« 石下少年大会 | トップページ | 焼き場に立つ少年 »

2008年11月21日 (金)

講道館通信@12月号

月次試合
今年最後の月次試合です。17:30開会で大道場にて行われます。
締め切りはその週の月曜日ですので、お忘れなく。
12/4 (木) 少年、無段、初段
12/18(木 )二段以上


‘形’研修会

12/6(土)15:30大道場

合同練習会

12/6(土)14:00  6階道場

補習科

12/17(水)19:00学校道場(6階
※今回は嘉納杯や、稽古納めの関係で1回のみとなります。


嘉納治五郎杯
(大会サイト)
既にご存じの方も多いかと思いますが、
12/12、13、14の3日間、東京体育館で開催されます。
この期間中、講道館は休館になりますので、ご注意下さい。

稽古納め
12/25はクリスマス
heartbirthdayxmasheart
なんておどけている場合ではありません。
この日をもちまして、今年の稽古は終了となり、翌日からは休館となります。
(僕はラオスへairplane
稽古始めは新年1/6(火)からとなります。

全柔連愛知県柔道教室

12/6(土)、12/7(日) 愛知県武道館
対象:小学生(主に県内強化選手)
講師:小室宏二&中田善久(元全日本ジュニアコーチ)

柔道ルネッサンス事業の一環として、愛知県で行われる講習会に参加します。
今は小学生でも、県内の強化選手などを指定しているんですね。
僕の小学生時代は、多分、強化には入れていないと思います
sweat02

2日間の講習は、中田先生が主に足技、僕が固技の指導をします。
小学生らしく、夜は勉強の時間なんかもあるみたいですねpen

|

« 石下少年大会 | トップページ | 焼き場に立つ少年 »

講道館通信」カテゴリの記事

コメント

鳥居選手が講道館杯で優勝したのに、嘉納杯に選ばれなかった事が、自分の回りの柔道関係者の間では大問題となってますが、小室先生の感想を聞かせて頂けたら嬉しいです。

了徳寺の公式blogでもその件を取り上げてて、了徳寺の選手全体でもスゴク不満がくすぶっている感じが伝わって来ました。
普通は全柔連への選手選考批判は、表ざたにしない事なのに、したとゆう事はよっぽどの決意をもってblogを更新されたのだと思われます。


今の全柔連の上層部の方々のやり方のままだと、一部のトップ選手以外は希望が見出だせず、日本柔道界がどんどん自滅方向に向かっている様な気がしてなりません。


若く聡明な小室先生が、全柔連の組織運営に深く関わるようになった時、その手腕に凄く期待しております。

投稿: まぁ | 2008年11月22日 (土) 03時22分

>まぁ
嘉納治五郎杯に選出されないということは、選手に未来がない。ということです。
選手の観点からすると、講道館杯優勝以上の成績は、現時点で出せません。
なのでここで選ばれないのは絶望的であり、不条理だと思います。

最初から見切りを付けるのではなく、チャンスを与えて判断する方が、
誰もが納得できるはず。そのチャンスの回数が、若手が多く、ベテランが少ないのは仕方ないと思いますが。

勝負に年齢は関係ありませんからね。
野村さんや谷選手が、現役続行をしても同じことをするとは思えませんし。
だとすると人を見て、差別しているようで尚更不条理です。

しかし僕には何も出来ません。痛恨の極みです。

投稿: 小室宏二 | 2008年11月22日 (土) 08時42分

愛知県の強化合宿に登場してくれるんですかぁ〜♪

生5669に会えるなんて楽しみが増えました♪♪

お土産に名古屋銘菓を用意しときましょうか?

ご希望は???

投稿: こっこ | 2008年11月22日 (土) 17時56分

>こっこ
たまたまなんですが、愛知になりました。
僕はハワイを希望したんですが・・・
お土産なんてとんでもございません。
満足していただけるよう、しっかり働きますspa

投稿: 小室宏二 | 2008年11月22日 (土) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/43172156

この記事へのトラックバック一覧です: 講道館通信@12月号:

« 石下少年大会 | トップページ | 焼き場に立つ少年 »