« 全日本学生体重別■雑感 | トップページ | 下ヨシ子の「流生命」 »

2008年10月15日 (水)

20秒で一本?!

たまににIJFのサイトを見ています。
英文を読むのに苦労するんですけども。

今月下旬、バンコクで世界ジュニアが開催され、
足立学園の徳原先生も観戦に行くとのことで、
それ関連の情報を見ていたところ・・・

抑え込み20秒で一本!

という記事を見ました。
今回の世界ジュニアは、その新規定が試行されるようです。

しかし、これまでの流れから推測すると、採用される可能性は高いですね。

ちなみに、
10秒有効、15秒技あり
なんだそうです。講道館規定とはまたさらにかけ離れます。

A11s

いま、僕は固技の技術史関係で論文を書いているのです。
「抑え込みが30秒で一本になった経緯」なども調べていまして、
これには特に理由がなく、審判の経験値から推測して、
30秒を超えると大概逃げれないことから、決まったようです。

それにしても「効果がなくなる」なんていう話は聞いていましたが、
抑え込みが「20秒で一本」は初耳でした。

以前「15秒で一本」という提案があり、結局は25秒で落ち着いたんですが、
今回はさらに5秒縮めたんですね。
4年後には「15秒で一本」もあり得るんじゃないでしょうか。

ただ「一本の価値を下げる!」という日本の反対意見も考えられますが、
今の選手は抑え込まれてからの逃げる技術は殆どありませんし、
ある統計では、抑え込まれ15秒を過ぎてから、逃げるというケースは
殆ど無いそうです。
そのデータがあっての「15秒一本論」でもあるのです。

またTV放送を考えた際、殆ど動かない抑え込みを、
数十秒も捉えるのは絵的に非常に苦しいんだそうで、
そういったマスメディアの影響も少なくありません。
視聴率を稼げない競技はオリンピック種目からも外れる可能性が高くなりますしね。

良いのか、悪いのかは判断つきませんが、ルールはドンドン変わっていきますね。
さてどうなることやら。。。

他にも、ゴールデンスコアは3分(シニアは違うかも知れませんが)
技の効果と罰則の関係は以下の通り。
一 本=指導3=反則負
技あり=指導2
有 効=指導1

詳しくはコチラをご覧下さい→「2008.pdf」をダウンロード
罰則に関する規定です。(1)(2)

所属の力をフルに発揮して、調べたところ、
この新規定は時期尚早と言うことで、今回の世界ジュニアでは
試行されないのかも知れないとのことです。

どうなるんでしょうね?

|

« 全日本学生体重別■雑感 | トップページ | 下ヨシ子の「流生命」 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

試合について」カテゴリの記事

コメント

小室さん、お久しぶりです。
数年前にいろいろとお世話になった謎柔です。

相変わらず柔道好きで続けていますが、いまいち進歩せず…
しかし、国体予選や地方大会には、何度か出場しました。
あっ、教員の全国大会にもここ2年出場させていただいています。
小室さんもむかし出場されていましたね。

ところで、4月よりブラジリアン柔術始めました。グレイシーバッハです。
とにかく楽しくて、毎週楽しみです。

また機会がありましたら、わたしの地元にも遊びに来て下さいね。
実家が旅館なので宿泊OKです。

では、また…  
         ついに三十路の謎柔より


投稿: 謎柔 | 2008年10月15日 (水) 23時28分

>謎柔
おぉ!こんにちは、ご無沙汰しています。
柔術始めましたか!
柔道と柔術、両立すると技術感も変わりますし、技術も伸びますよ。
いまは教員をされているんですね、海外生活が活きていますでしょうか?
また柔道の話でもしたいです。

ところで実家はどちらでしたっけ?
出張講習、どこでも行きますよ!

投稿: 小室宏二 | 2008年10月15日 (水) 23時33分

20秒で一本は助かります。
押さえ込んでいるときの30秒は長い。みなさん、おそらく年齢分の秒数くらいに感じていると思います。
僕なら41秒くらいに・・・

投稿: たかの | 2008年10月15日 (水) 23時33分

>たかの
そういうもんですかね(笑)
20秒で一本(国際)と有効(講道館)、結構開きがありますよね。
寝業師の僕としても、短縮されたら有利ですからね。
ただここで重要なのが、僕や先輩の出る試合、殆どが講道館規定ってことですね(* ̄ー ̄*)

投稿: 小室宏二 | 2008年10月15日 (水) 23時39分

>ある統計では、抑え込まれ15秒を過ぎてから、逃げるというケースは殆ど無いそうです。

ということは、今年4月の全日本の決勝 鈴木-石井戦で
石井選手のおさえこみを桂治さんが確か28秒で逃れたのは、
かなり珍しい出来事だったんですね。

ところで、今月号のゴングをやっとゲットしました!
体調不良の5669さんだったはずですが、
さすがに指導中の写真は真剣そのものですね。

投稿: 効果! | 2008年10月15日 (水) 23時46分

>効果!
そのパーセンテージを出さなきゃいけませんでしたね。
なんの文献だったかなぁ。。。
まぁ確かにあの試合、アレで終わったと思いましたけど、よく逃げましたよね。

ゴン格見ましたか。
石井選手と二人で写っている写真は、かなり焦燥しきった顔をしていてイヤなんですよね。
あの時、かなり体調悪かったんで。。。

投稿: 小室宏二 | 2008年10月16日 (木) 00時53分

以前、抑え込みは合戦の際に相手をコントロール出来、匕首で相手にトドメをさすことが出来るというのを想定して1本と考えられていたと言うのを読んだことがありますが本当でしょうか?古式柔術が関係しているんでしょうか?

