« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

2008全国高段者大会

朝5:00起床

バナナジュースを飲んでランニング
入念なストレッチ

完全に本気モードで講道館に出勤
柔道五段&B柔術黒帯の林俊介さんと調整練習
アップなのに、段々寝技の乱取りが楽しくなってくる

今年は嘉納治五郎師範が亡くなって70年
試合前には式典を行う
僕は黙々とアップを行う

試合は年齢順なので、すぐに出番、第4試合だ

僕の対戦相手は中川慎太郎選手
(近代福山ー日本大学ー香川県警)という経歴

高校時代、同朋高校で行われた合宿で練習試合をしたことがある
その時は引き分け。無論、今でも侮れない選手

高段者大会では、程良く引き分けちゃう対戦も散見される
僕はいつだってKY!ガチモードですspa

最初はちょっと緊張する。これが堪らない
試合場に入る寸前
なぜか顔がにやけてしまう

組んですぐ、中川選手の背負投を受ける
受けきったつもりで引き込むが、結構、微妙な感じ(効果ぐらい?)

腕挫十字固に移行する
林さんに習った『X十字固』か、青木真也から習った『Z十字固』を
狙おうとしていると、逃げられる。。。

内股は不発。。。
(試合になると、全然決まらなくなる。。。)

相手の技を外し、袖車絞を狙う
中川選手も、僕の左手を防ごうとする
寝技の展開で組み手争いになる
咄嗟に左手がタスキ掛けになる(チャンス!)

袖を握って逆回転し、肩固で抑える
『抑え込み!』の宣告

ただ、抑え込みにしては不安定だったため、一気に締め上げてタップアウト!
袖車絞で一本勝ち!

実は中川選手とはお友達
友達の首を全力で絞めるって、特異な関係
sweat02
柔道だから仕方ないけど。。。

試合後、気さくに声を掛けて貰い握手
近況を報告し合うgood

しかし、今年も優秀選手選手には選ばれず
間違いなく、肩固で相手が諦めて「参った」したと思っている
袖車絞です!

選考委員には「抑え込みでは選びずらい」と言われる。
まぁそれに関しては、半ば諦めている
しかし!
投技の一本、固技の一本、なぜに優劣が付くのか?!
それよりむしろ、袖車絞で一本を取るのは難易度高くない?!

愚痴はこれくらいにして・・・・
これで昇段のための点数が4.5になった
来月は東京都高段者大会、暴れます!

obakekoalaさん、N・Yさん、映像ありがとうございました!

たかの先輩のブログでも、別角度から撮ってくれました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

補習科が休講になります

全国高段者大会の準備に伴い、4/26(土)に予定しておりました

補習科が休講になります。

楽しみにしてくださった皆様、ごめんなさい。

道場の終了時刻は平常と変わります。19:30→19:00

空いている時間に、即興で開講してもいいと思いますので、
道場で見掛けた際は、声でもかけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

近代柔道『入門!一流の極意』(後編)

近代柔道5月号が発売されました。
080422_120940

先月号に引き続き、
『入門!一流の技術』コーナーに登場しています。

今回はもちろん『コムロック』を解説しております。
ただ柔道用語で「コムロック」とは表現できませんので、
「腕を抱えてからの固技」と表現しております。

編集部の方は、「固技を写真で解説するのは難しい」と悩んでいましたが、
今回は柏崎先生のインタビューなどもあり、
寝技に関する部分が多いです。

柔道博士のコーナーも「寝技に関する既定」についてでした。
でもこれはちょっと「?」な回答でした。
もしかしたら僕の勉強不足かも知れませんが。

先月号を買い損ねてしまった方は、この際、セットで購入してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

試合のお知らせ

さて、そろそろ試合が近づいてきました。

4/28 全国高段者大会(10時、講道館)

5/11 東京都高段者大会(14時、講道館)

いずれも五段の部です。

僕の試合は昨年秋の、東京都高段者大会以来です。
実戦からはかなり遠ざかっている感がありますね。

プレッシャーは殆ど無いので、凄く楽しみです。
どんな技で仕留めてやろうか?
そんなことばかり考えています。
 ※そういうときに限って、コロッと投げられるんですよね。

いま71kgあるんですが、もう少し体重を絞って69kgくらいにしようと思います。

徐々に乱取りの回数も増やし、組み手争いもやっていこうと思います。

少年部の中学生には悪いけど、関節技もバンバン練習します。

イイ感じで極まった動画を提供できるよう、頑張りまするんるん

こちらは昨年の動画です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

08 選抜体重別

選抜体重別選手権大会が行われました。
オリンピックイヤーの今年は注目度、緊張度も最高レベルだったと思います。
なぜかこのサイトも、いつもと比べ倍のアクセスが記録されていました。
オリンピックイヤーの今年は注目度、緊張度も最高レベルだったと思います。

この大会は、足立学園の恩師・徳原勉が
「この大会に出れたら褒めてやる」
と言った大会でして、体重別では国内最高レベルの大会です。
僕は高校卒業時、この大会に出ることを1つの目標としていました。

