« インドネシア記(中編) | トップページ | 講道館通信@4月号 »

2008年4月 2日 (水)

適いません!

彼の名は鶴岡義明といいます。
講道館少年部の出身であり、島根・開星高校の出身でもあります。

そんな彼、高校時代は100kg級だったにもかかわらず、
今は120kgあります。もちろん、メタボです。

出会いは昨年、島根県での講習会でした。
講道館の先生方から「義明がいるからヨロシクscissors」と言われていました。

Dcf_0099_2

東京の大学に進学し、コチラに戻ってからは、
水曜の練習会や寒稽古にも積極的に参加してくれています。

その際、ことあるごとに彼と一本勝負をします。ガチです。

この男、でかい図体の割に組み手争いばかりします。
柔道のスケールが小さいです。人間性はもっと小さいです。

最初は寝技でビシバシ極めていましたが、
彼の中で「寝技の一本では負けを認めない」という
訳の分からない言い訳をするので、立ち勝負をしています。

先日、奥襟を持ち合っていたら、ブレンバスターの体制になってしまい、
そのまま脳天からブチ投げられてしまいました。
その時だけは、

「あ、死んじゃう・・・」

と、思いました。

そのうち、絞技で死ぬほど臨界を見せてやろうと、
寝技に引き込むのですが、徹底して逃げるので仕留められません。

昨日も20分くらい勝負をしていましたが埒があかず、
勝負を仕掛けた小内巻込を返され、有効を取られ、負けました。

「先生、鶴岡選手には適いません。て、HPに書いてください」
と生意気なことを言うので、本当に掲載してみました。
もちろん、近々リベンジして真っ青な顔をしたヤツを掲載することは言うまでもありません。

昨日はその後、JR十条駅から徒歩30秒「野々屋」での打ち上げにてbottle
「野々屋」の息子もまた、講道館少年部のOBなんだそうです。

|

« インドネシア記(中編) | トップページ | 講道館通信@4月号 »

講道館」カテゴリの記事

コメント

本当に乗せたんですね(笑)びっくりしました。また今度、義明連れて練習行きます!飲みにもまたいきましょうね

投稿: コスゲ | 2008年4月 2日 (水) 16時28分

>彼の中で「寝技の一本では負けを認めない」という
訳の分からない言い訳をするので、立ち勝負をしています。

ここに反応して笑ってしまいましたnote

投稿: たみちゃん | 2008年4月 2日 (水) 16時35分

「あ、死んじゃう・・・」

この時間にこの台詞はツボにきたっsmile

投稿: ☆こっこ☆ | 2008年4月 3日 (木) 04時58分

>コスゲ
あいつが載せろってうるさいからねgood
でも当の本人からは書き込みがないなぁpout
また行こうね!

>たみちゃん
相手を納得させた上でやっつけたいのですが、そう簡単にいきません。
体重差の言い訳はしていないのに、あいつは言い訳ばっかりするんですよね。

>☆こっこ☆
随分夜更かし?早起き?しているんですね。
あの投げられている様を見たら、驚きますよ。
僕も両足が浮いた時は焦りました。
持ち上げた時点で止めてくれないところが、
僕の心をくすぐりますねannoy

投稿: 5669 | 2008年4月 4日 (金) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/40735297

この記事へのトラックバック一覧です: 適いません!:

« インドネシア記(中編) | トップページ | 講道館通信@4月号 »