« 動画機能停止中 | トップページ | 代表戦(後編) »

2007年12月 6日 (木)

1999 正力杯全日本学生

今回は大学4年、正力杯全日本学生体重別選手権大会の映像です。
準決勝戦の映像は、後輩が撮ってくれたもの。(雑音有り)
決勝戦はダイジェストですが、テレビで放送されたモノです。

以前から書いていますが、大学4年になったのを機に、
階級を60kg級から66kg級に変更しました。

減量が相当あり、7kg、8kgは当たり前、
最大で10kgも減量したこともありました。
年々、減量もきつくなり、競技成績も下降していきました。
そして大学3年の講道館杯、1コケした僕は、
中学時代から選出されていた強化選手から外されてしまいました。

ここで階級変更を決意。
しかし、恩師からは「減量から逃げるのか?」と言われ、
現役66kg級強化の後輩からは「通用しない」と言われました。
むしろ、それが発憤材料となり、この大会に向けて全精力を尽くしました。

関東学生では6試合全てを一本勝ちで優勝。
(投技で決めたのが3試合)
全日本学生に挑戦しました。

全く減量もなく、気楽だった僕は、前夜にバッティングセンターへ。
キティちゃんが投げる低速コーナーで、ガンガン打ちまくって試合に臨みました。

当日計量すると、なんと1kgも下回っていました。(つまり65kg)

試合は好調のまま、一本勝ちを量産し、準決勝へ。
1回戦 袖車絞
2回戦 裏投(技あり)から横四方固
3回戦 腕挫膝固(コムロック)

失うモノは何もないという、無欲の姿勢が、
気負いすぎて力んでしまう、僕のダメなところを払拭してくれたと思います。

それでは、準決勝、決勝の映像をご覧下さい。

準決勝は、半分すっぽ抜けるような肩車を2発決めています。
不発に終わりましたが、素早い腕返からの、腕挫腕固にも注目して下さい。

決勝は、しぶとく引っ掛けた巴投です。
中村佳央さんのカミカミの解説にも注目です(笑)

優勝し、インタビューを終えた後は涙が溢れて止まりませんでした。

|

« 動画機能停止中 | トップページ | 代表戦(後編) »

動画」カテゴリの記事

試合について」カテゴリの記事

コメント

 小山です。いつもお世話になっております。
 正力松太郎杯、懐かしいです。大会医師として仕事を始めたのは、この大会がきっかけだったなあ・・・と思いながら、準決勝の動画を見ていたら、私も写ってましたね。小室先生が画面の左に寄ると、プレス席の左、一列後方の医療班の席に、ちらっと出てきます。
 あの大会は、試合場が5面か6面あり、どうも別の別の試合場で選手が倒れたか何かで、途中、伸び上がって、まったく違う方向を見ていたようですが・・・(笑)。

投稿: 小山郁 | 2007年12月 6日 (木) 18時43分

決勝戦の1分半くらいのところで、相手の払い腰の軸足を内側から刈ってますよね。あれは・・・
KYでスミマセン。

投稿: たかの | 2007年12月 6日 (木) 19時22分

>小山郁
あ、ホントだ(笑)
僕は試合で怪我をした経験が少ないので、
あまりお世話になることはありませんでした。
でも、そんなときから繋がりがあったんですね♪

>たかの
『刈ってませんから!-_-#』
って書こうと思ったんですけど、
意図的ではないにせよ、刈ってますね(笑)

投稿: 5669 | 2007年12月 8日 (土) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/17288648

この記事へのトラックバック一覧です: 1999 正力杯全日本学生:

« 動画機能停止中 | トップページ | 代表戦(後編) »