« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月28日 (木)

講道館通信@9月号

‘形’研修会
9/6(土) 15:30 大道場

月次試合
9/11(木) 少年・無段・初段 17:30 試合開始 大道場
9/18(木) 二段以上・女子   17:30 試合開始 大道場

合同練習会
9/27(土) 14:00 大道場

補習科
9/13(土) 19:00 大道場
9/17(水) 19:00 学校道場(6階)
9/27(土) 19:00 大道場

都民生涯スポーツ大会柔道競技(五段の部)

9/14(日) 13:00開会 講道館大道場
ワンマッチの高段者大会に出場予定です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

少年部夏合宿

季節的にも、行事的にも夏が終わろうとしています。
第1部、第2部、少年、女子と続いた講習会、
そして少年部合宿とイベント続きでした。
道友会大会も一日がかりでしたし。。。

この間、殆ど休み無く動き続けたのは僕はもちろん、
講道館職員のみんな、そして子供達も同様です。

日曜、試合の応援してくれたことに感謝の気持ちを、
急ピッチで仕上げた動画をお届けします。
短時間で頑張って作りました。

「僕が写ってない!むかっ(怒り)

なんて怒らないでね。
1年分撮り溜めて、新ドラー先生と超大作を企画中だから。

もう授業が始まっている子も半数以上いました、
でも宿題が終わっていない子が過半数でした(笑)

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

道友会大会@試合

以前、たかの先生との会話の中で、
「正しい柔道ってどんな柔道よ?」
「しっかり組んでしっかり掛けるっていうけど、自分(指導者)はできるの?」

なんて話をしていました。

そして・・・「子供の前で試合できる指導者がいるの?」

みたいな話になり、この道友会大会なら、子供も大人も試合が出来るので
参加してみました。(ちなみに、昇段点数にはなりません)
昨年の参加者を見る限り、楽勝かなと思っていましたが、甘かったですsweat02

僕は固の形が終わると、すぐに着替えて審判をしました。
小学生から中学生、男女に分けてのトーナメントですから、
試合数は半端じゃありません。

しかも企画・進行が大雑把過ぎましたannoy
あまりにも大雑把だったため、途中から試合時間を4分から3分に変更
それでも僕たち五段の部は18:00時を過ぎてからになりました。
Sany0806

試合が始まると、第1試合のおじさんが
『ゼッケンがないから失格!』
と言われ、追い返されていました。

試合時間を、その日の進行具合で変更するくらいいい加減で、
しかも道衣チェックもしないクセに、散々待たせたあげく
「ゼッケンがないから失格」って、どんだけ?!annoy

1回戦 下谷選手
実は北京オリンピックの会場で、一緒に観戦した知り合いです。
話していたときは中量級という印象でしたが、組み合うとかなりの
体格差を感じました。参加者の中では明らかに僕が一番小兵でした。
お互いに決め手を欠く立ち勝負が続き、終盤、背後からの袖車絞&肩固
の複合技が決まります。ちなみに、逆回転で回しています。
結局、肩固による抑え込み一本勝ち。

準決勝 加藤選手
なんだか年上に見えますが、加藤選手は筑波大学の3コ下の後輩です。
学生時代は1年生でレギュラーになり、活躍していました。なので強いんです。
僕は初戦で体力を使い果たし、ヘロヘロでした。
でも試合中もハッキリと、子供達の声援が聞こえてきました。
「背中を押される」とはよく言いますが、
『背中を突き飛ばされる』ような感じがしました。
ヘロヘロになっても、子供達に妥協した試合は見せられません。

謙遜ではなく、僕は負けたと思いました。
でもなぜか旗は3-0に揃い、判定勝ち。
Sany0813

 

決勝戦 竹田選手
高野先輩が準決勝で、1-2の判定負け、決勝の相手は竹田選手でした。
言うまでもなく巨漢です。
無差別級でも試合をするのが好きな僕は、普段であれば燃えるところです。
しかし僕はヘロヘロでしたsweat02
Sany0816