しかしコレがいけなかった。
目標が出るだけだったんですよね。。。。
初回:中村行成選手に優勢負け ※シドニー 代表選考
2回目:園田隆二選手に一本負け(内股)
3回目:内柴正人選手に一本負け(一本背負投) ※アテネ 代表選考

こんな感じで全てが初戦敗退でした。
まぁそんなレベルなんです。

では雑感をいくつか

■野村選手

前人未踏のオリンピック4連覇、やはり見てみたかったです。
そしてまだまだ魅力ある柔道を世界の舞台で見たかったです。
でも怪我をして、そこから調子を落としてしまったようですね。
平岡は後輩です。筑波大男子としては初の金メダル。
頑張って獲ってきてもらいましょう!
ちなみに先日、平岡と寝技勝負しましたが、まだ勝てましたむふっ指でOK

■66kg級

自分の階級はやはり気になります。
内柴、一時期スランプでしたが、ここに来て調子を上げました。
秋本も良かったと思うのですが、やはり怪我が多かったでしょうか?
内柴には頑張ってもらいたいです目指せ2連覇!

■筑波勢

何気に5人も筑波大関係者が出ます。
男子(平岡、金丸、小野)
女子(佐藤、谷本)
僕が入学したとき、男子学生には強化選手が居ませんでした。
「筑波って女子が強い大学でしょ?」
と言われるのが悔しかった学生時代を過ごしていました。
最も低迷した時期です。
そこからよくぞ這い上がってきましたね。

■100kg超級

後輩の生田が頑張っていました。
高井を瞬殺したそうですね。
でも康生にはいつもキレイにやられちゃいます。
その康生も、ハッキリ言ってクビの皮はもう切れていると思います。
可哀想ですけど。
でも、奥さんが可愛いから良いよねハート達(複数ハート)

■48kg級

福見、負けちゃいましたね。応援していましたが残念。
昨年に引き続き、谷さんは優勝できませんでした。
しかも今回は山岸選手が完封しました。凄いですね。
山岸選手の世界挑戦も見てみたいです。
ハッキリ言えば、この大会、すでに代表は谷選手で決まっていたと思いますが、
選手はどんなモチベーションで試合に臨めばいいのでしょうか。。。
それにしても、山岸選手は可愛いですね。

■上野順

気の毒です。
嘉納杯、ドイツ国際、選抜と3大会で優勝し、
谷本にも直接2勝しても落選ですか。どうしようもないですね。
本当に気の毒です。
その分、谷本は頑張らなきゃいけませんね。目指せ2連覇!

■平岡麻美選手

女子78kg級の選手です。男子60kg級の平岡じゃないですよ。
実は彼女、足立3中の後輩です。唯一の女子部員でした。
彼女には高校生時代、寝技は特に教えてあげましたし、稽古もつけました。
学生時代は筑波にまで来てくれて、稽古をしていました。
なので密かに応援している選手ですが、
堂々の準優勝!
すでに統廃合で無くなってしまいましたが、 実は名門・足立3中でした。

■選考システム
代表選考はいつも紛糾しますよね。
ポイントシステムにしたらどうでしょうか?
選抜を前に、代表が決定するほど点差が開いていたら、
先に代表を発表してしまう。
そうしたら、選手も大会に出るようになりますよね。
しかも透明性も増すと思います。

■親子柔道大会
ところ変わって横浜市では親子柔道大会が開催されていました。
この大会、面白い7人制の団体戦なんです。
先鋒:小学1年
次鋒:小学2年
5将:小学3年
中堅:小学4年
3将:小学5年
副将:小学6年
大将:親
Dcf_0100
この親ってところが面白いですよね。
春日からは2チーム出て、3位とベスト16に入りました。
Aチームなら優勝しちゃうと思いきや、朝飛道場は抜群に強く、完敗でした。

僕が出るとなると、今から種まきをしてあせあせ(飛び散る汗)
順調に育っても7年後になります。
その頃になったらもう、結構弱くなっていそうですね。

帰りにベイサイドマリーナでお買い物をして帰りました。
ナイキのランニングシューズをまた衝動買いしてしまいました。。。
来年、東京マラソンに挑戦してみようと企てています。
Dcf_0101Dscf2687Dscf2688

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

講道館通信@4月号

新年度になりました。
学校関係はもちろん、大忙しだとは思いますが、
講道館も結構、慌ただしく動いています。

それでは今月は情報満載、講道館通信です。

新年度になり、指導員の担当も若干変わりました。
僕の担当だけ、ここに発表しておきます。

月曜:お休み→淑徳大へ
火曜:少年部(16:30-18:00)、少年部中学生(18:00-20:00)
水曜:大道場で実業団合同練習に参加(17:30-)
木曜:少年部(16:30-18:00)、女子部(18:00-19:30)
金曜:学校男子部(17:30-19:00)
土曜:大道場(18:00-19:30)
 赤い文字が昨年度との変更点です。

補習科
補習科の指導は、以下のような隔週担当となります。
第2土曜(4/12)
第3水曜(4/16)
第4土曜(4/26)

合同練習
4/12(土) 14:00 大道場

形講習会
4/19(土) 15:30 大道場

全国高段者大会に出場
(大会HP)
4/28(月) 講道館(大道場、学校道場) 10:00試合開始(見学自由、無料)
今年も五段の部に、僕とたかの先生が挑戦します。
僕の会場は6階になります。
(8階、観覧席からは見えません。4階を通って階段で6階へ)
各段、若い順に試合をするので、10時過ぎに試合が回ってくると思います。
たった1試合ですが、全力で頑張ります!
 ※ちなみに5/11(日)には東京都高段者大会に出場予定(14:30、講道館)

5669アルバムも少し追加しました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

適いません!

