然ないですね…。

投稿: いけだま | 2009年5月 5日 (火) 10時57分

>いけだま
はい、相当ビビリましたsweat02
腰絞は通称で、正式には「送襟絞」になるんですが、
足立学園では最初に教わったのがこの技ですね。
僕も生徒に指導するなら、担ぎ技を捌いて、この技で絞めるのを
第一に指導します。

投稿: 小室宏二 | 2009年5月 5日 (火) 11時42分

5669第二章の始まりですね!


不手際さを含めて、時間に超ルーズなブラジリアンスタイルを楽しむ位の感覚でやった方が、
脱力出来て普段の小室先生の技術&強さをヨリ発揮出来る気が。


最悪、当日試合がなくても、笑いながらみんなにお菓子を配って帰る位の余裕ですと、既にメンタル面もレオジーニョ以上です(笑)

投稿: まぁ | 2009年5月 5日 (火) 12時45分

>まぁ
なるほど!
確かに一理ありますね。
ちょっと肩に力が入っていたかもしれません。
次回からはお菓子持参で挑戦してみます♪happy01

投稿: 小室宏二 | 2009年5月 5日 (火) 12時51分

昨日は、お疲れ様でした。happy01
そして、おめでとうございましたcrown

試合前の奥さんは、とても緊張していたようですよ。(nが言ってました。)coldsweats01
観覧席からも、奥さんの緊張は伝わってきました。coldsweats01
私達が子供の試合を応援するのと、同じ気持ちだったと思います。

「小室先生」から「小室選手」の試合、また応援に行きますnote

投稿: n.i_母 | 2009年5月 5日 (火) 13時22分

>反則負けの常習犯

( ̄□ ̄;)じょ・常習犯なんですか。ルールが違うからなあ・・・あ!
そういえば柔術の試合で露骨にポイント守りに入ったビビアーノ・
フェルナンデスにジャイアント・スイング(爆)。すいません、あの
試合ビデオ初めて拝見したとき爆笑してしまいました。

でもあれはカチンときますよねえ。その前に相手「ほら襟とれ」
みたいな挑発もしてたし。

投稿: koolpaw | 2009年5月 5日 (火) 13時27分

>n.i_母
子供達にいいとこ見せることができてホッとしています。
嫁さんは過緊張するタイプなので、僕より汗かいてましたsweat02

>koolpaw
昨年は金タマ巴投で反則負けしていますしね(タイ国際)
柔術のセオリーを無視した戦い方の方が、相手は嫌がるのでそうしています。
どうせ柔道の技術しか扱えませんし、一本の定義は変わりませんから。

投稿: 小室宏二 | 2009年5月 5日 (火) 14時15分

選手が足りない時点でメールくれればよかったのに・・・
YOU TUBEの画質よくなった?

投稿: たかの | 2009年5月 5日 (火) 16時14分

>たかの
マジですか?今度出ます?
YouTubeは1GBまでアップロードできるようになり、
画質も高低2段階になりました。
ブログに公開するときは画面の大きさまで指定できて、便利ですよ。

投稿: 小室宏二 | 2009年5月 5日 (火) 19時10分

優勝おめでとうございます。

試合を見学に行きたかったのですが,
嫁の実家に行かねばならず,見れませんでした。
でもYouTUBE動画で一部だけでも見られてうれしいです。

ちなみにうちの嫁は,試合があっても見に来てくれないそうです。泣

投稿: 0884 | 2009年5月 6日 (水) 11時31分

>0884
家族の理解は不可欠ですよね。
各試合の様子は、完全収録版でも公開していますよ。
http://www.youtube.com/results?gl=JP&hl=ja&search_type=search_videos&search_query=Gi%E3%80%80%E9%96%A2%E6%9D%B1%E4%BA%88%E9%81%B8&search_sort=relevance&search_category=0&page=

投稿: 小室宏二 | 2009年5月 6日 (水) 19時35分

相手は格下ばかりでしたが・・・コム様の強さは本物です。
講道館にずっといて柔術できないより、
まだまだ現役でいけると思いますし、
これからは第二章として伝説をドンドンつくってってください!
           こづくりも。
ムンジアルとってください。あとコムロック2かいます。

投稿: gogo | 2009年5月 7日 (木) 00時07分

>gogo
格下ということはありませんよ。
少なくとも柔術の技術は僕より多彩なはずです。
ムンジアルは行く時間と予算がありません~

投稿: 小室宏二 | 2009年5月 7日 (木) 07時11分

2試合目の腰締めをDVDばりに解説していただけませんでしょうか?
ちょっと見えにくいので。
(コムロック2に入れてもらえればそれで全然OKなのですが…)

あと、上の動画にセクシーな声が入っているおねいさまが奥さまなのでしょうか??

投稿: いけだま | 2009年5月 7日 (木) 22時19分

>いけだま
腰絞めはDVDか本には入れる予定です。
まず僕の場合は腕挫脚固を狙います。キメられなくても相手の片腕は制御できます。
次に襟を握り、内無双のようにして片腕を股関節あたりに差し込みます。
今回は襟が浅かったので、股関節ではなく襟を握り、教科書どおりの送襟絞にします。

あとは肩口に腰をあて、胸を張りながら周ります。
通常の背後からの送襟絞より強力です。

柔道では担ぎ技を捌いて、この技に入ることが多いですね。
(『絞め技入門』に詳しく書かれていますよ)

足立学園生時代、徳原先生に叩き込まれた技です。


声の主は嫁です。
僕の講習会を散々見学しているので、目だけは肥えて来たみたいです。
素人ですけどね。

投稿: 小室宏二 | 2009年5月 7日 (木) 22時49分

>仕事の関係でまともな練習は1週間行えませんでした。

残業手当なしで月50〜100時間の時間外勤務が普通という業界ですので、両立は大変でしょうが頑張ってください。

投稿: 岩谷堂高校柔道部 | 2009年5月 8日 (金) 20時09分

>岩谷堂高校柔道部
確かにサービス残業は半端じゃないですね。
早く生徒を一人前に育て、立派な稽古相手に仕上げますup

投稿: 小室宏二 | 2009年5月 8日 (金) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/44903722

この記事へのトラックバック一覧です: 2009 Gi関東予選大会:

« 2009全国高段者大会 | トップページ | おそらく期待はずれの動画 (都高段者) »