途中、相手の裾を使った絞め技が顔に入り、鼻血を出すは、
顔も唇もすり切れるはで大変でした。

とにかく心掛けたのは妥協しない、先に仕掛ける、それだけです。
この試合も、僕は負けたと思いました。
それでも再び旗は3-0と揃い判定勝ち
shine優勝shineしてしまいました。
Sany0820

優勝したとはいえ、自分では勝ったとは思えない試合内容、
小兵故に判官贔屓もあったと思います。
子供達にはとても見せられないような、巴投連発の試合運び、恥ずかしい限りです。

それでも、子供達(親御さん達)の応援があったので、
最後まで諦めずに動くことが出来ました。
なので「応援ありがとう」という気持ちと「情けない試合でごめんなさい」
という気持ちが混在しております。
Sany0822 (ミユの顔が(笑))

当日は朝8:30には講道館に出勤、形の披露、審判、そして試合と、
一日フル活動の一日でした。
いつ試合が始まるかも分からなかったので、昼ご飯はゼリー2個だけ、
空腹のまま試合に臨みましたが、低血糖と暑さ、連続の試合でバテバテでした。

前回の画像では分かりづらかったかもしれませんが、
決勝戦で顔を絞められてしまったため、上下の唇、鼻、目尻がすり切れ、
悲惨な顔をしていました。夜には頭も痛くなってしまい・・・
傷ついた身体を、美味しいカレーが癒してくれました。
Image038

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

道友会大会@固の形

10時開会、19時閉会というとんでもない
ぐだぐだ進行の道友会大会が終わりました。

まず開会式の後は小志田先生と「固の形」を披露しました。
僕的にはまずまずのデキでした。

今日はこれだけにしておきます。
試合の方は一応shine優勝shineしました。
でも内容は、とても子供に見せられない散々な内容でした。

応援してくれた小僧、小娘ども、ご両親、講道館の皆様、
応援ありがとうございました。そして情けない柔道でごめんなさい。

傷だらけの顔。。。
Image036

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

北京オリンピック観戦記

行ってきました北京オリンピック。
Sany0771 Sany0766
JALで貯まったマイル(20000マイル)を使って行ってきましたairplane
この時期、飛行機なんて予約できないと思いきや、空席は十分ありました。

飛行機やホテル、入場券とこの時とばかり、業者は儲けにかかっていますが、
明らかにやり過ぎですね。

現地でお会いした人は、数十万円もはたいて来ていました。
僕は全柔連関係者の好意とマイルで5万円ほどで済ませることができました。

現地に着くと、淑徳大関係の先生、ご家族にお会いしました。
誰と話しても「旅費が幾らになったのか?」という話題になりました。
また僕がプライベートでの単独行動だと言うと、
誰もが笑って「物好きだな」と言っていました。

僕はツアーではないので、地力でバスを探し市内へ向かいました。
中国では殆ど英語が通用しないのが辛いですsweat02

会場にはすんなり着きました。
しかし確保しているチケットは18時からの決勝のチケット。
その時はまだ14時ほどでした。

炎天下の会場前で、途方に暮れていると強化のコーチと出くわしました。
すると暫くしてチケットを入手してくれ、会場に入れてくれました。
宿泊に関しても、全柔連のご厚意で宿舎に入れてもらえました。
本当に感謝感激です。

会場はこんな様子でした。
Sany0761 Photo
スポンサー契約などの関係から、広告などは少ないです。
会場もそれほど大きくはなかったです。
 ※ただイスが硬く背もたれがなかったため、腰を痛めました。。。

僕はオリンピックに幻想を抱いていました。なんと言っても夢舞台ですから。
でも会場は普通の国際大会と同じでした。
規模で言えば、嘉納治五郎杯やフランス国際の方が凄いです。
きっといきなり会場入りして試合したら、緊張し過ぎちゃうかもしれません。
そういった意味で、次代の選手は会場を見て雰囲気を掴む必要がありますね。

Sany0764 Sany0770

さて、試合では個々の選手に言及しません。
結果についても、皆さんテレビで見ていますので割愛します。
コチラのサイトでは、試合映像を見ることが出来ます。かなり便利です!

