« 減量失敗 | トップページ | 小内巻込 -2001太平洋選手権大会- »

2009年2月 7日 (土)

寝業研究会との対戦-2001柔術団体戦ー

僕の寝技のルーツが高専柔道だということはご存知の方も多いかと思います。
その高専柔道の恩威が平田鼎というお爺さんで、
そのお爺さんが代表を務めていたのが寝業研究会です。
Spd3509

大学を卒業した翌年の2001年、友人を誘って柔術の団体戦に出場しました。

この映像は、皮肉にも平田鼎に師事した僕と、寝業研究会が対戦したときの映像です。
まだ柔術が日本に広まりきっていない時期で、僕も全然ルールに対応できていません。

応援合戦が白熱していて、聞いているとちょっと笑ってしまいますが、
僕自身はけっこう必死で闘っています。

寝業研究会の野次は、有名なバードさんですね(笑)

|

« 減量失敗 | トップページ | 小内巻込 -2001太平洋選手権大会- »

動画」カテゴリの記事

格闘技」カテゴリの記事

試合について」カテゴリの記事

コメント

送襟絞が決まるまでの過程がよく分からなかったのですが,あごにかかっていた襟をだんだんずらして喉に掛けていったのでしょうか?

途中で「お前現役だろ!」という声がかかっていたのは笑ってしまいました。

投稿: はしはし | 2009年2月 7日 (土) 00時57分

>はしはし
そうですね、柔術は時間がたっぷりあるので徐々に滑り込ませていきました。
あの時は時間がかかりましたが、今は一瞬で滑り込ませる技術を会得しています。
それはDVDの次回作に挿入しますので(笑)

確かに僕以外はみんな現役を退き、会社員や教員をしていましたね♪

投稿: 小室宏二 | 2009年2月 7日 (土) 01時01分

やっぱり試合動画っていいですね。

さすが寝技研究会の選手も強烈な引き込みしてますね。

小室選手も実はクラッシックな絞めを使うんですね。
柔道の試合の寝技では考えられない展開ですが(゚ー゚)

『絞め』も凄く参考になりました。

投稿: kouzou | 2009年2月 7日 (土) 12時21分

>kouzou
相手の林選手は現在、柔術黒帯の強豪選手です。
最初はポイントを先行されていますし、やっとの思いで絞めたという感じです。
送襟絞ですけど、結構得意なんですよscissors

投稿: 小室宏二 | 2009年2月 7日 (土) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/43977570

この記事へのトラックバック一覧です: 寝業研究会との対戦-2001柔術団体戦ー:

« 減量失敗 | トップページ | 小内巻込 -2001太平洋選手権大会- »