投稿: 無名ファイター | 2008年10月16日 (木) 08時08分

>無名ファイター
よく言われている説ですね。そこは古流の柔術からきている説だと思います。
「一本」という言葉自体、「1つの命を取った」という価値観から来ているそうです。

ただ柔道の場合、抑え込みをわざわざ仰向けに限定しています。
通常、殺すのであればうつ伏せの方が良いわけです。
そういった観点や、「30秒」を規定した際にも、武術的な価値観は
介入していないようです。
「脇差しでトドメを刺すのに約30秒」というのは後からくっつけたような説で、柔道界ではそれを証明する文献は一切ありません。

投稿: 小室宏二 | 2008年10月16日 (木) 08時28分

マスターズは国際ルールです!しかもGSあり。

投稿: たかの | 2008年10月16日 (木) 10時22分

>たかの
マスターズがありましたね!
紅白と被らなければ、僕もご一緒したいのですが・・・
先輩の世代はまだ大丈夫でしょうけど、60代以上のGSは死活問題ですね(lll゚Д゚)

投稿: 小室宏二 | 2008年10月16日 (木) 10時43分

合戦で殺すなら後からですよね〜。
柔道では柔術で言うバックグラブやバックマウントを何故抑え込みに入れなかったんですかね〜。もし抑えの一種としてカウントされていたなら、寝技における防御がかなり違うものになっていたかと思いますが。

投稿: 無名ファイター | 2008年10月16日 (木) 13時36分

>無名ファイター
バックマウントのような形を抑え込みにしてしまうと、担ぎ技系統が難しくなってしまうのと、寝技の攻防が簡略化してしまうのを恐れたようです。
それと仰向けでの攻防が活性化するのを望んで、敢えてうつぶせでの抑え込みを認めなかったと報告されています。

投稿: 小室宏二 | 2008年10月16日 (木) 22時16分

なんだって~!


抑え込みが20秒で一本ですって!


詰めの甘さがピカッと光る自分にとってはかなりいい話じゃないですか!(過去に大事な試合で24秒、29秒で逃げられた経験多数あり!)


まあその分、詰めの甘さで抑え込まれ、ポイント取られかけたこともありますが…

ああ、あと10年位産まれてくるのがおそければ…

でも、いいことなんですかね?


抑え込みが30秒の成り立ちは自分も知っていただけに、さらにスポーツ化が進んできてますね。


ちょっと複雑です

投稿: フリー | 2008年10月16日 (木) 23時02分

>フリー
大切なことは、お前の詰めの甘さは柔道だけじゃないってことだな。
むしろそっちが深刻sweat02
確かに「20秒一本ルール」で試合をしていたら、
寝業師の活躍度も変わってきただろうね。
10年か~。。。
ちょうど10年前だとまだ60kg級なんだよね、死んじゃうよ(゚ー゚;

投稿: 小室宏二 | 2008年10月17日 (金) 08時42分

ご回答ありがとうございました。
確かに担ぎ系統の技で投げてもバック取られてしまう可能性がかなり高くなってしまい、投技の幅が狭まりますね。

話は変わりますが、シャンジヒベイロ選手が講道館を訪問されたようですが、一緒に稽古されましたか?

投稿: 無名ファイター | 2008年10月17日 (金) 09時38分

>無名ファイター
シャンジ選手とジャカレイ選手が来ました。
握手して写真撮って帰っていきました。
ちょうど、シャンジ選手の試合前日だったと思います。
稽古はしてないんですよ。

投稿: 小室宏二 | 2008年10月17日 (金) 10時54分

抑え込みって、大昔、時間無制限で参ったするまでだった時代があるんですよねぇ。
20秒どころか、何十秒も何分も身動きがとれないまま抑え込まれっぱなしで、打つ手がないまま参ったすることになったら、もう恥ずかしくて柔道出来ませんねぇ。

おかしな言い方ですが、選手の精神衛生上、抑え込みの時間の上限はあって良いと思います。

>うつ伏せ

いくつかの映像を見ただけなんですが、盛岡にある諸賞流では、の寝技の攻防は後ろから首を刈る動作をしたところで終わりになるようです。

投稿: 岩谷堂高校柔道部 | 2008年11月 3日 (月) 18時25分

>岩谷堂高校柔道部
「諸賞流」その流派は初耳でした。
でもそのトドメの動作で一本は聞いたことがあります。
大昔は「参った」もしくは審判の判断にも委ねられていたようですね。

投稿: 小室宏二 | 2008年11月 3日 (月) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/42797592

この記事へのトラックバック一覧です: 20秒で一本?!:

« 全日本学生体重別■雑感 | トップページ | 下ヨシ子の「流生命」 »