■寝技時間がまた短縮?
ここ最近、寝技の時間が長く見るようになりました。
しかし単に長く見ていて、攻防が停滞しているのに「待て」を掛けない。
逆に攻防途中で止めてしまう。という傾向がありました。
これには、審判に攻防を見極める力がないため、
安易に時間で「待て」をかけているんじゃないかと思います。
その点、今回に限っては「待て」が早めに感じました。

■寝技の強化
金メダルを取った4選手(内柴、石井、谷本、上野)
彼らの共通点は寝技でも一本を取れるという点です。
捨身技が多いということは、寝技のチャンスが多いということです。
僕だったら、嬉しくて堪りません。
①相手が捨身技を仕掛けてきたとき、足をパスして抑え込む技術
②掛け逃げして亀になった選手を取る技術

この2つだけあったら、かなり有利に試合展開が出来ます。

また強化合宿では、単に乱取りを沢山やるというのが殆どです。
外国人選手がやる寝技への対策、捨身技に応じた寝技への移行など、
部分的な練習をもっとやるべきだと思います。

トップ選手になればなるほど、ある程度の技術が固まってきていますので、
ロンドンの次の世代(ジュニア選手)には、今のウチから
そういった対策を練って育てるべきだと思います。

■捨身技と手技
とにかく捨身技(巴投、隅返)が多かったです。
寝技への無理な引き込みに対して、まず指導を取りませんし、
引き込みに合わせた投技も、その効果を取りません。
なので組み負けたら取りあえず、捨身技をしてクロスガード、そして待て。
そして立ち勝負でやり直す。というパターンが多かったです。

もうひとつは手技、と言っても朽木倒、双手刈といった足を取る技です。
これらの技の共通点は以下の通り。
①組み手に拘らず、片手でも仕掛けられる
②返されるリスクが少ない

分かっていても日本の選手はコロコロやられちゃいましたね。
長い手足、瞬発力、それは日本人には無いものなので、
普段の間合いの感覚では、それが狂うんでしょうね。

それらへの対処が、未だに遅れています。どうしようかと考えました。

外国人コーチを雇ってみてはいかがでしょうか?
何も外国人柔道をマネするのではありません。
相手の戦法を知るのです。

ジュニア選手は、現役を退いたばかりの選手を招き入れる。
向こうも日本柔道を良くしるチャンスになりますし、
こちらは国内で外国人対策になる。国際交流にもなる。
IJF選挙の時にも役立つでしょう。

■規定
国内と国際大会での違いとして、国際大会では両者同時に罰則を与える
ことを控えています。なるべく、どちらか一方を見極めて罰則を与えます。
谷選手が敗戦した試合、僕は妥当なジャッジだと思いました。

日本でもそうですが、オリンピックのジャッジというのは多くの人が見ています。
そしてそのジャッジをワールドスタンダードとします。
寝技の見極めや、罰則の与え方など、また少し捉え方に変化が出そうです。

国際規定の扱い方で、やはり日本国内式、国際式と隔たりがあります。
審判が下手だと文句を言う前に、国際大会において、日本人の試合は日本人が裁けませんから、
その隔たりを少なくさせないといけません。

またこれを境に、規定が改正されると思います。
ジャケットレスリング化した【JUDO】が少しでも改善されることを願います。

下の画像はワンフーチンという観光スポットで撮りました。
蚕とイナゴの串焼き、サソリの串焼きですが、見るだけで気持ち悪いですsweat01
これはさすがに食べませんが、北京ダックは気持ち悪くなるほど堪能しました♪