彼の名は鶴岡義明といいます。
講道館少年部の出身であり、島根・開星高校の出身でもあります。

そんな彼、高校時代は100kg級だったにもかかわらず、
今は120kgあります。もちろん、メタボです。

出会いは昨年、島根県での講習会でした。
講道館の先生方から「義明がいるからヨロシクscissors」と言われていました。

Dcf_0099_2

東京の大学に進学し、コチラに戻ってからは、
水曜の練習会や寒稽古にも積極的に参加してくれています。

その際、ことあるごとに彼と一本勝負をします。ガチです。

この男、でかい図体の割に組み手争いばかりします。
柔道のスケールが小さいです。人間性はもっと小さいです。

最初は寝技でビシバシ極めていましたが、
彼の中で「寝技の一本では負けを認めない」という
訳の分からない言い訳をするので、立ち勝負をしています。

先日、奥襟を持ち合っていたら、ブレンバスターの体制になってしまい、
そのまま脳天からブチ投げられてしまいました。
その時だけは、

「あ、死んじゃう・・・」

と、思いました。

そのうち、絞技で死ぬほど臨界を見せてやろうと、
寝技に引き込むのですが、徹底して逃げるので仕留められません。

昨日も20分くらい勝負をしていましたが埒があかず、
勝負を仕掛けた小内巻込を返され、有効を取られ、負けました。

「先生、鶴岡選手には適いません。て、HPに書いてください」
と生意気なことを言うので、本当に掲載してみました。
もちろん、近々リベンジして真っ青な顔をしたヤツを掲載することは言うまでもありません。

昨日はその後、JR十条駅から徒歩30秒「野々屋」での打ち上げにてbottle
「野々屋」の息子もまた、講道館少年部のOBなんだそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

インドネシア記(中編)

3/2
昨夜23時頃、鮫島元成先生が到着する。
昨年、岡山で行われた形講習会ででご一緒させていただいたが、
可愛がってもらっていて、とても心強い。

ところで、昨夜からずっと付近では大音響のBGMが鳴り響いている。
半端な騒音ではない。
変なテンポだし、大音響だし、早朝でも全く構わず流されているので、
かなりのストレスになるsweat02
どうやらコレはイスラム教関係のモノらしい。
我慢するしかないが、遠征や合宿には必ず持参していた
【耳栓】を今回は忘れてしまった。これが悔やまれる。。。

朝食後、安斎先生が到着。
安斎先生は協力隊OBで、現在もそのままインドネシアで仕事をしている。
今回は通訳としてお手伝いしてもらった。
Photo

講習は鮫島先生が基本に忠実な指導を行い、
僕は逆に寝技の目新しいテクニックを紹介した。
ラオスと違い、半分ずつなので非常に楽だ。
しかも鮫島先生は、柔道指導者向けの本を出しているだけあって、
僕自身、受講生になった気持ちで勉強させていただいた。
Dscf2627 Dscf2635

鮫島先生はとにかく柔道が好きで、そして指導も好きだ。
放っておいたら、全部指導しちゃいそうな勢いがある。
この講習期間中も、ずっと柔道の話しだけを繰り返した。
それもまた柔道好きの僕には楽しく、そして勉強になった。

ところで、チロトでは本当に毎日雨が降り続いている。
聞くところによると、米なんかは年間、3回くらい収穫できるらしい。
芝生も、人工芝かな?と思うくらい、青々していた。

雨の中を歩くとなぜか、
「レイニーブルーもーをー、終わったはずなのにnote」(徳永英明「レイニーブルー」)
を口ずさんでしまう。


3/3
チロトでの講習も淡々と日程を消化していく。
午前と午後、それぞれ3時間ほどの講習だが、
お互いネタが豊富なので苦労はしない。
受講生もかなりタイトなスケジュールだが、熱心に受講している。

昼過ぎ、僕は失神するかのように深い眠りに落ちていた。

その間、バリ島から仙石先生が来てくれた。
仙石先生は今回、講師兼通訳としても協力してくれた。

11

仙石先生は定年後、バリ島に移り住み、現地の人に柔道を指導している。
協力できる方は是非どうぞ。柔道で世界と手をつなぐ育成クラブ

仙石先生と鮫島先生は、故・高田先生(講道館指導員)を偲び、
夜遅くまで語り合っていた。
その時、話を聞きながらポテトチップスを食べていた。
それが元で、後で大変なことになる。。。sweat02

僕の方はといえば、お土産に持参したDVD「ザ・コムロック」を上映する。
受講生には安斎先生が通訳しながら説明してくれたが、
試合のシーンではかなり盛り上がっていた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »