« 講道館通信@3月号 | トップページ | 惜別の刻2 -講道館を退職- »

2009年3月 2日 (月)

DVD試合に勝つ!柔道 連絡技・変化技を極める!

筑波大学の恩師である、小俣幸嗣先生が新書を発表し、
それをプレゼントして頂きました。

今回、画期的なのはこれまでのような入門編的な内容ではなく、
『連絡技・変化技に特化した内容』であるということです。
 注:連絡技とは自分の技から自分の技へ(別名・連続技)
    変化技とは相手の技から自分の技へ(別名・返し技)

例えば「膝車からの連絡技」として
膝車、大外刈、払腰、背負投、一本背負投、大内刈、出足払と
バリエーションも豊富です!オールカラー、DVD付きです!
Dcf_0217

『「連絡変化の可能性は無限にある」と書いてある本は沢山あるけど、
具体的にどれだけ見せてくれという要求に応えた本はない』
と仰っていました。確かに、連絡変化に特化した本はこれまで無いですね。

さらに「貴殿(小室)の次回作のヒントは、90頁下段の最後にありそうです」
という言葉も頂きました。
そこには『連絡・変化には投~投、投~固、固~固、固~投があるが、
本書では投~投の連絡変化だけを紹介している』
と書かれています。

つまりは「固技の分野はお前に任せるぞ」
という風に受け取らせていただきました。
まだ本の方は出せていませんが、既に次回作のテーマは決まりました。

今回、小俣先生と共著という形で、実演を行っているのが坂本道人(福岡大教)です。
彼は筑波大学での同級生で、キャプテンでした。
人望が厚く、真面目で強くて業師で、僕の代では信頼できるキャプテンです。
広島出身の彼は良く「じゃけぇ、さっきから標準語でしゃべっとろ~がannoy
と言って、東京出身の僕を怖がらせていました。

ちなみに、モデルは青い道衣を着ているので講道館売店では販売していません。
ネットでの通信販売が手っ取り早いですねdown送料は無料です。



|

« 講道館通信@3月号 | トップページ | 惜別の刻2 -講道館を退職- »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

早速注文しました!
現在の課題は相手の釣り手がつっかえ棒になっているのを如何にどけて大外,払腰などに持っていくかなので,連絡技に活路を見出したいと思っております。

投稿: はしはし | 2009年3月 3日 (火) 00時43分

>はしはし
それはいわゆる「いなす」という動作が必要ですね。
突っ張り棒になっているところに、直線的に詰めていってはいけません。
前さばきや、後ろ捌きで相手の釣手をいなし、崩して掛けるのが重要です。
頑張って下さい。

投稿: 小室宏二 | 2009年3月 3日 (火) 01時05分

多分、広島弁って1番怖い日本語に聞こえるのは気のせいでしょうか!?笑

投稿: ゆま | 2009年3月 4日 (水) 01時43分

>ゆま
一番怖いと思いますcoldsweats02
広島弁同士での会話は、ちょっとケンカしているのかと思うことが
よくありましたから。

投稿: 小室宏二 | 2009年3月 4日 (水) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/44177521

この記事へのトラックバック一覧です: DVD試合に勝つ!柔道 連絡技・変化技を極める!:

« 講道館通信@3月号 | トップページ | 惜別の刻2 -講道館を退職- »