« 血液型 | トップページ | 20秒で一本?! »

2008年10月13日 (月)

全日本学生体重別■雑感

毎年恒例、体重別の学生チャンピオンを決めるこの大会。

今回、僕は初めて審判として参加させていただきました。
僕はまだBライセンスしか保持していませんので、
まだこの規模の大会を裁くことは滅多にありませんが、
チャンスを与えていただきました。

最近、審判を頼まれる機会が増え、その都度、
恩師・小俣幸嗣先生(筑波大学教授)から色んなご指導を戴きました。
今回、気をつけたのは3点。

  • ・発声、ジェスチャー、立ち姿勢などをしっかりする。
  • ・投技の見極めを最後までしっかりとする
  • ・罰則を取るタイミングを考え、試合を掌握する

当然のことながら、僕はまだ巧くはないので、
とにかく集中して、真剣に取り組むよう心掛けました。

しかし大きなミスとしては、浮固の判断を誤りました。
Dcf_0149 ※身体が浮いているので浮固
腕挫十字固を狙う選手が、腕を伸ばすことが出来ず、浮固を狙いました。
しかしお尻がべったり畳に着いており、明らかに浮いていませんでした。
コーチや選手は「抑え込み!」とアピールしましたが、
浮いていないのであれば抑え込みにはならない
と思い、暫くそのままの状態の末、試合が終了しました。

試合後、もう一度「抑え込みの定義」を確認し、審判長にも相談に行きました。
結局、不完全ながらも、その場合は抑え込みを宣告しなければならなかったようで、
お尻が畳に接地している云々は、三角からの抑え込みの場合に限る。
とのことでした。

その件で、勝敗が逆転するようなことはありませんでしたが、
翌日、監督が筑波の先輩だったこともあり、謝罪に行ってきました。

自分なりに勉強して、知識を蓄えているようでも、
その場の状況では色んなことが発生するので、そう簡単にはいきません。
今回、とても勉強になりました。

1999_syo_rikihai 大学4年の時、出場した僕です。

11/23には講道館で行われる全日本産業別大会で審判を務めます。
ミスをしないよう、また勉強して任務を果たそうと思います。

note優勝者
初日には、僕と関係のある何らかの選手が多く優勝しました。
男子では全ての階級で筑波大生が進出、2名(秋元、小倉)が優勝しました。

81kg級では、足立学園柔道部の後輩でもあり、教え子でもある
川上智弘が1年生ながら優勝を果たしました!

2008101100000014maipspoview000

中学・高校時代からコツコツと努力を重ねていましたが、
ここに来て一気に成績に結びつきました。
先月は全日本ジュニアの3位決定戦で負けてしまい、
とても落胆しているという内容のメールが届きました。
それでも気持ちを切り替え、今回のチャンスに生かすよう
アドバイスしましたが、本人もまさか優勝するとは思わなかったでしょう。
優勝直後は涙を流していましたが、僕もつられてしまいました。
これで自信を付け、さらに頑張ってほしいと思います。

また女子では、淑徳大学の杉本が優勝しました。

その他、注目の選手をあげてみたいと思います。

■秋元(筑波大:60kg級)
60kgにしては、線が細く、力が足りないかなと思いましたが、
技の切れ味、寝技への移行スピードが抜群に速く、
完勝とも言える内容でした。江種選手や佐々木選手が居なくなった今、
平岡を追い上げる存在の1人になりそうです。

■テムーレン選手(日本大:100kg級)
昨年の国体で大活躍したこの選手、さらにパワーアップしたようです。
投技も豪快で、見ていて面白いです。
もう少し技の幅が広がったら、本当にアジアの強豪になりそう。
日大のポイントゲッターは間違いないですね。

■西田選手(山梨学院大:90kg級)
今日、僕は90kg級の審判を担当していました。
彼の準決勝戦では主審を務めました。
彼は組み手が巧く、仕掛けもまた早いです。
それでいて、足技や担ぎ技も出来る希有の存在です。
今日も、明らかに目立った存在でした。
これまでケガなどもあって、シニアでは活躍していませんでしたが、
そろそろロンドンを狙う逸材として、シニアでも活躍してきそうです。

■上川選手(明治大:100kg超級)
彼はもの凄い逸材かもしれません!
重量級では目立った大きさではありませんが、
力みのない組み方、絶妙なる間合いの取り方、
そして驚くほどの足技の切れ、そして落ち着き。
僕はこれほど足技の巧い、重量級選手を見たことがありません。
これなら外国人選手と対戦しても、十分やっていけると思います。
特に準決勝戦の石井戦(東海大)では「投の形」の内股のように、
木の葉が舞うような絶妙な崩しで一本勝ちしていました。
僕も思わず感嘆の声を上げてしまいました。

今回はこんな感じです。
10/19(日)の27:35-29:30の予定で、テレビ東京が放送するようです。

|

« 血液型 | トップページ | 20秒で一本?! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

試合について」カテゴリの記事

コメント

審判お疲れ様です。キレる暇なんてないんですね(ちょっと安心)。

( ̄□ ̄;)?「浮固」?あれ?そういえばコメント欄の
他の方とのやりとりのクイズででてきてたなあ、
実際どんな技なんだろうと写真を参考にしつつ
検索してみたら、あれま英語のページの方がヒットする。
http://tripatlas.com/Uki-gatame

国際ルールのほうで先に認められた技(名?)なんでしょうか。
柔道ってほんと色んな技術あるんですね。古いようで新しい、
世界中で愛好されるのもうなづけます。しかし、これは審判も
大変だ~。

投稿: koolpaw | 2008年10月13日 (月) 04時24分

>koolpaw
そうなんです。本来の浮固は別の形でした。
日本発祥ではない形が出現して、なんとか「浮固」と命名したんです。
なので講道館規定では認められていません。
特殊な抑込技の1つですね。

投稿: 小室宏二 | 2008年10月13日 (月) 08時56分

10月12日に会議で東京に出張していたため、
午前中だけ観戦することが出来ました。
どの試合よりも、小室先生を拝見することが出来
とても感動しました。

今回の大会で一つだけ気になったのですが、小室先生や
一部の審判を除いて審判エンブレムを付けていないのは
申し合わせなのでしょうか?

投稿: 田舎の指導者 | 2008年10月13日 (月) 21時35分

>田舎の指導者
本来、エンブレムは着けるべきなんですが、
名札を着けることも少なくありません。
エンブレムと重なるのを嫌い、外す審判員もいます。
単に忘れちゃっている審判員もいますけど。

投稿: 小室宏二 | 2008年10月13日 (月) 22時21分

ネット掲示板2ちゃんねるの


愛スル柔道を親父達と熱く語ろうパート42  

で小室先生のblogの紹介があったので来させて頂きました。

自分もその辺りが曖昧なのですが、つまり、
三角固と違い、浮固は、お尻が着いていても抑込になると言う事でしょうか?

投稿: 初心者 | 2008年10月13日 (月) 23時14分

>初心者
>自分もその辺りが曖昧なのですが、つまり、
>三角固と違い、浮固は、お尻が着いていても抑込になると言う事でしょうか?

2chとはリンクして欲しくないので、その部分だけ削除しました。
浮固についてはブログ本文で「お尻が着いていても抑え込みとなる」と書いています。
なので「抑え込み」となります。

(以下、原文ママ)
浮いていないのであれば抑え込みにはならない
と思い、暫くそのままの状態の末、試合が終了しました。

試合後、もう一度「抑え込みの定義」を確認し、審判長にも相談に行きました。
結局、不完全ながらも、その場合は抑え込みを宣告しなければならなかったようで、
お尻が畳に接地している云々は、三角からの抑え込みの場合に限る。

投稿: 小室宏二 | 2008年10月13日 (月) 23時26分

浮固め?知りませんでした!
小学生が使っても、押さえ込みといってくれるのかな?
明治の川上選手の内股凄かったですね!
西田選手も強かった、テム~レン選手は強い&力強かった!
あと、90kgで準決勝に上がった道都大の選手は、トリッキ~な動きがあって見ていて面白かったです!

投稿: 菊次郎♪ | 2008年10月14日 (火) 18時09分

>菊次郎♪
講道館規定では認めていませんので、小学生は使えないんじゃないですかね。
稀に国際規定で行う試合もありますが、そもそも腕挫十字固を狙う
過程で施す場合が殆どですから(゚ー゚;

投稿: 小室宏二 | 2008年10月14日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/42765767

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本学生体重別■雑感:

» 石井慧 って実はスゴイ!!! [販売+営業+ネゴシエーター÷ホテルマン=サービスマスター]
石井慧 って実はスゴイ!!! [続きを読む]

受信: 2008年10月14日 (火) 04時13分

« 血液型 | トップページ | 20秒で一本?! »