« ラオス記(後編) | トップページ | インドネシア記(前編) »

2008年3月25日 (火)

勝手に命名『春日ロック』

たかの先輩が「大人のための柔道講座」というのを開設しています。
僕も負けじとやろうかと思っていたのですが、なかなか実行できませんでした。
とうのも、完成度が高いモノを目指しすぎたようです。

初めての試みですが、良い技が完成したので紹介します。

今回のテーマは2つあります。

  1. 小学生(初歩レベル)から大学生(トップレベル)まで幅広く対応できる
  2. 担ぎ技系の掛け逃げに効果がある

この技術はレスリング技術を応用しています。
なので当然、裸体でも仕掛けることが出来ます。
もちろん、レパートリーを増やしていくと、絞め技と関節技も併用できます。

僕が大学3年の頃、増地先輩(筑波大学監督)と2人、
欧州(イギリス、オランダ、ドイツ)に武者修行に出かけました。
その時、この技の原型をオランダで習いました。
しかしこの時は「この技は手足が長く、力の強い外国人向きだ」と思い、
本気になって身につけることはありませんでした。

いま淑徳大学のコーチをしていますが、ゆかちゃんという選手がいます。
彼女はレスリングも経験していたそうで、巧みなレスリング技術で
昨年、全日本ジュニアで活躍しました。

そんな原点と、ゆかちゃんの活躍、そして掛け逃げへの対応、
そんなことが頭の中で繋がり、1つの技術体系が完成しました。

ポイントは3つあります。

  1. 頭と片足、これをタスキ掛けにクラッチ(握る)します
  2. 相手をコントロールしながら背中をしっかり畳に着ける
  3. 抑え込み中はクラッチが命です。外れそうになったら腕挫十字固に移行

動画では、受けのウッチーが片足を出し、腕を通しやすくしています。
ですが実際には足を出してはくれません。ここに苦心しました。

どうやったら足を出してくれるのか?足を出させることが出来るのか?
その最大のポイントは内緒です(笑)
次回作『コムロック2』を待つか、講習で呼んで下さい。(どこでも行きます)

ちなみに、動画では見せていませんが、担ぎ技系のかけ逃げしてくれると、
面白いようにスカッと極めることが出来ます。
また絞め技との併用も可能です。

乱取りで使用している動画はコチラです。(ラオスの選手と)

今、これを少年部の高学年に仕込んでいます。
とにかくしつこいくらい、徹底してコレを練習させています。
基本形だけですけどね。

彼らに僕たちの技だ!って思わせるために
『春日ロック』と命名しました。

今の課題は、子供達はすぐにクラッチが切れてしまうこと。
国際規定では抑え込み10秒で効果が貰えますが、
講道館規定では20秒でやっと有効です。

ある研究では15秒抑え込めたら、大概は一本になるという結果が出ています。
まずは15秒、キッチリ抑え込めるクラッチを研究したいと思っています。

映像編集の方も結構頑張りました。感想、お待ちしています。

PC前で頑張っているとこ。

Img_1913

|

« ラオス記(後編) | トップページ | インドネシア記(前編) »

動画」カテゴリの記事

講道館」カテゴリの記事

コメント

めっさおもろかったです!
参考になりました!!

僕も国体トレーナーで、レスリングチームに帯同して、トレーナーのくせに柔道に使える技術を盗むことばっかり考えながら見てた事があります(笑)
僕も多分同じようなのは沢山の人が使ってるだろうけど、レスリングから得たヒントで編み出した技術がありますし。

また動画楽しみにしています!!

投稿: newaza_killer | 2008年3月25日 (火) 02時34分

こういう企画も面白いかもしれませんね。
ただDVDの次回作に影響しそうですがtyphoon

投稿: 5669 | 2008年3月25日 (火) 12時04分

いつも楽しく拝見させていただいております。
>最大のポイント
ぜひ知りたいです。(^^;)
そこで少し教えて頂きたいのですが、
次回作『コムロック2』の予定はありますか?
それと、『コムロック1』には小学生でも使える技術も紹介されておりますか?

投稿: obakekoala | 2008年3月25日 (火) 12時33分

はじめまして。
さいきんたかの先生の大人のための・・・の愛読者になりました。happy02
そこからたどり着いたのですが、おもしろいですね。
あの形の抑え込みもあるんだと驚きました。
第2弾も楽しみにしています。

投稿: たみちゃん | 2008年3月25日 (火) 14時56分

そろそろねた切れでフェードアウトしようと思っていたらこんなところで書かれてしまってやめられなさそうですね(笑)

映像の「撮影 岩渕雄大 四段」の「四段」は撮影にはあまり関係ないですね・・・

投稿: たかの | 2008年3月26日 (水) 10時48分

>obakekoala
2は既に企画していますよ。
いつでも出せます。あとは講道館の許可だけです。
1はスイマセン。小学生には難しいと思います。
絞技と関節技がメインですから。
試合映像は楽しめると思いますけどね。

>たみちゃん
たかの先生とは違った路線で、楽しんでもらえたら嬉しいです。
なんだか映像編集の方も凝ってしまっていますcoldsweats01

>たかの
先輩はネタ沢山あるじゃないですか。
僕的には口車の方の「タバコは吸いますか?」の
切り返しが最高でしたよgood
ぶっちーのところは必要ないんですが、一応、載せてあげました。
期待の若手ですからね。

投稿: 5669 | 2008年3月26日 (水) 14時54分

凄いですね!目からうろこのテクニックです。
金とれますよ!!
あえて無料で公開してしまう小室選手が憎い。。。。。
スロー編集があって分かり易いですね。

スローは音声がカットしてあり、字幕解説があったら更にいいと思います。

投稿: kouzou | 2008年3月26日 (水) 21時35分

>kouzou
じゃあお金下さいlovely
100万円くらい♪

冗談はさておき、音声カットに字幕解説ですね。
そこまでやったら最高なんですが、
のめり込みすぎてしまいそうで。。。

そっちはやっぱりプロにお任せしたいです。

投稿: 5669 | 2008年3月26日 (水) 21時38分

最近、偶然このブログにたどり着いたのですが、おもしろいですね~。早速、ザ・コムロックを注文してしまいました。

更新楽しみにしています(^^)

投稿: まつした | 2008年3月27日 (木) 22時22分

>まつした
「まつした」の名前で一瞬凍り付きましたcoldsweats02
DVDお買い上げ頂いてありがとうございます。
あれを出版してからもう2年半、ネタもだいぶ増えましたので、
いつかは第2弾をと思っております。
その時はまた宜しくお願いします。

投稿: 5669 | 2008年3月28日 (金) 12時56分

光栄にも撮影現場に立ち合わせていただきました。
内田さんがえらいことになってる!というのが素直な感想でした。
腕が本当に伸びちゃったりとか・・・(笑)
「春日ロック」とてもいい名前ですね!
僕も本館の一員として習得出来るよう努力します。

投稿: 小林大 | 2008年3月28日 (金) 22時02分

素朴な疑問なんですが・・・

胸は合ってなくても抑え込みで審判はとってくれるんでしょうか???

愚問だったらごめんなさいcoldsweats01

投稿: たみちゃん | 2008年3月30日 (日) 17時45分

>小林大
そういえば見学されていましたね。
補習科でも指導しますので、その時またお教えしますよgood

>たみちゃん
胸が合う、合わないは厳格には規定されていません。
たとえば講道館規定の抑え込みに関する定義をあげてみます。

【抑込技とは、相手を大体仰向けにし、自分は相手の上でおおむね向かい合った形になって、
束縛を受けず、一定時間起きあがることが出来ないようにして制して抑える技を言う】

となっています。
表現は若干曖昧ですが「概ね向かい合っている」状態であればOKだと言うことです。
つまり胸と胸が離れていても、抑え込みは認められると言うことです。

しかしながら、論より証拠ですよね。
直近の試合は4/28(講道館)の高段者大会です。
とりあえず、この試合で狙ってみます。
極まったらまた動画で公開しますので、お楽しみに!

投稿: 5669 | 2008年3月31日 (月) 00時02分

ありがとうございます。
息子に逆袈裟は胸があってないのになんで抑え込みなんだ?
ときかれ、
???coldsweats01
で、そういえば、ちゃんと説明できないでいました。

動画たのしみにしてますね。がんばってください。

そうそう、春日ロックの動画、めっちゃ凝ってはりますねぇ。時間かからはったん違います?(笑)

投稿: たみちゃん | 2008年3月31日 (月) 08時12分

5669さん、教えて頂けますか?
>4/28(講道館)の高段者大会
一般の人も見に行けるのでしょうか?
事前や当日にチケットが必要でしょうか?
何時からでしょうか^^;
もちろん講道館に行けば良いのですよね^^;^^;

投稿: obakekoala | 2008年4月 1日 (火) 12時54分

>obakekoala
入場無料です。
試合開始は10時くらいからだったと思います。
僕が出場する五段は、大道場ではなく、6階の道場で行います。
こちらも出入りは自由ですよ。

投稿: 5669 | 2008年4月 1日 (火) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/40628883

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に命名『春日ロック』:

« ラオス記(後編) | トップページ | インドネシア記(前編) »