Sany0767 Sany0768 Sany0769

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

北京オリンピック[柔道]2日目 雑感

4年前の今頃は、道都大学で合宿していました。
テレビのない宿舎で、生徒が洗濯するのをコインランドリーまで往復しながら、
カーナビでなんとなく観戦していました。

でも、66kg級は見ませんでした。
見たくありませんでしたたらーっ(汗)
人間小さかったな。。。

内柴が準決勝で対戦した
アレンシビア(キューバ)は僕も対戦経験有り。
2001ベルギー国際の準決勝、袖車絞であっさり絞め落としました。

キューバの選手はなぜか、全く寝技をしません。
お国柄でしょうか?指導者か?ブラジルは強いのに。

自費で参加した2002イタリア国際でもまた準決勝で対戦しました。
その時は、徹底的に寝技を警戒され、
寝姿勢になると、這いずって場外に逃げていきました。
結局、袖釣込腰で「技あり」をとられ、負けちゃいました。

話は逸れますが、60kg級だったキューバのプロ選手、
彼は一度、世界チャンピオンにもなったし、野村選手ともかなり競っていました。
急に見なくなったんですけど、亡命でもしたのかな?
彼もまた寝技は激弱でした。
でも背負投のスピードは神速でした。

内柴が決勝で対戦したダルベレ(フランス)
彼とも対戦した経験があります。

2000ハンガリー国際の2回戦、
階級変更したばかりで恐れを知らない僕は、
組んですぐ内股で「技あり」を奪取、そのまま袖車絞で絞め落とし、
勢い余って優勝しちゃいました。

そして内柴選手。通算成績は8戦3勝5敗です。

この前、講道館でオリンピック代表壮行式が行われました。
式が終わり、代表が退場する際、内柴と少し言葉を交わしました。

18665648_190316812s 18665648_3233826099s 18665648_3990276924s

すると子供達が・・・
「先生、内柴選手と友達なの?」

5 「アテネの最終選考会で、彼に負けたんだよ。それでもう先生は引退したんだよ」

と言ったら、信じてもらえませんでした(笑)

2連覇おめでとうscissors

| | コメント (8) | トラックバック (0)

尿酸値

高野先生のブログや、(1)(2)同年代の方々のブログでは、
時折、健康についての話題で盛り上がっています。

肥満、痛風、糖尿、メタボリックシンドローム・・・
ネガティブな単語が並びます。

健康診断ではいつも、身長から適正体重を割り出すため、
僕は「肥満傾向:要注意」と診断されます。
原因は、筋肉量、指導率を計測せずに割り出すからです。
ちなみに、適正体重は58kgだそうです。
そこまで減量したら、多分死にます。。。sweat02

小学生からの友人「おやゆび先生」が最近、痛風になりました。
120kgくらいあるし、全然運動もしていないので当然だろうと思っていました。

ある先生は中性脂肪で異常な高値がつき、凹んでいました。
Sany0600

痛風とは、風が吹いても痛いという病気だそうで、
尿酸値が高いとそれになってしまうそうで、
たかの先輩も非常に気にしている数値です。(1)(2)
そんなこんなも、僕には全然問題ない、関係ないとばかり思っていたんですが。。。

前回の健康診断の結果、尿酸値が8.2ありました。
痛風予備軍ですsweat02
適正値は7.0以下です。結構オーバーしています。
気にしてみたら、一昨年の結果も7.3でした。

そんなわけで8/9(土)内科の病院に行ってきました。

医「お酒飲む?」
5 「全く飲みません。てか、飲めません」

医「適度な運動がやはり・・・」
5 「毎日、12km走るか柔道してます。もしくは両方」

看護師さん苦笑いdelicious

医「お肉ばかり食べてない?」
5 「実家が寿司屋で、魚系が多いんですよね」

看護師さん、声出して笑うhappy01

結局言われたこと。。。

  1. 適度な運動
  2. バランスのよい食事
  3. 飲酒は控える(必要なし)

