« タイ国際に挑戦 | トップページ | 講道館通信@7月号 »

2008年6月27日 (金)

ルールの特殊な例の解釈

全柔連のHPに 「ルールの特殊な例の解釈」 というのが載っていました。

2008.3.17
全日本柔道連盟
ルールの特殊な例の解釈
(1)マウスピースの着装は歯の矯正のために固定されたものは問題ないが、
脱着可能な物質は飲み込む危険性や相手に危害や不快さを与える可能性
があるので禁止とする。
(2)下穿の下に着けるスパッツ等の長さは、膝よりも短いことを原則とする。
(3)頭髪に着け毛等をすることは禁止する。

コレによると、マウスピースは禁止になったんですね。
知りませんでした。
以前はOKだったんですけど、その理由が
相手に不快感を与えたり、危害を加えるおそれがあるって。。。
ホンマかいな?

着脱可能だからとはいえ、誤って飲み込むこともあり得るのでしょうか?
そうしたら打撃系格闘技でも危なくて使えないですよね??

ちなみに僕はマウスピースを別の用途に使っています。
夜、寝るときに着けているんですけどね。
(コレについてはまた別の機会に・・・)

今度、練習の時にも装着してみようと思います。

さてロングスパッツ。これも試合では禁止のようです。
先日の紅白試合では、これを穿いて出ている選手がいましたが、
本当は禁止なんですね。

冬場の講道館は死ぬほど寒く、その時期は僕もロングスパッツを穿いています。
ただ淑徳大で指導する際、寝業の指導ではロングスパッツの方が良いのかなと思います。
だって腕挫十字固を指導するときなど、
僕のすね毛が学生の顔に当たったらイヤでしょうし。
僕が女子大生だったら嫌がると思います。
まぁ、ワキガよりはマシでしょうけど。

着け毛をするヤツはいないかなと思いましたけど、
女性がエクステ(?)とか着けたまま試合することもあるのでしょうか?

男性には関係のない話かと思いましたけど、
そういえば高段者大会で、明らかにカツラ被った爺さんがいたなぁ(笑)

|

« タイ国際に挑戦 | トップページ | 講道館通信@7月号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日はありがとうございました。
先生からの手紙で中学生たちテンションはup
でしたshine効果抜群ですgood

つけ毛の規制は、高段者大会において・・・

参加者の減少に・・・

投稿: takajsp | 2008年6月27日 (金) 09時16分

カツラで柔道をやっている人なんか見たことないですわ!!

今まで気にしたことなかったのですが、確かに居てもおかしくないですね。

しかし、投げられた時それが取れたらビビリますね。

思わず読んでて笑っちゃいましたhappy01

投稿: あひる艦隊 | 2008年6月27日 (金) 18時18分

先日参加した試合の審判が、寝技展開になるとすぐ止めてしまう方で、覚えた寝技を試すチャンスが全然なく、そのまま時間切れで勝てた試合を引き分けてしまいました。
相手がかけ逃げっぽく寝技展開になる事が多かったのでそのせいもあるのかもしれませんが、審判によって試合の作りって変わってしまうという事を改めて思い知ったような試合でした。
ルールの把握って大事であるとともに、難しいですね・・・。
タイ国際はどんなジャッジがされるんでしょう。
頑張って下さい。心から応援しています。

投稿: 小林大 | 2008年6月28日 (土) 05時22分

>takajsp
生徒達、これを機に意識高くなると良いですね!
試合前に一本集を見ると、良いイメートレになりますよ。
カツラ、最近は貼るタイプのモノもあるようですから。。。

>あひる艦隊
高段者大会は、そんなに動きのある試合は少ないですからね。
完璧に引き分け狙いだったり。

>小林大
ルールを把握するのは、制限の多い柔道の試合では重要ですね。
立ち姿勢から寝勝負への移行スピードを速くする。
これが勝負の分かれ目です。

投稿: 小室宏二 | 2008年6月28日 (土) 15時43分

ときどき、ないげなく心ない文が書かれていることに悲しさを感じます。わきがやカツラも本人が望んでそうなったわけではないので、そこら辺はそういった方への配慮する気持ちも必要ではないでしょうか。

投稿: 管理マン | 2008年6月28日 (土) 21時04分

>管理マン
スイマセン。配慮が欠けていました。
今後はカツラとワキガの方にも充分気をつけて書きます。

投稿: 小室宏二 | 2008年6月28日 (土) 21時14分

「管理マン」氏の書込みについて

個人的な攻撃をする訳ではありません。
また、小室氏を擁護する訳でもありません。

このブログは、小室氏個人のブログであって
小室氏も公人ではありません。

そういった視点から、名誉毀損や誹謗中傷で
なければ、自由に書いても何ら問題ないと思います。

投稿: 一読者 | 2008年6月30日 (月) 09時34分

頭髪のごまかしは許せますが、段位詐称は許せないのでなんとかしてください(-_-;)

投稿: たかの | 2008年7月 1日 (火) 10時31分

>段位
なんとかして下さいって…

う~ん、どうしましょう…

投稿: 小室宏二 | 2008年7月 1日 (火) 12時00分

長男が顎の骨を骨折して復帰してからも、暫くはマウスピースをして稽古をしてました。
また、昨年の12月に出場したローカル大会で、試合中に、そのマウスピースが外れて落ちちゃったんです。
そしたら、相手チームの監督(東海大相模出身)が、エライ剣幕で「反則負けだ~!」と騒いでいました。
まぁ、結局、何のおとがめなしで、試合再開して勝ったのですが、まんざら、相手チームの監督が言うのも嘘じゃなかったんですね・・・。

投稿: ガツ | 2008年7月 1日 (火) 16時30分

>ガツ
昨年の12月だから大丈夫じゃないですかね。
それ以前に、相手が落としたマウスピースでケガしますかかね?

僕が思うに、ルールをコントロール先生方が、
マウスピースの有効性などをよく理解していないんじゃないかと思うんです。
実際、試着すらしていないんじゃないかと思うんですよね。。。

と、いうわけで、僕はこれを機にマウスピースを作ってみることにしました。
レポートはそのうち。。。

投稿: 小室宏二 | 2008年7月 1日 (火) 22時11分

初めて投稿させて頂きます。
エクステに関してですが、昨年カイロで行われた世界選手権で78キロ級中澤選手の決勝の相手キューバのラボルテ選手がエクステをつけて試合をしていました。その結果、奥襟をあまりとれなかった聞いています。このことがあったため追加されたのだと思います。審判講習会のときに松井勲先生に聞いたので間違いは無いと思います。淑徳大で指導するさい聞いてみて下さい。

投稿: さいたま人 | 2008年7月 5日 (土) 21時03分

あ~あのとぐろ巻いたような長髪ですね。
月曜、聞いてみます!

投稿: 小室宏二 | 2008年7月 6日 (日) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/41644975

この記事へのトラックバック一覧です: ルールの特殊な例の解釈:

« タイ国際に挑戦 | トップページ | 講道館通信@7月号 »