« 腕挫脚固の解説 | トップページ | 講道館通信@新年1月号 »

2008年12月21日 (日)

サブミッション魂 vol.3

サブミッション魂3が発売されましたので、早速読んでみました。
宣伝と内容の修正点を指摘して欲しいと、進呈していただいたモノです。

表紙はいつもながら、僕の好きな色遣い。
最初に、この本の対象者は少なからず各種競技を「ヤル側」だと思います。

そういった点で、色んな技術の解説が盛りだくさんで載っています。
特に、最近僕が凝っている腕挫脚固を併用した『門脇スペシャル』
という技、これは主に裸絞で決めるようですが、かなりの練り込まれた技術のようです。
春日ロックの系統は主に抑え込みと、関節技主体ですから、
門脇スペシャルの要点もパクってしまいたいです。

また、トイカツ選手が解説している蟹挟からのヒールヒールド(P.53)は
僕がまさに喰らった技です。相当痛いですよ、これsweat01

あとは静岡の寝技王子・花井選手のインタビュー。
「僕のやり方は、タップ(参った)を求めていないんです」
そのページには相手の足が、へし折れた写真が載っています。
恐ろしい。。。sweat01

最後に「良い点よりも、悪い点を指摘して欲しい」というので、
粗探ししてみたのですが、なかなか見付からず。。。

強いて挙げるなら【次回は春日ロックを取り上げなさい】てことぐらいでしょうか。
それと、DVDメディアの方が、自宅のPCでは再生できませんでした。
DVDレコーダーでは再生できましたけどね。

DVD映像も附属して1500円は適正かどうかという判断は、適正だと思います。
買うのか、買わないのかと問われれば、買います。
お得感はあると思います。


ちなみに、サブミッション魂1では、後半に僕のインタビューと、
技術解説が盛り込まれています。

|

« 腕挫脚固の解説 | トップページ | 講道館通信@新年1月号 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「相当痛い」んですか・・・。でも一つ前の記事の
腕挫脚固の試合の映像も相手の方が参ったする際、
「あててて!」という声が聞こえたような気も。
そもそもトイカツ先生にしたら「あの絞め、
相当苦しいよ」ではないかと。。。
(-_-;)

先週末スイスでレスリングFILAの公式な
グラップリングの世界大会が行われてましたが、
小室先生にお呼びかからなかったのでしょうか。
http://www.d4-world.com/lucerne08/lucerne08home/
(第一回となってますが実際には昨年トルコでやった
大会を含めて二回目)

アメリカとかは2ヶ月くらい前に国内予選やって
代表決めて準備万端で行ってたのになあ・・・。
急遽日本のレスリング連盟から派遣された
タカ・クノウ選手が92kg級で銅メダルを見事
獲得なさってました。
http://themat.com/article.php?ArticleID=19968

日本もそういう種目や団体の壁超えて
風通しのいい環境になるように小室先生、
早くもっと「偉いヒト」になってくださひ!

投稿: koolpaw | 2008年12月22日 (月) 17時34分

>koolpaw
僕にはもうお呼びがかかりませんよ。
ご隠居の身ですから。
グラップリングがレスリングの第3種目となる話、
なんだかあり得そうですね。

投稿: 小室宏二 | 2008年12月22日 (月) 19時32分

サブ魂にとっては非常にタイミングが悪いことに、
前回の腕挫脚固の解説を拝見した後では、
(サブ魂の)門脇スペシャルの内容は物足りなく感じてしまいます。
小室さんの技の解説力は群を抜いてます。お世辞抜きに。

それでも今回のサブ魂の内容はいいと思います。
「花井さんのあれ」の掲載には否定的ですが。

投稿: 池田真 | 2008年12月22日 (月) 22時24分

>池田真
お褒めにあずかり光栄です。
(編集者もここを読んでいると思いますが、苦笑いしているでしょう)
ただ補足すると、僕は教えるのが専門なのに対し、
彼らはまだ現役の選手です。もしかしたら伝えたくないポイントもあるのかもしれません。

僕は以下に分かり易く伝えるかを考えているので、とても嬉しく思います。
ただ「腕挫脚固の解説」や「春日ロック」の指導風景は、
僕も出し惜しみしたくなるほどのデキだったんですが、思いのほか
アクセス数も伸びず、反響も地味だったので、軽く凹んでおります。

投稿: 小室宏二 | 2008年12月23日 (火) 00時19分

やっぱ強いっスね、5669先生・・・。
しかし、技術以上に負けん気が凄い・・・(苦笑)。
普通だったら、タップしてますよ、アレ。
そこから逆転勝ちとは・・・。
どうも、仲間とばかりやっていると勝敗に関してナアナアになりがちな気がします。
「気持ち」が強くなりたいです。
寒稽古では、積極的に他道場の選手にカラんでいこうと思っています。

投稿: 小林大 | 2008年12月23日 (火) 19時23分

>小林大
確かに、根性だけはあると思います。
寒稽古は人も多く、熱気がありますので稽古相手には不足しないでしょう。
皆勤目指して頑張りましょうね!

投稿: 小室宏二 | 2008年12月24日 (水) 21時58分

>サブミッション魂1では、後半に僕のインタビューと、
>技術解説が盛り込まれています。

これは知りませんでした。
早速買います!

投稿: こばコージ | 2009年8月30日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/43455962

この記事へのトラックバック一覧です: サブミッション魂 vol.3:

« 腕挫脚固の解説 | トップページ | 講道館通信@新年1月号 »