う~ん。ありきたり過ぎる。。。

と、言うわけで、痛風になるのも怖いし、31歳にもなって
おっさんへの一歩を踏み出しているので、以下の点に気をつけます。

  1. アイスは1日1コまで
  2. 映画鑑賞の時、キャラメルポップコーンはSにする

以上です。

健康で豊かな柔道ライフをpaper

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

北の大地へ

講道館通信8月号では、道場は8/13~8/18まで休館、
僕は北の大地で静養してきます』と書きました。

ANAで貯まったマイルを使い、北海道に飛ぶ予定でした。
今回も道都大学監督:田崎先生のお宅に滞在し、
道都大生と練習して、のんびり過ごそうかなと。。。

しかし、予定を変更しました。

全柔連の多大なるサポートを頂き、北は北でも
北京の大地に行くことにしましたairplane

そう、北京オリンピック観戦に行くのです。
Photo

4年後のロンドンは行けるかどうかもわかりませんし、
その先もどうなるかわかりません。
なので思い切って行ってみようと思います。

後半の3日間(重い方3階級)しか見れませんが、雰囲気も覗いてみたいと思います。
とりあえず、今のところ宿が決まっていませんsweat02
協力できる方、ご一報お願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

夏合宿とホタルと勝武館

夏が来れば思い出す。

僕が所属していた佑道館

その佑道館と友好関係にあったのが勝武館(茨城県大洗市)

先生同士が先輩後輩だったそうな。

今日、講道館では少年部の夏季講習会が閉講しました。
講習会というより、合宿という感じでしたが。

僕も小学生時代、勝武館で夏合宿をしたのを思い出しました。
佑道館では、夏合宿をしたのは6年間の在籍中、この1回限りでした。
写真

意外にも、僕はあまり外に出るのは好きではなく、
その日の夜も若干ホームシック気味に大人しくしていました。

勝武館の先生は、永田先生といいます。
魚屋さんを経営し、二人の息子が柔道をしています。

そう、小室家とソックリなんですよね。
両兄弟とも、歳は1コずつ違うだけでした。
兄はヒロユキ先輩、弟はタケシ先輩。

いつも明るく、冗談を言っては笑わせてくれるヒロユキ先輩が、
「宏二に凄いのを魅せてあげる!」といって、暗闇の野道を連れて行ってくれた。
写真

僕は暗闇の怖さと、不安ですぐにでも帰りたかった。

その先には電球が散りばめられているような、
幻想的で、優しいホタルの光が点滅していた。

映画やテレビでしか見たことのない都会っ子の僕には、
とても現実のものとは思えない光景だった。
プライズレス。『お金では買えない価値』とは、こういうものかもしれない。

そんなヒロユキ先輩が他界したのは僕が中学生の頃だった。
勝武館での稽古の帰り、ダンプカーに轢かれ、即死だったらしい。

親戚でもなく、家族でもなく、人の不幸で涙を流したのは、それが初めてでした。

いつもは怖くて近寄ることも出来なかった永田先生が、
葬儀では声を出して泣きじゃくっていました。

ある時、永田先生の枕元にヒロユキ先輩が立ち、
「お父さん、もうそんなに泣くなよ。 タケシがいるだろ」
と言ったそうです。誰もそれを信じて疑いませんでした。

夢のような光景と、夢であって欲しかった現実

今でもあるのかな?勝武館・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

講道館通信@8月号

夏も本番sunspa
イベント盛りだくさんの講道館通信8月号です。

現在、講道館では夏期講習会 第1部が行われています。
終わり次第、女子講習会と少年講習会が行われます。
(申し込みは終わっております。。。)

少年部夏合宿
8/10~12
講道館に泊まって柔道三昧のこの企画、
実は僕が参加するのは今回が初めてです。

‘形’研修会
8/23(土)15:30 大道場

月次試合(有段者、無段者、少年)
8/28(木)17:30 大道場
今月は全てのカテゴリーを一気に行います。
奮ってご参加下さい。申込み締め切りは8/25(月)です。

休 館 (8/13~8/18)
講道館も夏期休暇を頂いております。
僕は北の大地に飛び、静養してきますsnow

山口県講習会
8/20~22
山口県に出張しますairplane
近隣の方は是非、ご参加下さい。

道友会青少年柔道選手権大会
8/24 講道館
少年部の子供達も出場するこの大会、今年は僕も出場します。
内股と巴投を封印し、子供達に格好いいところを魅せられるように頑張りますannoy

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »