« 欧州国際大会への派遣 | トップページ | 少年柔道の掛け逃げ »

2008年1月22日 (火)

「スマイル〜聖夜の奇跡〜」

僕はよく、夜中に一人で映画を見に行く。

レイトショーは値段も1200円と安く、人も少ない。
落ち着いて見れて安いので、お得感は高い。
行きつけの亀有のMOVIX(アリオ亀有内)で映画を見た後は、
環七沿いにあるつけ麺や「なんつっ亭」に寄るのがお決まりコース。

最近は週末どころか、平日の仕事後にでも見に行くことがあり、
さすがに『これ以上、没頭したらマニアっぽいな』と自分を懸念している。

先日は年も明けたのに
『スマイル~聖夜の奇跡~』を観てきた。
(※年末に見ることを薦める)
内容を詳しく言ってしまうと面白味に欠けてしまうので程々に。。。

実はたまたま持っていたティッシュを2コ、
使い切ってしまうほど泣いてしまった。
泣き所だけじゃなく、笑えたところもあった。
笑いどころはとても古典的で、嫌いな人もいるかも知れない。

主人公は北海道の小学校教師になり、
アイスホッケーチームの監督に就任した。
しかしアイスホッケーはド素人だ。

柔道でもよくある話しだが『名選手が名監督とは限らない』

競技レベルが低かったり、知識に乏しい人ほど、
研究心も旺盛で、既成概念にとらわれることなく、
自由な発想で練習を工夫し、そして素晴らしい選手を育てることがある。

この映画でもそうだった。
主人公は大学で児童心理学を学び、そしてタップダンサーを目指していた。

まず着目したのは【音】だった。
強いチームにはリズムがあり、攻撃パターンがある。
先生はまず、子供達にタップのリズムを教え込む。
試合中もずっと、そのリズムをタップで聴かせる。

もう一つはチームのリズム
メンバーが多く、選手交代の多いチームほど、交代席の付近の
氷がエッジで削られ、氷の山となっていく。
先生は単に「あの氷の山を、相手より山積みにしよう!」とだけ伝える。

弱小チームはリズムを手に入れ、少しずつ強くなる。

そして一番凄いところは選手を乗せること。
「お前達は最高だぁぁーーー!」
と絶叫しているところにもあるように、先生は叱ったり脅したりしない。

僕自身、試合会場で選手を励ますことはあっても、
柔道のことで叱ったり、脅かす意味が分からない。
少しでもリラックスさせ、自信を持った状態で送り出してあげる。
監督にはそんな仕事があると思う。

「言っておくけど俺たち、一度も勝ったことがないんだぜ」
「コイツはチビで下手でメガネで、何も良いところがない」

そういう子供達に対し、先生は
「なんでも良いから話を聞け、これを実行したら絶対勝てる」
「チビで下手でメガネで、良いところは何もないかもしれないけど、
だからこそ、ホッケーだけは良いかもしれない!」
そう言って子供達を、半分は騙しながらも自信を付けさせていく。

アイスホッケード素人の監督が、子供達をどこまで押し上げることが出来るのか。
そして恋の行方は!?

単なる映画としてだけでなく、少年指導に携わる者としても、
共感し学び得るモノがある映画だと、僕は思う。そして泣ける。
もう上映はしていないと思いますが、
DVDになったら是非、ご覧になって下さい。

|

« 欧州国際大会への派遣 | トップページ | 少年柔道の掛け逃げ »

動画」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

小室先生いつもお世話になっています。

先週の水曜に受け身を失敗して、たんこぶができてしまい、
痛いから整形外科に行ったら・・・
先生に「たんこぶに血がたまってるよ。すぐ血を抜こう。」
(!?)と言われ、昨日・今日と血を抜きました。
とても痛かったです(TT)
明日もまた抜きます。

稽古は何日かできなくなりました(-_-)

投稿: akio | 2008年1月22日 (火) 23時11分

私のチームも、似たようなものです。

高校生からはじめたお子ちゃまたちは『まずは一勝を!』を目標に

勝ったことがないのに、頑張ってついてこようとする彼らには、頭が下がります。

最近始めた英会話教室。
自信がない人を、意欲的にかつ楽しく通わせる先生たち。

英会話の先生の、否定しない・ほめるというポジティブな指導も参考になります。

投稿: こりん☆ | 2008年1月22日 (火) 23時12分

>akio
いや~やっぱりコブだったか。
凄い頭しているなとは思ったけど、言えなかったんだよね。。。
血を抜いたら、もう少し受身も頑張ってやろうな!

>こりん☆
こりん島からの書き込みありがとう。
強かった監督よりも、公立高校の教師のように、
ゼロから強くしていける教師も、有能な指導者だと思う。
そういった指導者を全日本に招聘するのも面白いんじゃないかな~。
僕も基本『褒める』指導でやってるよん。

投稿: 5669 | 2008年1月23日 (水) 13時31分

予告編観ましたが、僕もこの手の映画
ストライクのど真ん中です。

是非観てみます!

投稿: 寝業研究家 | 2008年1月23日 (水) 17時08分

>寝業研究家
ストライクゾーン、僕と似てそうですよね(笑)
また次の月曜、行きますので都合が合えば稽古お願いします!

投稿: 5669 | 2008年1月24日 (木) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/17724415

この記事へのトラックバック一覧です: 「スマイル〜聖夜の奇跡〜」:

« 欧州国際大会への派遣 | トップページ | 少年柔道の掛け逃げ »