« 講道館通信@9月号 | トップページ | 宝寿司@DVD »

2008年9月 7日 (日)

ドクター

9/6,7 埼玉県立武道館で行われた関東学生大会、審判で参加してきました。

今回、僕が副審をした試合でこんな珍事件が起こりました。

試合中、ある選手の顔とどこかが当たってしまい、目尻がパックリ割れてしまいました。
結構な流血で、試合が中断しました。
偶発的な事故なので、どちらかに過失はありません。

出血がひどかったため、僕は止めた方が良いと思いましたが、
選手もコーチも、止血して続行を希望しました。

即座にドクターを呼び、止血をお願いしました。

『できません。』

ドクターが言います。

「は?止血してください!」

『だから出来ません!』

お前、何言ってるんだ?!的な雰囲気になります。

小俣審判長の下に行き、合議になりました。

話を聞くと、ドクターは柔道整復師でした。
柔道整復師は止血という外科的な医療行為は資格場、
その範囲を超えてしまい、出来ないそうです。

■選手は止血をして、試合続行を希望している

■ドクターは越権行為になるため、止血できない

結局、ドクターには無理をお願いし、止血して試合を続行しました。
一時はどうなることかと思いましたが、試合自体は成立しました。
双方も納得して、試合場を下りてくれました。

僕個人の考えでは、柔道のケガは脱臼・骨折に限ったことではありません。
止血できないドクターはその任務(大会のドクター)を果たせないと思います。
もっと重大なケガの時、その応急処置の時間差が、
その後の負傷者を大きく変えてしまう事例もありますから。

僕も1996全日本ジュニアの決勝、内柴選手と対戦したとき、
巴投で投げた拍子にバッティングしてしまい、目元が大きく裂け、流血しました。
あの時は、テーピングが顔の中心でバッテンになるように巻き、
片目が見えない状態で試合を続行しました。
片目が見えないと距離感が鈍り、組み手で空振りしそうになったという思い出があります。

H17b2a_030_2
これは26歳の時、了徳寺学園の鹿児島合宿の際、
鹿屋体育大学の学生と練習試合中、バッティングで避けてしまった目尻。

10月11,12日と開催される全日本学生体重別選手権大会(つま今大会の本戦)
審判をやらせていただくことになりました。頑張りますannoy

|

« 講道館通信@9月号 | トップページ | 宝寿司@DVD »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

試合について」カテゴリの記事

コメント

柔道整復師は、外傷によるケガは治療できたように思いますが、縫うのはダメなんですかね。
応急(というより緊急の)処置が必要なときに、できないのなら
ほんとうに任務を果たせないですねwobbly 例外措置はないんでしょうか。

コメントしてみました。モチベーション少しでも上がってもらえるとうれしいですgood

投稿: 効果! | 2008年9月 7日 (日) 22時18分

>効果!
試合中に縫えませんよribbon
「止血」がダメみたいですよ。
(一応、現役柔道整復師の友人に聞いて確認しました)

今回は無理を承知でお願いしましたが、
越権行為なので、何かの時にはそのドクターにも迷惑がかかってしまいますから。

モチベーション、若干上がりました。up

投稿: 小室宏二 | 2008年9月 7日 (日) 22時24分

ルールで決められている以上、それなりの大会なら本物のドクターが必要ですね。

ライセンス合格しました。実技試験は2試合主審だったのですが、1試合目が不戦勝で、2試合目が5秒で一本でした…

投稿: たかの | 2008年9月 8日 (月) 08時16分

>たかの
今の時代、ドクターや大会主催者の責任問題になりますし、
第一、負傷した選手が一番不利益を被りますからね。

ライセンス、おめでとうございます!
じゃあ合格祝いしなきゃいけませんね。
エンブレムはもう買いましたか?

実技試験、不戦勝も1試合としてカウントしてくれるんですねsweat02

投稿: 小室宏二 | 2008年9月 8日 (月) 08時35分

柔道整復師は、法律上、止血は出来ませんね!
でも、ボクシング等では(プロだけ?)カットマン(目じりなどが切れたときに止血する人)がいると聞きますが?
そんな感じで、止血できればいいんですがね!

投稿: 菊次郎♪ | 2008年9月 8日 (月) 12時19分

またおじゃまします。

"『だから出来ません!』
お前、何言ってるんだ?!的な雰囲気になります。"

(^_^;)う~む。立派といえば立派なきっぱりとした・・・。
試合のドクターといっても競技の性質上、やはり処置は
通常「柔道整復師」の方が扱う怪我が多いんでしょうか。でも
激しいスポーツだから、出血も当然ありえますね。可能な医療行為
範囲の範囲が法律上限定されてることで、安全が保たれる反面、
現実にそぐわなかったりするのは少しずつ変えていかないと。

かつての看護婦(士)さんの皮下注射禁止とか(でも実際は練習
して医師よりうまい看護婦さん普通にいっぱいいた)、最近では
救急隊員の心臓マッサージとかAEDの使用許可とか似たようなこと
思い出しました。スポーツの場合、文部科学省と厚生労働省が法律
のすりあわせきちんとしないといけないことになるんでしょうか。

日本の武道は高段者の先生なんかが審判なさることが多いんで、
「審判に逆らう」とか不埒な考えは頭からでてきませんが、海外の
競技なんかだと、審判専門とかで資格とってきた方とか多いんで
しょうか?北京のテコンドーでキューバの選手が審判蹴っとばして
永久資格停止処分になったとき、MMAのブログであっちの連中に
「テコンドーでよかった。空手で審判に逆らったら酷い目にあう」
と、このビデオ見せたらバカウケして

「そうだそうだ!きちんと権威を敬うのもスポーツだ!!」

ということになりました。どうもいくら注意してもきかない一方の
選手に、審判の方がついに2:40ごろキレてしまったようです。
こわい(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=kJdg6CBd64s

専門の審判がいいのか、経験者でなおかつ高段者が裁くべきなのか
一長一短ですね。。。小室先生は審判してキレないで下さい。
止めに入る間もなく絞め落としそうで、マジ怖いです(爆)。

投稿: koolpaw | 2008年9月 8日 (月) 14時31分

困りますよね?
居ても意味無いじゃん!てなっちゃいますよね?
あり得る事なだけに。

投稿: 新井先生 | 2008年9月 8日 (月) 18時17分

 選手がかわいそうですよね。止血は、感染予防ということで、相手選手のための行為でもあるので・・・。

 国際審判規定には、「Doctor」とあり、「Bone-setter」とはありませんよね、確か・・・。講道館審判規定では、どうでしたっけ。

"『だから出来ません!』
お前、何言ってるんだ?!的な雰囲気になります。"

 かつて、柔道整復師の先生方と、試合場がいくつもある会場で一緒に仕事をしていて、嫌な思いをしたことがあります。
 私は上品なので、”お前、何しに来てんだ!”とは思いませんが・・・(笑)。
 共生(自他共栄)、棲み分け、まだまだ改善の余地はありますね。

投稿: koyama | 2008年9月 8日 (月) 20時48分

コメントが多く届きそうなネタを仕込んで正解でした♪

>菊次郎♪
法律はどうあれ、止血は誰かがしなきゃなりませんからね。
以前は、知らんぷりしてやっていたんでしょうね。

>koolpaw
ひとコラム分ぐらいのコメント分量ですね。
しかしこの審判、キテますねannoy
あの顔面キックは、相当なもんですねfoot

>新井先生
負傷して血だらけになっているのが、自分の生徒や子供だったら、
責任者は大騒ぎになっちゃいますよね。
誰の責任とか言うよりもまず、選手の安全が第一ですから、
ここはやっぱりお医者さんに来てもらうべきですよね。

>koyama
止血は感染症予防の意味合いもありましたね。
そんなわけで、先生の出番が多くなってきますよ!
それと14日、多分行けると思います。
(今の夏バテが回復したらの話ですが・・・)

投稿: 小室宏二 | 2008年9月 8日 (月) 22時14分

全日本学生体重別選手権大会の会場はどちらですか?

投稿: 田舎まんじゅう | 2008年9月 9日 (火) 00時14分

>田舎まんじゅう
全日本武道館です!
『投技』買って読みましたか?

投稿: 小室宏二 | 2008年9月 9日 (火) 01時47分

『投技』まだ買ってません。

別件ですが、現在、Bライセンスを取るべきか悩んでいます。

家族の理解・経済面・記憶力の低下 等々。

投稿: 田舎まんじゅう | 2008年9月 9日 (火) 13時11分

>田舎まんじゅう
『全』日本武道館にはなにも反応しないんですね…

『投技』買って読んで自分で勉強して下さい。

Bライセンス、悩むなら止めた方がいいですよ!

投稿: 小室宏二 | 2008年9月 9日 (火) 13時36分


御助言、有り難うございます。

『全』日本武道館

単なる入力ミスと思ってしまいました。

反応できずにスミマセン。

(余談ですが燕返しも出来ません)

ちなみに、どういう意味が秘められていたのでしょうか?

投稿: 田舎まんじゅう | 2008年9月 9日 (火) 18時59分

>田舎まんじゅう
意味はありません。
燕返しも頑張ってください。

投稿: 小室宏二 | 2008年9月 9日 (火) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/42407425

この記事へのトラックバック一覧です: ドクター:

« 講道館通信@9月号 | トップページ | 宝寿司@DVD »