« ラオス・インドネシア | トップページ | 近代柔道『入門!一流の極意』 »

2008年3月15日 (土)

ラオス記(前編)

更新が遅くなってしまいました。
帰国した日から仕事に出て、翌日からは石川県に出張と、
バタバタした毎日を過ごしております。

さて、今回の出張は盛りだくさんですので、
初めて日記調に書いてみたいと思います。
今回の派遣中、毎日日記を書きましたので。

Dscf2586

2/24
いよいよ出国。慌ただしく手続きを済ませ、まずは経由地のタイ・バンコクへ。
バタバタした毎日が過ぎていたので、
海外での生活、飛行機の中がせめてもの安らぐ時間。

ぐっすり寝込んでしまい、気がつくと、もうそこはバンコク。7時間のフライト。
バンコクでは5時間の待ち時間がある。何をするか。

「ラオスーインドネシア」では、バンコクで経由した際、
この空港で一夜を明かさなくてはならない。
その時は時間貸しホテル「Day Room」を利用しろとの指示が下っている。
それを探すが、広い空港。。。一向に見つからないdown

探す過程でマッサージ店を発見、まだ4時間ぐらい待ち時間があるので
そこで90分のオイルマッサージを堪能。(経費として認められるかどうかsign02
いつものゴリゴリとしたスポーツマッサージとは違う、癒しのひとときを堪能。
終了後、まだまだ時間があるので、さらに90分の足つぼマッサージを強行。
足のむくみは解消されるも、序盤から予算を浪費してしまう。

さらには余った時間をカフェで過ごし、
タイ風のラーメン、かなり甘いアイスコーヒーを頂く。
そして一路ラオスへ。ラオスへは僅か1時間のフライト。

ラオス・ビエンチャンの空港には教え子で協力隊員のしんご君、
シニアボランティアの菊池先生が向かえに来てくれていました。
旅の疲れもあり、到着間もなく就寝。。。

2/25
ラオス初日。まずは観光である。
しんご君、菊池先生と寺院などを散策。

Dscf2578 Dscf2584 Dscf2591

トゥクトゥクにも乗ってみる。(前回の動画を参照)

ラオスの日差しはまぶしい。(当時は乾期)
気温は高いがカラッとしていて、とても過ごしやすい。
1年中で一番イイ頃なんだそうだ。
確かに極寒の東京に比べたら、この気候は申し分ない。

Dscf2581

ラオスでも優秀な高校を、高い建造物から見下ろしてみると、
高校生がバイクを二人乗りで下校していく。
日本では随分前のヤンキー校でしか見られない、風景が、
ラオスでは当たり前の用に繰り広げられている。
主な交通手段はバイク(主にスポーツタイプ)らしい。

Dscf2589

午後から始まった練習では、菊池先生のご要望で足技を中心に指導する。
小室といえど、寝技指導ばかりではないのである。
以前、講道館で1ヶ月ほど形を学んでいた選手とも再会する。

Dscf2594

東南アジア大会では、ラオス選手が「投の形」「柔の形」で
それずれ優勝しており、レベルとしてはかなりの腕前。
今年は僕も東京都の形大会に出場予定なので、負けていられない。

2/26
朝6時からのトレーニングにも参加する。
まだ日が昇っていないメコン川沿いを歩き、乾期のため、
干上がった中州の砂浜でダッシュを繰り返す。
靴は全く意味をなさないが、踵に擦り傷があったので、靴は脱げない。
このトレーニングで、普段では味わえないような、
猛烈なハムストリングの筋肉痛に見舞われる。

Img_5271 Img_5285

朝日昇る壮大な景色の中、選手達と一緒に汗を流す。
足立学園で過ごした日々を思い出し、少し感傷的になる。
日本では、彼らがもうじき卒業式を向かえる。
しかしそれには今回の出張のため、出席できない。

Photo

午前はしんご君が普段指導しているサワンの生徒を対象に、
基本的な投技、亀姿勢への攻撃を指導する。
乱取りでは大人げなく、力の違いを見せつける。

そういえば、この国の人々は一様に小さい。
戦前くらいの日本人は、これくらいだったのかなと思う。
町並みの、30年前の日本にそっくりなんだそうである。
(当然、僕には分からない)

既に行きつけになっているジュース屋で、
大盛りのミックスジュースを2杯も平らげ、
フランスに占領されていた名残で、美味しいというフランスパンを堪能。美味なり。

Dscf2598 Dscf2599 Dscf2597

この国は物価が安く、日本では少量でも300円以上取られる
フルーツジュースも、現地では何十円おおう世界である。
またマッサージ系、特に足つぼマッサージなどは、
60分で3ドル程度の破格値である。これには驚く。
足しげく足つぼに通う。

講習の最後には乱取りを行う。
体重関係なく、バンバン当たりに来るが、蹴散らす。
汗と泥で、道衣があり得ないくらい汚れる。

帰りはオック選手のバイクに乗せてもらう。
夜風が心地良いメコン川沿いを、バイクは走り抜ける。
これぞプライズレス!(お金では買えない価値がある)

|

« ラオス・インドネシア | トップページ | 近代柔道『入門!一流の極意』 »

指導・セミナー」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

講道館」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

小室先生、ヘルメット!ヘルメットは????

本当に危ないので、次回は誰かからヘルメットぶん獲ってでも、ヘルメットかぶってくださいね。はあ、ひやっとした。

投稿: koolpaw | 2008年3月15日 (土) 06時49分

た、確かに被っていませんね...((((((^_^;)

この時以外はしっかりと被っていたと思います。
僕も怖かったので。

撮影に気を取られて、忘れていたんですね。

向こうではレンタルバイクが安く借りられるので、
次回は試してみようと思っています。

投稿: 5669 | 2008年3月15日 (土) 11時35分

フルーツ盛り合わせ旨そうだね。
でも、こんにゃくみたいのが入ってますが・・・

投稿: たかの | 2008年3月17日 (月) 07時10分

向こうではコンニャク芋もフルーツなんですよ!

というのは冗談ですが…
あれもキウイみたいで美味しかったですよ。

ただ一説には、そのフルーツを水洗いした
水で腹を壊したとも言われていますが…

投稿: 5669 | 2008年3月17日 (月) 09時12分

今更のコメントですみません。
菊地先輩にお会いされたんですね。
僕の大学の先輩になります。
いつもブログ拝読させていただいてます。
(近代柔道も読みました!)
怪我に気をつけて、お仕事頑張って下さい。

ねわざワールド大賀

投稿: おおが | 2008年3月29日 (土) 23時30分

>おおが
実は菊池先生の方から
「寝技が好きならおおが君は知っているかな?僕の後輩なんだ」
という話を聞いて、驚いていました。

高専柔道のネットワークもかなりのモノですねgood
「会ったらヨロシク伝えてくれ」と仰っていました。

投稿: 5669 | 2008年3月30日 (日) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/40500031

この記事へのトラックバック一覧です: ラオス記(前編):

« ラオス・インドネシア | トップページ | 近代柔道『入門!一流の極意』 »